【埼玉・大宮】大宮駅からニューシャトルに乗って「鉄道博物館」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

昨日は青春18きっぷで電車旅をしてきました。宇都宮ー大宮間はICカード利用で片道1,371円、往復すると2,741円なので青春きっぷを使うと少しお得に行くことができます。

青春18きっぷは1日あたり2,350円なので、久喜・蓮田あたりまでを往復すれば元が取れてしまいます。今日はひさしぶりに埼玉県さいたま市の「鉄道博物館」に行ってきました。

 

埼玉県さいたま市「鉄道博物館」

 

 

改札でハンコを押してもらって…

 

 

湘南新宿ライン快速逗子行きに乗って大宮に向かいました。駅に早く着いていたのでもっと早くに上野東京ライン小田原行きもあったのですが、10分後の湘南新宿ライン快速の方が大宮に10分早く着くということなので普通を見送って快速に乗りました。

 

 

茨城県の古河で先を走る普通小田原行きに追いついて、先に快速逗子行きが出発しました。快速が通過する駅で降りたい人は、後から追いかけて来る普通小田原行きに乗ればいいということです、うまくできていると思います。

古河駅は2島あるのでよく待ち合わせに使われます。帰りも快速宇都宮行きに乗ったのですが、古河に着いたら乗っている電車を合わせて4本も宇都宮線が停まっていました。反対側は普通と通勤快速の待ち合わせだと思います。

小山から、古河、久喜、蓮田、そして大宮。普通が17駅停まるところを9駅しか停まらないので大宮がとても近く感じました。快速に乗るメリットは小山ー大宮間にあります、逆に宇都宮ー小山と大宮ー新宿・上野区間では快速に乗るメリットはほぼほぼありません。

 

 

大宮駅に着きました。東北新幹線(山形新幹線・秋田新幹線)と上越新幹線(北陸新幹線)が分岐、また宇都宮線(湘南新宿ライン・上野東京ライン)と高崎線(湘南新宿ライン・上野東京ライン)が分岐。

また埼京線(川越線)と京浜東北・根岸線が停まり、東武野田線(東武アーバンパークライン)の終点、そして伊奈方面に向かうニューシャトルの始発駅ということで大宮はかなり大きなターミナル駅だと思います、たくさん人がいました。

「鉄道博物館」へは大宮からニューシャトルに乗って行くことがおすすめされています。地図を見たら大宮駅から鉄道博物館までは2kmくらいありました。東北本線のすぐ横を国道17号(中山道)が並走していて一瞬歩こうとも思ったのですが、ニューシャトルとやらに乗ってみようと思ったので大宮で乗り換えました。

 

 

大宮駅で迷子になることはありませんでした。たくさん案内があるからです。この「てっぱく通り」を進んでニューシャトルの改札を目指しました。ニューシャトルに向かう「てっぱく通り」の通り沿いには新幹線と鉄道博物館の歴史が年表になって書かれていました。

 

 

「ニューシャトルはどうやって乗るんだろう…」と思っていたら改札に着いて、iPhone XのSuicaで入場できました。切符の券売機も普通でした。大宮はニューシャトルの端なので、丸山・内宿方面(鉄道博物館方面)への電車しかありません。改札を通ったらもう乗り場でした。

 

 

ニューシャトルの車両はこんな感じで、電車とバスの中間みたいな印象でした。座席が普通のロングシートというより、ゲーミングチェアが並んでいるような感じでした。伝わるかな…

 

 

大宮駅からニューシャトルで3分で鉄道博物館(大成)駅に着きました。以前は大成駅でしたが鉄道博物館ができて鉄道博物館駅になったみたいです。

 

 

鉄道博物館駅と鉄道博物館は直結しているので雨に濡れる心配がありません。このあたりもニューシャトルで行くメリットだと思います。鉄道博物館に向かう途中、地面に昔の新幹線の時刻表が掘られていました。

鉄道博物館に着いたら券売機が10台くらい並んでいました。入場券の買い方としては、

・ 自分のSuicaがある人はSuicaに情報を書き込んで入場料はSuica払い

・ 現金払いの人は現金で払ってレンタルの入場カードで入場

 

という感じで、ぼくはiPhone XにSuicaを登録しているので、券売機で「Suica払い」を選んでiPhone Xをかざしたら決済音がなって情報が書き込まれました。そのすぐ奥に入場ゲートがあるのですが、そこでSuicaをかざしたら決済音がなって入場料1,000円がSuicaから引かれてゲートが開きました。

 

 

エントランスの奥には宇都宮線・高崎線・川越線が走っていて、すぐ目の前を電車が颯爽と走っていきます。

 

 

宇都宮線と埼京線のすれ違いも見ることができました。

 

 

鉄道博物館のど真ん中には転車台の上に蒸気機関車が。やはり「博物館」というだけあって、展示されているのは昔使われていた国鉄時代の車両が多いです。

 

 

1日に2回、12:00・15:00に転車台回転実演をしています。このC57形式蒸気機関車を載せている転車台がゆっくり回転します。

 

 

1階2階は吹き抜け、3階は子ども向けの展示・学習コーナーになっています。博物館内はガラス張りが多いので、こんな感じで広く外を見ることができます。北側を見ると、東北新幹線・上越新幹線・宇都宮線・高崎線・川越線・ニューシャトルを一気に見ることができます。

 

 

こんな感じで。

 

 

また2階にはこんな感じの美しい作品が展示されていました。夕陽が当たってきれいでした。

 

 

次に、ジオラマの部屋に入りました。今まで見たことがないレベルで立派な鉄道ジオラマでした。後ろには野球場の応援席みたいな感じでベンチがたくさん並んでいて、休憩がてらジオラマを見ている人がたくさんいました。

 

 

烏山線についての展示もありました。烏山線がかわいい…

 

 

そういえば昨日は夕方まで何も食べずに歩きまわって空腹の限界だったので、大宮に戻って東口のラーメン店に入りました。麺300gで730円でした。また野菜・ニンニク・アブラなどが無料でトッピングできるので、ニンニクアブラでオーダーしました。おいしかったです。

 

 

帰りに17:22発宇都宮線普通宇都宮行きにちょうど乗り遅れて、20分後の快速宇都宮行きに乗りました。どっちが早く宇都宮に着いたのかはわかりません…

という感じで、昨日は埼玉県さいたま市の「鉄道博物館」に行ってきました。鉄道ファンにはたまらない、そして鉄道ファンでなくても鉄道ファンになってしまいそうな楽しい博物館だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.