【自炊 #1】醤油ラーメンを作った、そのパーフェクトな味に自分で感動してしまった

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日から「TAKALOGキッチン」の名の下に、料理記事を書いていきたいと思います。

 

マルちゃん 醤油ラーメン

 

 

「ラーメンを作りたい!」と思って、家の近くのスーパーでおいしそうなものを買ってみました。3人前入っています、価格は忘れました。

 

用意したもの

 

・ 鍋

・ ラーメンの素

・ ゆで卵

・ ハム

・ チキンステーキ

 

本当は野菜を入れたかったのですが、フライパンが洗っていない状態だったのでやめました。またIHコンロが1つしかないため、どちらか片方しか作ることができず、もう片方を作っている間にもう片方が冷めてしまうと思ったからです。

応急処置として、ハムとチキンステーキを用意しました。家にはハムしかなかったのですが、コンビニダッシュを決めて常温のチキンステーキを買ってきました。また、とても空腹だったので2人前作ることにしました。

 

作り方

 

 

まず、鍋に水を入れて沸騰させます。ぼくは2年前に同じようにラーメンを作ったことがありましたが、全然うまくできませんでした。考えてみると、まったく沸騰していない状態で麺を入れてしまったのが原因だと思います。

今回やってみてわかったのですが、お湯が沸騰するまでにはかなり時間がかかります。ということで念入りに沸騰させて、上の写真のようにH2Oが激しく暴れ狂う感じになるまで待ちに待ちました。

 

 

沸騰したことを確認したら、麺を入れます。この商品の目安は2分となっていました。ぼくはあまりこだわりがないので、iPhone Xの時計を見ながら適当にほぐしました。

撮り忘れましたが、同時にスープを用意します。スープの原液が入っているので、この商品は250mlのお湯で薄めるとのことだったので、計量カップを使ってお湯を測って正確に薄めました。麺の固さは適当でも大丈夫ですが、スープの濃度は味を大きく左右するので妥協できません。

麺とスープができたら、お好みのトッピングを入れて完成です。

 

醤油ラーメン feat.チキンステーキ 400円(推定)

 

適切な器がなかったので、ぼくの家にある唯一の器を使いました。横に広いのでスープが決壊することはありませんでした。そのうちラーメン用の器を用意しようと思います。

器は微妙ですが、味は最高でした。まずは麺、カップ麺とは次元が違うのです。ラーメン店で食べる麺と遜色ないと言えないこともないです。そしてスープ、これもカップ麺のそれとは違います。お店で食べているようです。

そしてトッピングのチキンステーキ、最高でした。本件とは関係なく最高でした。緑色のコンビニで常温で売られているチキンステーキ(220円)です。単体で食べても本当においしいと思います。

 

という感じで、TAKALOGキッチンの記念すべき第1回は醤油ラーメンを作りました。こういう感じでこれから料理記事を書いていこうと思います。

 

Twitterもやっています!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.