【茨城・水戸】今日は雨だったけど、青春18きっぷで梅の名所「偕楽園」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日はちょっと水戸に行っただけなのですが、いろいろありました。“どちらかといえば”楽しかったと思うので、その顛末をレポートします。

 

偕楽園までの道のり

 

明け方(午前4時)まで起きていたのですが早く目が覚めたので、今さらですが青春18きっぷを買って、電車旅をすることにしました。思えばこの季節に電車旅をするのは合理的です。

ぼくはサイクリングが大好きですが、この季節は花粉が飛んでいるので自転車で走ることができません。そこで電車旅です。電車なら、座っているだけで遠くに行くことができますから。

 

 

宇都宮駅の券売機で青春18きっぷを買って、湘南新宿ライン快速逗子行きに乗りました。青春18きっぷは窓口で買うものと思われがちですが、実は大きめな駅なら券売機でも買うことができます。

今回の目的地は茨城県水戸市であり小山駅で乗り換えなので「宇都宮線(上野まで)」だろうが「湘南新宿ライン(横須賀線直通)」だろうが「上野東京ライン(東海道線直通)」だろうがどれでもよかったのですが、「快速」という言葉の響きが好きなので昼間毎時30分台に出る湘南新宿ライン快速に乗りました。

途中何度も「このまま東京に行こうか」「もしくは横浜に行こうか」などと思いましたが、どうしても行きたい場所があったので小山駅で降りました。

ここでまず最初のアクシデント。乗り換えの時間が2分しかないことを忘れていて、のんびり歩いていたら水戸線のホームに向かう階段を降りている途中に水戸線水戸行きが出発してしまいました。

 

 

いくら乗り換えスピードをお急ぎモードにしているからといって、2分というのはあまりにも鬼畜なのではないでしょうか…乗り換えルートは熟知していますが、宇都宮線から水戸線に乗り換えるためには絶対に階段を登って通路を渡って階段を降りる必要があります。

ちなみにぼく以外にも約1人名水戸線に置いていかれた人がいました。その人も同じように颯爽と走り出していく水戸線を横目にホームで立ち尽くしていました。

衝撃的なことに水戸線は1時間に1本しかないので、一度改札を出て小山駅校内で食事をすることにしました。

 

 

わざわざ小山で食べることないのですが、ラーメンと餃子を食べました。「宇味家」は餃子のお店だと思っていたのですが、ラーメンが予想以上においしかったです。

 

 

そんなこんなで1時間後の水戸線が出る時間になって、今度はちゃんと水戸線友部行きに乗ることができました。途中小山行き列車の遅れで友部行き列車が遅れて、「これはもしかして友部駅で常磐線勝田行きに乗り遅れるのでは…」と思いましたが、品川・上野からの常磐線勝田行きは小山からの水戸線を待ってくれていました。

 

 

赤塚駅ー水戸駅間で偕楽園と千波湖の間を通りました。「ここで降ろしてほしい」と思ったのはぼくだけではないはずです。偕楽園の横を通って、ついに茨城県水戸市・水戸駅に到着しました。10:30に宇都宮を出たのに、水戸に着いたのは14:00でした。

 

 

 

水戸駅の表札にも何かが描かれていました。ここ水戸は複数のアニメの舞台になっているようで、駅構内にはアニメ関係ののぼり旗とか展示物がたくさんあって、ファンの人たちがたくさん写真を撮っていました。

 

 

水戸駅から千波湖までは近い(という暗示をかけていた)ので、歩いて千波湖を目指しました。水戸駅南口から千波湖まではそれほど遠くありませんでした。そういえば今日の水戸は霧雨だと追い込んでいたら実際にはそこそこの雨だったので、水戸駅で傘を買いました。

青春18きっぷは1日あたりおよそ2,300円で、宇都宮ー水戸を普通に行ったら往復3,000円です。ぼくが買った傘は700円だったので、傘を買ったことで青春18きっぷの意味がなくなりました。

 

 

千波湖を歩いていたら、ついに白鳥と再会しました。

 

 

カモたちも元気そうでした。というかいつもより元気な気が… 暴れている…

 

 

千波湖を半周(1.5km)して、今回の目的地のひとつである「好文cafe」に着きました。水戸光圀公像のすぐ横にあります。

 

 

平日で雨ということであまり、というかほとんど人がいませんでした。「エビピラフ」のランチを食べました。ドリンクがついて800円とリーズナブルです。予想以上においしかったです、本気の味でした。

 

 

食後のコーヒーを飲みながら、ここの名物である白鳥の形をしたシュークリームのようなものを食べました。250円でした。食べ方がわからずとりあえずフォークをさしたら、一瞬で首が折れました。それはもう普通のシュークリームに変わりないので、普通にシュークリームとして食べました。おいしいシュークリームでした。

そういえば「ドリンクはいつお持ちしますか」と聞かれたので「一緒で」と答えたら「え?」という顔をされました。ぼくは一緒でいいと思ったのですがこの言葉は「食前・食後のどちらがいいか」という意味だそうです。日本語は難しいです。

 

 

そういえば道中「白鳥横断注意」の看板がありました、こういうの好きです。

 

それから歩道橋を渡って常磐線を越えて偕楽園側に入って、梅を見ながら坂を上って常磐神社に着きました。せっかく来たのでお参りをして、水戸駅に戻ることにしました。

水戸駅南口から千波湖までは近かったので偕楽園から水戸駅までも近いと思ったのですが、そんなに甘くありませんでした。

 

 

道に沿って歩いていたら国道50号に乗りました。上の表札は国道50号に向かう狭い道で撮影したのですが、「宇都宮」「大子」「笠間」「水戸駅」と馴染みのある顔ぶれです。茨城県大子町は以前「袋田の滝」に行った時に軽く散策しました。

 

関連記事 : 【茨城・県央】高さ120mの「袋田の滝」に行ってバンジーの名所「竜神大吊橋」に行って、水戸市にある「大塚池公園」で白鳥たちを見てきた

 

ぼくにとって彼らは“いつメン”です。というか水戸市にいるのに宇都宮の文字があることに驚きました。確かに国道123号を通れば宇都宮に着きますが…

とこのあたりで鼻が爆発して、鼻とくしゃみが出まくりました。先日栃木県佐野市の唐沢山神社に行った時に猫と触ってくしゃみが出まくったのですが、それと同じかそれ以上の状態になりました。

 

関連記事 : 【栃木・佐野】猫がたくさんいる「唐沢山神社」に行って、そのまま近くの「佐野梅林」に行ってきた

 

途中コンビニでティッシュを補給して、自らを鼓舞しながら歩いたのですがついに限界を感じて近くの京成ビルに一時退避しました。今日は雨なのでそんなに花粉は飛んでいないはずですが、晴れの日の昼と同じくらいつらかったです。

といってもここは茨城県水戸市、助けを呼ぶこともできません。もう歩くのは無理だと思って、バスで水戸駅に行くことにしました。そういえば偕楽園の常磐神社近くの駐車場で水戸駅行きのバスを見かけました。ぼくの目の前で出発しました。歩いて行くつもりだったので横目に見ただけでしたが、あれに乗っておけばよかったと心の底から思いました。

 

水戸駅に向かう国道50号宇都宮駅に向かう大通りと同じくらいバスが走っていて、すぐにバスが来そうな感じでした。宮っ子のぼくは小銭がないことを思い出して近くの自販機でお金を崩しておきました。

「これでスムーズに乗降できる」と思いました。ところがどっこい、走ってきたバスには「Suica」の文字が。どうやら茨城のバスではSuicaなどの交通系マネーが使用できるそうです。

バスに乗ったら、いつもの勢いで整理券を取ってしまいました。他の人は颯爽とSuicaをかざしていました…そして数分後、水戸駅北口に到着しました。宇都宮と同じように整理券と運賃(170円)を入れてバスを降りました。

 

水戸駅の通路を歩いていたら「ラーメン街道」の文字を発見しました。水戸駅ビルの中に東京駅のラーメンストリートみたいなものがあるみたいで、そこに行ってみることにしました。

ビルの中を適当に歩いてみましたが見つからず、調べたら「エクセル」というビルの中にあるようなので行ってみたのに見つかりませんでした。エクセルの中を上ったり下ったりしたのですが見つからず、それから数分後、それは「エクセル南」というビルの方にあることに気づきました。

 

そしてついに、「ラーメン街道」エリアに着きました。何の下調べもなかったけど調べる気力もなかったので、歩いて看板とメニューを見ながら決めることにしました。「G系ラーメン」を彷彿させるてんこ盛りラーメンの写真が飾ってあるお店があったので、即決でそこに入りました。

そして「大麺」という名のてんこ盛りラーメンの食券を買いました。ここの券売機でもSuicaが使用できました。茨城すごい…

 

 

そして数分後、目の前にラーメンが。調べずに入ったので未知数でしたが、圧倒的大当たりでした。麺は太めの縮れ麺、野菜はシャキシャキ、チャーシューは肉厚、スープの濃さも絶妙。たくさん動いた後だったので猛スピードで食べました。本当においしかった…

 

 

帰りの電車まで時間があったので、バスの中から見えた国道50号の終点に行ってみることにしました。国道50号は群馬県前橋市から茨城県水戸市へ向かう国道です。その終点がここ水戸駅北口にあるのです。今度機会があれば、群馬県前橋市に行って国道50号の始点の場所に行きたいと思います。

 

 

水戸から小山に向かう電車は1時間に1本しかない(両毛線と同じ)なので、18:30発常磐線(水戸線直通)小山行きに死に物狂いで乗りました。夜景が見たいと思ってボックス席の窓側に座ったのですが、ここは水戸線でした。水戸ー小山間のどこに夜景が。ずっと暗闇でした。

あまりに退屈で気づいたら眠っていて、起きたら下館あたりでした。そして無事に小山に着いて、20分後(絶対に乗り換えできる)のガラスが曇るほど混雑した宇都宮線宇都宮行きに乗って家に帰りました。

 

というような感じで、今日もいろいろありました。花粉が飛びにくい雨の日を狙って偕楽園に行ったのですが、晴れの日とほとんど変わらず症状がつらかったです。つまり「わざわざ雨の日に梅を見に行ってつらい思いをしたアホ」ということです。でも、とても楽しかったです。

最近どこかに行く時は入念な下調べをするのが普通になっていましたが、こうしてあまり細かく調べずにその場その場で考えて行動するのも楽しい“旅をしている”感じがすると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です