【茨城・県西】桜川市の紫陽花の名所「雨引観音」に行って、古河市の桃の名所「古河総合公園」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

先週金曜3月16日は青春18きっぷで 茨城県水戸市の梅の名所「偕楽園」に行った のですが、昨日17日は同じ茨城県の県西エリアに行ってきました。

 

茨城県桜川市「雨引観音」

 

 

栃木県下野市の石橋駅の近くでラーメンを食べてから、栃木県真岡市を抜けて茨城県桜川市に入りました、山道に県境があります。

 

 

そして国道50号に乗りました、おとといは水戸市街地の国道50号をくしゃみをしながら歩いたので懐かしいです。国道50号を少し小山方面に走ったら「雨引観音」が近づいてきました。かなりの山道を上って、参道前の駐車場から参道を上っていきました。

 

 

「雨引観音」に着きました。見てくださいこの圧巻の景色… ここは茨城県屈指の紫陽花の名所で、参道の両脇にはたくさん紫陽花のようなものがありました。梅雨の時期が楽しみです。

しかし今は春、何とここには桜の木があってちょうど咲いていてかなりきれいでした。このようにお寺とセットで桜を撮影することができます。この写真、かなり気に入りました、おそるべしiPhone Xのカメラ。

 

 

孔雀(クジャク)を発見しました。最初に発見した時は木の上で休憩していましたが、気づいたら敷地内を自由に散歩していました、優雅です。

 

 

今日はとてもいい天気だったので桜が映えました。

 

 

南東を見ると筑波山がかなりくっきりと見えました。茨城県に来るたびに「茨城は花粉が少ないな〜」と思います。感覚の話ですが、天気のいい日に外にいてもあまり症状が出ない気がします、杉の木もあまり見ない気がします… 日光おろしを受ける日光杉並木から30kmの宇都宮市よりは確実に少ないはずです。

満足するまで桜を見たので、古河市で桃を見ることにしました。桜川市から古河市まではそんなに遠くないと思ったのですが…

 

茨城県古河市「古河総合公園」

 

遠かった。

 

 

桜川市と古河市、同じ県西エリアなのに距離が45kmくらいありました。国道50号で小山の方に戻って新4号国道を南下して、それから国道125号に乗りました。ぼくの国道めぐりが順調に進んでいます。

 

 

ここ「古河総合公園」では今年2018年は3月20日から「古河桃まつり」が開催されるそうです。ということで一足早かったのですが、そこそこ咲いていました。

前日に梅を見て午前中に桜を見てからここで桃を見たのですが、何となく梅・桜・桃の違いがわかったような気がします。どれも美しく、甲乙つけがたい…

 

 

ここにも孔雀がいます。ネットの向こう側に孔雀がいるのですが、慣れてくるとこのようにネットの存在をかき消すことができます。

 

 

公園内はかなり広く、桃林の奥の方に行くとこのような池もあります。カモが泳いでいました。

という感じで昨日は茨城県西エリアを散策してきました。お寺を見ながら桜を見たり、カモを見ながら桃を見たり、なかなかいい日だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です