【群馬・富岡】栃木県足利市の「織姫神社」に行って、それから群馬県甘楽町の「こんにゃくパーク」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

気づいたら2日連続で群馬県に行っていました、しかも同じエリアに。今日は栃木県足利市・群馬県桐生市に寄り道をしてから群馬県甘楽町まで行ってきました、そのレポートです。

 

栃木県足利市「織姫神社」

 

最初、何度か行ったことのある「織姫神社」に行きました。今回の目的はそう、そばを食べること。八雲神社駐車場から織姫神社に向かう長く険しい階段の途中に、足利エリアでトップクラスの人気店「蕎遊庵(きょうゆうあん)」の存在を知ってしまったからです。

 

 

土曜でしたが、比較的早い時間だったためあまり人がいませんでした。オープンまでまだ時間があったので、栃木県足利市の知る人ぞ知る梅の名所「西渓園」に行くことにしました。織姫神社の裏手にあります。

 

 

ここ「西渓園」には1,200本の梅が植えられているそうです。山の斜面に所狭しと梅の花が咲いていました。ここはハイキングコースにもなっているようで、登山スタイルで歩いている人もいました。

 

織姫神社について

 

所在地 : 栃木県足利市西宮町3889

 

群馬県桐生市「桐生市南公園」

 

 

国道407号を経由して国道50号に乗りました。ぼくの夢とロマンが詰まっている国道50号。小山ー佐野間はとてもスムーズに流れているイメージがありますが、足利ー桐生間は内原ー結城間と同じようにそれほど快適ではない印象でした。

 

 

途中、国道50号と国道122号が重複する区間がありました。歩道がとても広かったので今度このあたりをサイクリングしてみたいです、ここに来るまでが大変ですが…

目的地は「桐生市南公園」です。ここで梅まつりが開催されているそうなので、行ってみることにしました。

 

 

公園には野球場などもあって広かったです。学生が野球の試合をしていました。野球場を取り囲むように梅の木があって、満開に咲いていたと思います。

 

 

ここ桐生市南公園は高い場所にあるので、そこそこいい景色でした。どれかが赤城山だと思います、違うかもしれません。

 

桐生市南公園について

 

所在地 : 群馬県桐生市広沢町5

 

ここでたくさん梅を見て、それから太田藪塚ICから北関東自動車道に乗って群馬県を西に進みました。

 

群馬県甘楽町「こんにゃくパーク」

 

 

吊るしベーコンは気にしないでください。外で400円で売っていてちょっと有名だそうです、味は本物でした。ここ「こんにゃくパーク」は株式会社ヨコオデイリーフーズが運営しているこんにゃく工場の見学などができる施設です。

ここではこんにゃく工場の見学・こんにゃくについての展示・こんにゃく料理のバイキングなどを楽しむことができます。栃木県にある「新生姜ミュージアム」とか茨城県にある「めんたいミュージアム」みたいな場所だと思います。

 

 

このように工場内はとてもきれいで、俯瞰的に工場内を見学することができます。たくさんのロボットが動いていて、こんにゃくよりもそのロボットの動きに夢中になってしまいました。

また、ここではこんにゃく料理を食べて楽しむことができます。土曜ということもあって、とても多くの人で混雑していました。「みそおでん」などの定番料理だけでなく「こんにゃく焼きそば」「こんにゃくラーメン」などクリエイティブな料理を楽しむことができます。麺がこんにゃくなのですが、特にラーメンは「おいしい… 本物のラーメンと遜色ない」などと思ってしまいました。

そのすぐ横はおみやげコーナーになっていて、こんにゃく関係があの驚安の殿堂ドンキホーテも驚きそうな安さで売られていました。

 

こんにゃくパークについて

 

所在地 : 群馬県甘楽郡甘楽町小幡204−1

営業時間 : 9:00〜17:00

 

というような感じで、今日も グンマー帝国 群馬県を満喫してきました。宇都宮から高崎まで100km以上あるはずなのですが、高崎が近く感じるようになってきました。

しかし群馬県は高崎界隈だけでなく、日本三名泉のひとつにも数えられている「草津温泉」があります。草津温泉は群馬県吾妻郡草津町にあるということで一応は群馬県なのですが、詳しいことはわかりませんがとても遠いということだけは知っています。しかし早ければ年内2018年のうちに行く予定であります。

草津よいとこ一度はおいで。もし実際に行ったら、栃木県の鬼怒川温泉界隈と比較して何がどう違うかなどを見て感じてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です