街中で「THREE1989」を聴いている時のあの爽快感

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

最近ずっと夢中になっているアーティストがいます。それが「THREE1989」です。

 

「THREE1989」とは

 

1989年生まれの3人で構成されているエロクトロバンド。読み方はスリー。

’70〜’80年代の音楽に影響を受けたメンバーが作るサウンドは、ダンスミュージックの持つグルーヴに、ポップスの要素を織り交ぜて、現代的ながらもどこか懐かしさを感じる。公式Webサイトより。

 

2017年8月から友人の猫田める ( @Boeing411 ) と「お互いのプレイリストをシェアする」というようなことをやっていて、彼女の’17 11「November」にTHREE1989の「UNIVERSE」が入っていました。

プレイリストを流して聴いていたのですが、「UNIVERSE」はぼくの心に深く突き刺さる曲でした。何より聴いていて気持ちがいいのです。どんなに暗い気持ちの時でも、耳にAirPodsをつけてこの曲を流せば一気に世界が明るくなります。

 

優しく包まれるようなボーカル

 

すべてのパートがうまく調和していて、それでいて歌詞が最高にクールで美しい。たまに聴こえるベースのスラップが曲としての感動を際立たせます。またTHREE1989のボーカル、とても優しくて包まれるような歌声です。

以前はいわゆる邦ロックというカテゴリーの、少し激しめの音楽が好きだったのですが、最近はこのような静かで語りかけるような音楽を嗜んでいます。こんな感じの音楽を知っていたら、ぜひぼくの方にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です