【栃木・壬生】1年ぶりに「景勝軒 栃木総本店」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日は諸用も何もなかったのですが、気が向いたので壬生に行ってきました。目的地は「景勝軒 栃木総本店」です。

 

栃木県壬生町「景勝軒 栃木総本店」

 

群馬県を中心に展開するラーメン店「景勝軒」の栃木総本店です。1年ぶりに行きました。平日の夕方ということもあり、店内は空いていました。

景勝軒のメニューは大きくわけて「濃厚なつけ麺」と「がっつりラーメン」の2つあります。つけ麺のスープは魚介系で、これでもかというくらい濃厚です。

がっつりラーメンの方は「ふじ麺」と呼ばれていて、がっつりですがスープがあっさりしているためいわゆるG系ラーメンと比べて食べやすいと思います。

 

そしてつけ麺やふじ麺は、追加料金なしで「中盛り」に増量することができます。ふじ麺の場合は、並盛りが麺200gで中盛りが麺250g。一般的なラーメンの麺の量はおよそ150gくらいなので、250gにするとかなりボリュームがあります。

またふじ麺では「ニンニクの量」「背脂の量」を聞かれます。ラーメン二郎系だとこのあたりの注文が初心者には難しく感じられるのですが、景勝軒では親切に聞いてくれるのでいいと思います。

ぼくはいつも「ふじ麺」の250gを食べています。またぼくはLINEで景勝軒さんとお友だちになっています。毎日クーポンが届いて、それを使うと800円以内のラーメンを700円で食べることができます。券売機で「クーポン 700円」を押して、食券を店員さんに渡す時にスマホ画面を見せればOKです。

 

ふじ麺 中盛り 780円(税込)

 

見た目は1年前とほとんど変わっていません。が、食べてみたら味が少し変わったように感じました。まず、スープがよりあっさりになった印象を受けました。これならがっつり食べても胃もたれしなさそうです。また、麺がよりおいしくなったと感じました。気のせいかもしれませんが、以前よりクオリティが上がったと思います。

 

 

一緒に行った祖父はつけ麺「上州もりそば」を食べていました。つけ麺もおいしいです。ぼくが以前食べた、

 

栃木県宇都宮市 : 武丸

 

栃木県宇都宮市 : 豚珍

 

栃木県宇都宮市 : じろきん

 

などのG系ラーメンと比較して景勝軒はライトなため、普段あまりG系ラーメンを食べない人でも気軽に食べることができると思いました。

 

景勝軒 栃木総本店について

 

所在地 : 栃木県下都賀郡壬生町853-1

営業時間 : 11:00〜22:00 / 無休

 

帰り道

 

少し食休みをして、そして宇都宮に向かって走り始めました。

 

 

国道4号の「東京から100km」の案内です。いつか時間をかけてクロスバイクで東京まで行きたいと思います。

 

 

何を血迷ったのか、旧R4×R121交差点を東に進んでしまいました。新4号国道まで近いと思ったのですが、意外と距離があってしんどくなりました。

 

 

しばらく、しばらく東に走ってようやく新4号国道が近づいてきました。今日は月がきれいです。とても明るい夜です。

 

 

国道新4号国道に乗りました。iPhone Xで撮影したのですが、車のライトがいい感じです。

 

 

新4号国道の東京から100km地点です。新4号国道の方がより北でした。国道4号は埼玉県越谷市から分岐するので、新4号国道の方がより直線的なのだと思います。

 

 

周りが真っ暗でどこを走っているかわからなくなりましたが、気づいたら国道123号まですぐそこになっていました。道路標識が1234となっていて美しいと思います。

というわけで、今日は夕方から30kmくらいサイクリングをしました。いい日だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です