【レビュー】佐野ラーメン屈指の人気店「大和」のラーメンを家で作ってみた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

かなり前に買った、いつ買ったか忘れたラーメンをついに昨日作りました。佐野ラーメン屈指の人気店「大和」のラーメンです。確か栃木県佐野市にある「道の駅 どまんなかたぬま」で買いました。

その「大和」といえばかなりの人気店で、食べログでは「日向屋」とつねに1位を争っています。ぼくは2018年1月29日に実際にお店で食べました。かなり長い時間並んだのですが、並んで冷えた体が一気に癒された味だったことを覚えています。

 

関連記事 : 【栃木・佐野】究極の佐野ラーメンを求めて、人気店「大和」に行ってきた

 

関連記事 : 【栃木・佐野】食べログでの評価は3.72、トップクラスの佐野ラーメン店「日向屋」に行ってきた

 

こちらがその「大和」のラーメンです。

 

 

【佐野ラーメン】という枠があるからこそ、工夫の甲斐がある。己の腕と感性がこのラーメンに凝縮。漢、大和、渾身の一杯。

 

パッケージにこう書いてあって、惚れました。早速作っていきます。

 

 

まずお湯を沸騰させて、麺をほぐします。パッケージ裏面の説明には、強火で30秒、そして中火で2分30秒〜3分くらい茹でると書いてありました。うちはIHで強火とか中火とかよくわからないので同じ強さで3分茹でました。

 

 

茹で上がったら麺を湯切りします。この湯切りが意外と大切なので、ぼくはこのようなザルを家に置いてあります。同時並行で、スープの素をお湯に溶かします。

麺を茹で始めるのと同時にスープ用のお湯を沸かし始めるといいタイミングでできると思います。お湯270mlと書いてあったので計量カップで計って入れたのですが、勢い余って少しこぼしたのでケトルから直接お湯を追加しました。

 

 

麺とスープが完成しました。ちょっと色が薄いと思ったのですが、一口飲んでみたら最高のコクと旨みでした。

 

 

何かトッピングをしようと思って、自転車でコンビニに行って「おつまみチャーシュー」を買ってきました。このチャーシューはおつまみとしてとても優れているので、量に対して少し値段が高い気がしますがリピートしています。

チャーシューを乗せたら、栃木県宇都宮市にある喜多方ラーメン店「坂内」のチャーシューメンみたいになってしまいました。

 

 

おいしい…

 

茹で時間とかお湯の量とかいろいろ適当でしたが、予想をはるかに超えるおいしさとなりました。これは完全に家で作るラーメンの域を超えています。

ぜひ栃木県佐野市に行った時には、おみやげコーナーなどで佐野ラーメンのラーメンを買って家で作ってみることをおすすめします。佐野ラーメンは青竹手打ちのコシの強い麺が特徴なので「佐野ラーメンはお店で食べるもの」だと思っていましたが、この商品はその佐野ラーメンの麺がかなりうまく再現できていると思いました。

あと3食分、そして森田屋総本店のラーメンもあるので、ネギとかメンマを用意してもっと本格的なラーメンを作ってみようと思います。

 

スポンサーリンク

栃木 佐野 青竹手打ちラーメン 大和 あっさり醤油味

新品価格
¥540から
(2018/10/1 16:26時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です