【保存版】ぼくが今までに行った、佐野ラーメンの本場・栃木県佐野市の人気店を7つ紹介します

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

ラーメンが大好きなぼくは、全国的にも有名な「佐野ラーメン」を心から愛しています。佐野ラーメンとは栃木県佐野市を中心として食べられているラーメンで、関東地方のご当地ラーメンのひとつです。佐野市の食文化であり、観光資源でもあります。

佐野ラーメンの特徴は、やはり青竹手打ちの平麺です。青竹に脚をかけて竹の下に麺の材料となる小麦粉の塊を置いて、それに体重をかけて伸ばしていくという方法です。そのためコシが強く、細麺から太麺まで幅広い麺が存在します。

 

この半年間で佐野ラーメンの本場・栃木県佐野市に何度も行きました。ぼくがこれまでに行った、佐野ラーメンの人気店7つを紹介します。順番は行った順です。

 

岳乃屋

 

 

ぼくが人生で初めて食べた本格的な佐野ラーメンです。あの時の衝撃を忘れることができません。

佐野ラーメンの中では濁りがある方で、とてもコクがあります。麺は柔らかく、コシが弱めです。しかしどこか懐かしい、昔ながらの佐野ラーメンという感じです。

 

岳ノ屋について

 

所在地 : 栃木県佐野市栃本町1402-2

営業時間 : 11:30〜14:30 17:30〜19:30 / 火曜・第4月曜定休

 

田村屋

 

 

確か田村屋には開店時間に合わせて言ったのですが、すでに長い列ができていました。30分くらい待った記憶があります。この時ぼくは初めて佐野ラーメンの人気具合を知りました。

田村屋のラーメンはとても透き通っていて、まさに”淡麗”です。麺の固さ・太さは普通ですが、とにかくスープがおいしいと感じました。そして乗っているチャーシューが最高です、人気店の中でもナンバーワンのチャーシューだとぼくは思っています。

 

田村屋について

 

所在地 : 栃木県佐野市奈良渕町302

営業時間 : 平日 11:30〜14:00 17:00〜20:00 土日祝 11:00〜20:00 / 水曜定休

 

森田屋総本店

 

 

森田屋総本店は店内がとても広い座敷になっていて、座敷以外に少しだけテーブルも置いてあります。そして森田屋総本店は先にオーダーと支払いを済ませるスタイルです。しかも店員さんはいっぱい。そう、森田屋総本店は回転が速い、目を疑うほどに。

透明なスープに見えますが、かなりコクがあります。自家製の麺を使用していて、麺を作っている様子を窓越しに見ることもできます。ちょうど並ぶ列の目の前で作業が行われているので、それを見ていれば退屈することはありません。

その麺は佐野ラーメンの中でも太麺でしっかりしています。

 

森田屋総本店について

 

所在地 : 栃木県佐野市堀米町70

営業時間 : 11:00〜14:00 17:00〜19:00 / 水曜定休

 

森田屋 東店

 

 

ある日森田屋総本店に行く予定でしたが電車の中で総本店が定休日なことを知って、急遽予定を変更して東店に向かいました。食べログには「駅から遠いため車で行くのがいい」と書いてありましたが、おもしろそうなので佐野駅から歩いて行ったら予想以上に遠くて心が折れそうになった記憶があります。

栃木県佐野市は車社会です。人気店はどこも駅から遠いです。佐野ラーメン店には車もしくはレンタサイクルで行くことを強くおすすめします。

 

 

スープは森田屋総本店とほとんど同じですが、麺が森田屋総本店とはかなり違う印象です。森田屋総本店は太さ均一の太麺なのですが、森田屋東店は太さ不ぞろいの細麺です。ただどちらもおいしいので甲乙つけがたい…

麺以外はほとんど同じなので、森田屋総本店が定休日の時に森田屋東店に行くということもできます。森田屋総本店は水曜定休、森田屋東店は日曜定休です。

 

森田屋 東店について

 

所在地 : 栃木県佐野市高萩町744-9

営業時間 : 平日 11:00〜15:00 土日祝 11:00〜16:00 / 日曜定休

 

麺屋 ようすけ

 

 

この日は上の森田屋東店に行ってからようすけに行きました。佐野駅から歩いて森田屋東店に行って、佐野市駅まで歩いて東武佐野線でとなりの田島駅に行きました。お店は田島駅を出てすぐにあります、信号を渡ったらもう駐車場です。

食べログのランキングでトップ常連ですが、コアなファンからは「ファミレスのような雰囲気でどうも佐野ラーメン店という感じがしない」という声も聞こえてきます。

ただ、味は本物だと思います。お昼時からはずれていましたが、まだ並んでいる人がいました。

 

 

今までのお店も万人受けするラーメンなのですが、ここようすけはそれ以上に万人受けするラーメンだと思います。麺は少し太めで、スープがあっさりでした。なのでぼくは「森田屋とか田村屋と比べると物足りないかも」と思いました。

でも食べログでも人気で実際に行っても混雑しているので、きっとおいしいのだと思います。ぜひ行ってみてください。ようすけの強みが「安さ」で、ラーメンは580円です。だから「どこかに行ったついでに行く」というのもいいと思います。

 

麺屋 ようすけについて

 

所在地 : 栃木県佐野市田島町232

営業時間 : 平日 11:00〜14:30 17:00〜21:00 土日祝 11:00〜21:00 / 火曜定休

 

日向屋

 

 

2018年2月4日現在、食べログ評価で「大和」と同じ3.72です。以前は後述する大和が1位だったのですが、今見たら同順になっています。

日曜に11:00オープンで10:30に着いたのですが、もうすでに行列ができていました。しかも1巡目に座ることができず、店内でさらに30分待ちました。トップ店の人気さを見せつけられました。

 

 

1月に行ったので猛烈に寒く、空腹が限界に達していたので「チャーシューメン・煮卵トッピング」と餃子3個をいただきました。

食べてみたら、1位2位を争っている理由がわかりました。人気店はどこもおいしいのですが、ここ日向屋はその中でも群を抜いておいしい、圧倒的な完成度です。日向屋のラーメンはパーフェクト、非の打ちどころがありません。

スープは淡麗で、麺は少し太め、チャーシューはトロトロ、餃子はジューシーな佐野餃子。一目で惚れました。とても並ぶのですが、また行きたいと思うお店です。

 

日向屋について

 

所在地 : 栃木県佐野市免鳥町548-7

営業時間 : 11:00〜14:30 17:00〜20:30 / 水曜定休

 

大和

 

先述の日向屋と熾烈なトップ争いを繰り広げているのがそう、ここ大和です。日曜に11:00オープンで11:09に行ったら、結果として寒空の中で1時間半ほど待ちました。

外で待っている時にオーダーを聞かれて、呼ばれて席に座ったらすぐに着丼しました。さすが人気店、できるだけ回転を速くするための工夫をしています。

 

 

チャーシューメンと餃子を食べました。スープを飲んだ瞬間に、これは待ってでも食べる価値があると思いました。スープはあっさり系です、ぼくは全部飲み干しました。麺はいかにも青竹手打ちという感じで、「佐野ラーメン」を全身で感じさせてくれます。

チャーシューは佐野ラーメンの中でも圧倒的に柔らかく、食べた瞬間に溶けてなくなってしまうようでした。

 

大和について

 

所在地 : 栃木県佐野市北茂呂町1-5-2

営業時間 : 平日 11:00〜14:00 17:00〜20:00 土日祝 11:00〜20:00 / 月曜定休

 

まとめ

 

人気店はどこもおいしくて、でもそれぞれのお店ごとにラーメンが少し違います。ぜひ人気店を食べ歩きして、その違いを感じてみてください。食べ歩いているうちに、きっとあなたにとって最高のラーメンと出会うはずです。

現在食べログでは日向屋と大和が同じ点数となっています。実際に食べてみて、ぼくは「どちらがおいしいかはわからない」という感じです。どちらもおいしいのです、本当に。

どこのお店に行こうか迷っている方は、ぜひ日向屋か大和に行ってみてください。そこであなたは「本物の佐野ラーメン」を知ることになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.