【茨城・水戸】梅まつりが開催中の「偕楽園」に行って、「那珂湊おさかな市場」「大洗磯前神社」「大塚池公園」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日2017年3月13日は、待ちに待った偕楽園に行く日でした。1ヶ月前から予定していた一大イベントのため、今朝はとても早く起きてしまいました。まず「偕楽園」に行って、それから那珂湊など茨城県内を観光してきたのでそのレポートです。

 

茨城県水戸市「偕楽園」

 

 

北関東自動車道を太平洋に向かって走って、友部JCTで常磐自動車道に乗って水戸ICで降りました。JR水戸線とJR常磐線も友部駅で合流します、友部は東からの道と南からの道が合流するのにいい場所なのかもしれません。

 

 

水戸ICから国道50号を経由してついに「偕楽園」に着きました。去年2017年は3月12日に行ったので、ちょうど1年ぶりでした。そういえば去年は行き帰りの車の中で数日後に控えた母校での講演会の原稿を書いたり音読したりしていました。

声に出すと思った以上に頭の中に入ってきます。小学校などではやたら音読させられますが、確かに音読には大きな効果があると思います。

 

 

ここ偕楽園は水戸市にある日本庭園です。国の史跡および名勝に登録されています。隣接する千波湖周辺を含めた「偕楽園公園」は都市公園としてアメリカ・ニューヨークのセントラルパークに次いで世界第2位の面積を持っています。

また日本では、石川県金沢市の「兼六園」そして岡山県の「後楽園」と並んで日本三名園のひとつに数えられています。去年9月に「兼六園」に行ったので、「後楽園」に行けばコンプリートです。

今年は2月17日〜3月31日まで「第122回 水戸の梅まつり」が開催されています。例年3月中旬ぐらいが見ごろになるので、今年も最高のタイミングで行くことができました。

 

 

偕楽園のメインは高い場所にあって、千波湖側を見るとかなりいい景色になります。「梅の絨毯」のような感じで楽しむことができます。

 

 

また、偕楽園と千波湖を挟むようにJR常磐線が走っていて、JR常磐線E531系、JR水戸線E501系と並んでJR常磐線特急「ひたち」「ときわ」が頻繁に走っています。偕楽園側からフェンス越しに特急の通過を間近に見ることができます。

 

 

 

 

そして偕楽園側から陸橋を渡ると、JR常磐線を越えて千波湖側に行くことができます。千波湖からは水戸市街地が見えて、正面に京成ビルがあって、その奥の奇抜なタワーが「水戸芸術館」です。

 

関連記事 : 【茨城・大洗】水戸芸術館に行って、そのまま大洗マリンタワーに行って海を見てきた

 

 

そして千波湖といえばそう、白鳥と黒鳥です。ぼくは去年この場所で白鳥に恋をしました。それからいくつか白鳥がいるスポットに行きましたが、やはり偕楽園の白鳥には強い思いがあります。

 

関連記事 : 【栃木・大田原】宇都宮市で白河ラーメンを食べて、そのまま大田原と那須烏山に行ってきた

 

 

ここ千波湖は「日本の重要湿地」になっているそうです。「多種多様な生きものがいる貴重な場所」とありましたが、確かに白鳥・黒鳥・カモ類・鯉などたくさんの生きものが共存・共生しています。

 

 

また千波湖には、徳川光圀公像があります。水戸黄門で知られる光圀公の像、市民など多くの人の浄財によって、昭和59年にこの場所に建立されたそうです。この光圀公は水戸城跡を見つめているそうです。

というかこの写真を見てください。水平方向にも垂直方向も一切の歪みがありません、15回くらい取り直したので。この正確さが目に入らぬか!

 

 

ここの白鳥はあまり警戒心がないようで、近づいてもあまり逃げようとしませんでした。指を出したら口を近づけてきたのでかわいかったです。チャイコフスキーの「白鳥の湖 〜情景」を脳内再生しながら白鳥を観察しました。

 

 

そういえば湖の入口にスワンボートが並んでいて、そのすぐ手前に本物のスワンがいてちょっと笑ってしまいました。ぼくは本物の白鳥の方に乗ってみたいです。いつか技術が発展して白鳥と会話できるようになったらお願いしてみようと思います。

 

 

こんなに岸辺の近くまで来てくれました。しかしよく見ると、白鳥の下に鯉がたくさんいるのがわかります、しかもかなり大きい… ここを通りがかった人のほとんどがその鯉の量に驚いていました。

 

 

白鳥とハト、優雅な共演です。

 

 

ハトもかわいい… もう何度も宇都宮二荒山神社で見ているのですが、偕楽園で見ると気高く気品のあるハトに見えるのは気のせいでしょうか…

 

 

奇跡的に白鳥3羽が優雅に飛ぶ姿を目撃できました。白鳥が着水する瞬間は感動ものです。

 

 

里帰りが始まっている白鳥ですが、偕楽園の白鳥はまだのんびり滞在していくみたいです。

 

 

昨日行った栃木県真岡市「りす村ふれあいの里」で片足立ちするアヒルを見たのですが、ここ偕楽園では白鳥が片足立ちをしていました。手前の白鳥が片足で立っています、もう片方の足はどこにいったのでしょうか…

 

 

 

写真を撮っていたらJR常磐線E531系が通過しました。木の向こう側を青い電車が走っています。梅、白鳥、電車、都会、すべてがある偕楽園は最高の観光スポットだと思います。それにしても水戸芸術館の塔は目立ちます。

 

 

帰りに駐車場に向かう途中、また特急の通過が見えました。そういえば去年もここで同じアングルで写真を撮った気がします。

 

偕楽園について

 

所在地 : 茨城県水戸市常磐町1

 

茨城県ひたちなか市「那珂湊おさかな市場」

 

偕楽園の白鳥に別れを告げて、太平洋に向かって走りました。国道50号から国道51号に変わって、少しずつ海の香りがしてきました。

 

 

以前水戸芸術館に行ってからマリンタワーに行った時と同じルートでした、少しずつ水戸市街地の道路もわかってきました。

 

 

市場内のお店で、「お刺身定食」を食べました。お刺身が新鮮で最高でした、あとご飯がてんこ盛りでした。

 

 

そして市場の屋台でホタテとZIMAを買いました。缶ZIMAを初めて見ました。右手にはホタテ、左手にはZIMA、もう何も必要ありません。今日は気温が高く偕楽園でたくさん歩いた後だったので格別でした。

 

那珂湊おさかな市場について

 

所在地 : 茨城県ひたちなか市湊本町19-8

営業時間 : お店によって異なる

 

茨城県大洗町「大洗磯前神社」

 

 

先ほどの那珂湊おさかな市場の少し南にある「大洗磯前神社」に行きました。海のすぐ近くにあるので、高い場所にある境内から太平洋を見ることができます。

 

 

神社から階段を降りて道路を渡れば、もうそこは海。平日ということであまり人がいませんでした。とてもいい天気なので上着を枕にして少し横になってみました。まるで自分の家にいるかのような落ち着き具合です。iPhoneでSuchmosを流しながら海を見る時間は最高でした。

 

 

ここは砂ではなく石なので、好きな場所で座ったり横になったりできます。でもぼく以外に横になっている人はいませんでした…

 

大洗磯前神社について

 

所在地 : 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890

 

茨城県大塚町「大塚池公園」

 

 

大洗磯前神社から大塚池公園まで、国道6号と国道50号を経由して向かいました。

国道1号 : 東京都中央区ー大阪府大阪市

国道2号 : 大阪府大阪市ー福岡県北九州市

国道3号 : 福岡県北九州市ー鹿児島県鹿児島市

国道4号 : 東京都中央区ー栃木県宇都宮市ー青森県青森市

国道5号 : 北海道函館市ー北海道札幌市

国道6号 : 東京都中央区ー茨城県水戸市ー宮城県仙台市

国道7号 : 新潟県新潟市ー青森県青森市

国道8号 : 新潟県新潟市ー京都府京都市

国道9号 : 京都府京都市ー山口県下関市

国道10号 : 福岡県北九州市ー鹿児島県鹿児島市

となっているため一桁台の国道は貴重な存在です。国道は国道1号から国道58号までは東京を中心として国土の骨格を形成するように番号が振られていて、国道101号以後は北から南に向かって順番に番号が振られています。かつての主要路線「一級国道」が2桁国道となっていて、地方路線「二級国道」が3桁国道となっています。

 

 

国道6号と国道50号の交差点、3車線+右折2車線で5車線そして反対方向が3車線あったので合わせて8車線もありました。8車線もあるのに混雑していました、さすがです。

 

というような話をしているうちに「大塚池公園」に着きました。

 

 

数日前Twitterで「白鳥が帰った」という情報があったのですが、行ってみたら本当に白鳥が1羽もいなかったです。でも黒鳥は元気にいました、白鳥と帰るタイミングが違うか、帰らないのかもしれません。

 

大塚池公園について

 

所在地 : 茨城県水戸市大塚町 / 国道50号沿い

 

帰り道

 

 

帰りも水戸ICから乗って常磐自動車道・北関東自動車道を経由して帰りました。という感じで今日は待ちに待った梅まつりを見に行く日でしたが、気づいたら白鳥に夢中になっていました。

先週金曜は群馬県高崎市、先週土曜は群馬県桐生市、今週日曜は栃木県佐野市、昨日月曜は栃木県真岡市で梅を見ました。今年は数え切れないほど梅を見ました。梅にも飽きてきたのでそろそろ桜に咲いてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です