年末年始のあれこれ

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

2017年から2018年にかけて、とても激しい年末年始になりました。そして「おかしいと思ったらすぐに病院に行く」ということの大切さを実感しました。

 

おかしいと思ったらすぐに病院に行く

 

ぼくは2017年、クリスマスイブに病院に行くという人生初の体験をしました。病院に行く前の不安はかなりのもので、「このまま死んでしまうのでは」と本気で思いました。

素人が正しい判断をできるわけもなく、一体自分に何が起きているのか不安で仕方ありませんでした。クリスマスイブに病院に行って2時間くらい待って診てもらって、飲み薬と塗り薬をもらいました。

薬をもらってから症状はどんどん治っていって、現在はほぼ完治しました。

 

そしてその数日後、今度は喉が痛くなりました。

最初は違和感がある程度でしたが、次第にどんどん痛くなりました。今は飲み込む時に激痛を感じるほどです。年末年始というとても悪いタイミングなので、すぐに病院に行けませんでしたが、明日やっている病院があるので行ってきます。

 

健康こそが最大の資本

 

「健康こそが最大の資本」という言葉をどこかで聞きました。今のぼくはそれを痛感しています。喉が痛いので、ほとんど何も食べることができない状態です。昨日は何も食べませんでした。

ずっと何も食べないと生きていけないので、治るまでは「生きるために必要最低限の食事」だけをしていく予定です。

 

このような状態なので、ここ数日間くらい大好きなものを食べることができていません。大好きなラーメンとも距離ができてしまいました。正直とてもつらいです。早く治して、おいしいものをたくさん食べたいです。

 

元日に初詣に行った のですが、願ったのは健康のこと、ただそれだけでした。みなさんもどうか、ご自身の健康を大切にしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.