【栃木・奥日光】本物の出会い栃木、竜頭ノ滝・戦場ヶ原・湯滝・湯ノ湖・中禅寺湖・半月山駐車場に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

昨夜夜更かしして2:30に寝たのですが、今日は何と6:20に自然に起きるというファインプレーをかましました。目的地である栃木県日光市の通称・奥日光エリアを目指して、7:30に家を出ました。

国道119号を経由して日光市街地へ、そして第二いろは坂を上って中禅寺湖エリアへ、そして中禅寺湖からそのまま国道120号を上って最初の目的地「竜頭ノ滝」に着きました。

 

栃木県日光市「竜頭ノ滝」

 

 

男体山の噴火によってできた溶岩の上を210mに渡って流れるという壮大な滝です。滝つぼが岩によって2つにわかれて、それが竜の頭のように見えるため「竜頭ノ滝」という名前になったといわれています。

 

 

こんな感じで、流れ落ちる2つの水が竜の頭のように見えます。確かにぼくは竜の頭に見えました。考えるのではなく、“感じる”のです。感性を研ぎ澄ませて滝と向き合ってください。

今回は滝つぼ近くの駐車場から行ったのですが、滝の上の方にも駐車場があって、2つの駐車場は滝のすぐ横の歩道で繋がっています。

 

 

こんな感じで、緩やかな階段になっています。写真左側を滝が流れ落ちています。

 

 

階段の各所各所にはこのような観瀑台のような場所がたくさんありました。休憩しつつどんどん青い空に向かって歩いていって、10分くらいで上側の駐車場近くに着きました。

 

 

見てください、この美しさ。青い空に白い雲。そして目の前には豪快に流れ落ちる滝。両側を木々に囲まれていて、奥の方には中禅寺湖とそれを囲む山々が見えます。最高すぎる…

 

竜頭ノ滝について

 

所在地 : 栃木県日光市中宮祠

 

栃木県日光市「戦場ヶ原・赤沼→湯ノ湖」

 

 

国道120号をさらに上って、戦場ヶ原エリアに着きました。赤沼茶屋という場所の駐車場に置いて、そこから歩いて4.5km先の「湯ノ湖」を目指しました。

 

 

戦場ヶ原の木道にはこんな感じの平坦な場所もあれば…

 

 

こんな感じのザ・山道な場所もありました。今回は赤沼→湯ノ湖方向に進んだのでその方向で紹介します。

 

 

最初の方(赤沼側)は平坦な場所が続いて、ところどころこのように「男体山」を見るために作られたような休憩場所がたくさんありました。赤沼から湯ノ湖まで、ほぼ川の流れに沿うように木道が作られていました。

 

 

途中こんな感じの倒木があって、根っこ全体が「トナカイにまたがる子ども」に見えたのですが、どうやらそれはぼくだけみたいです。子どもがトナカイにまたがっているように見えませんか…

 

 

カモが数羽いました。最初は意気揚々と歩いていたのですが、少しずつ疲労が溜まってきて、もう限界だ〜と思ったりしつつ歩くしかないので歩き続けました。

疲労を通り越して「無」になって、何も考えずに歩き続ける時間はちょっと楽しい瞬間でした。”ハイキング”の意味が少しわかった気がします。

11:00くらいに赤沼から戦場ヶ原に入って、13:00くらいに「湯滝」に着きました。のんびり歩いたので、4.5kmの距離に2時間(120分)かかりました。早く歩くのが目的ではないので、このくらいが妥当だと思います。

途中で休憩したり写真を撮ったりするので、戦場ヶ原を歩く時は時間に余裕を持った方がいいと思います。

 

栃木県日光市「湯滝」

 

 

この「湯滝」は、高さ70m長さ110mの滝で、上にある「湯ノ湖」から湖水が溶岩流の岩壁を流れ落ちています。目の前に観瀑台があって、そこから見る滝は圧倒的な迫力です。

山道を2時間歩き続けて体力が限界に近づいていましたが、湯滝に着いて滝を見たら疲労が一気に消え去ったので、湯滝は本当にすばらしい滝です。

 

 

上から見るとこんな感じです。どこかで見たことがあるなと思ったら、ねずみ園の”スプラッシュなんちゃら”の落ちる直前の景色にクリソツでした。

 

湯滝について

 

所在地 : 栃木県日光市湯元

 

栃木県日光市「湯ノ湖」

 

 

先ほどの「湯滝」の上に「湯ノ湖」があります。湯滝からの距離は0.4kmという案内でしたが、急斜面に作られた階段をジグザグ状に上る感じだったので、ぼくのふくらはぎは悲鳴をあげました、

 

 

湯滝での案内は0.4kmとありますが、平地の0.4kmではないことだけ注意して真剣に登ってください。転んだら楽園に行ってしまう可能性が十分にあります。

「湯ノ湖」は、三岳の噴火で湯川がせきとめられてできた湖です。周囲はおよそ3km、たくさんの山に囲まれています。

 

湯ノ湖について

 

所在地 : 栃木県日光市湯元

 

栃木県日光市「中禅寺湖」

 

 

帰りに「中禅寺湖」へ。今回寄ったのはスワンボート・遊覧船などがある方ではなく、ほとんど人がいない岸が砂浜みたいな方です。ボートの方はいかにも観光地っぽい感じがするのですが、こっちは釣り人しかいなくて時間がのんびり流れていました。

青い空があって、新緑の山があって、青く光る湖がある。それだけ、ただそれだけです、ただそれだけでいいのです。一度行ってみてください、きっと気に入るはずです。ただボートが通ると数秒後にその波が岸に届いていつもより大きめな波が来るのでそれだけ注意してください。

 

栃木県日光市「半月山駐車場」

 

 

ここ「半月山駐車場」は、中禅寺スカイラインの突き当たりにあります。駐車場からさらに徒歩で登ると「半月山展望台」があるのですが、先ほどの戦場ヶ原でHPが0になったため駐車場から観察することにしました。

というか、ここからでも十分すぎるほどいい景色です。ぼくがいる間に数台車が入ってきましたが、みんな駐車場から中禅寺湖を見ていてさらに徒歩で登っていく人はいませんでした。

 

半月山駐車場について

 

所在地 : 栃木県日光市中宮祠

 

という感じで、今日はかなり本気で奥日光エリアで遊んできました。ひさしぶりにこのエリアに行ったのですが、やっぱりいいところです。

そういえば今日は少し寝不足気味で、湯ノ湖下のバス停で30分の待ちがあった時に少し昼寝してしまいました。青空と山々を見ながら、滝の音を聴きながらの睡眠は最高でした。あとちょっと日焼けしました。

 

本物の出会い栃木。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です