ボウリングは趣味レベルで投げるのが最高だと思った

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日は祖父を誘ってボウリングに行ってきました、本気で投げてきました。

 

趣味としてのボウリング

 

先日の動画です。

 

 

 

いつもこんな感じで、楽しさファーストでやっています。「本気で投げることを楽しむ」みたいな感じです。適当に投げるのはピンに対して失礼なので、「全部倒させていただきます」みたいな気持ちで豪速ストレートを投げています。豪速ストレートですが、一般道路を走る乗用車より遅いです、悔しい。

でも「うまくなりたい」という気持ちあまりなくて、「やっているうちにうまくなったらいいな」くらいです。だからマイボールもマイシューズも持っていません。いつもシューズを借りて、フィーリングの合うボールを探しています。

マイボールを持ったらもっと上達するのかもしれませんが、ぼくにはあまり向上心というものがありません。またいちいちボールを持っていくことも事実上不可能です、運転免許を持っていないので。

 

 

ぼくの自己ベストは2017年3月27日深夜に出した246点です。確か友だちとお酒を飲んで散歩をしてからボウリングに行った記憶があります。写真を見る限りでは最後の最後までノーミスです、本当にどうかしていたと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.