【1日4県】渡良瀬遊水地の近くにある噂のスポット「3県境」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日は栃木県栃木市・群馬県板倉市・埼玉県加須市・茨城県古河市に行ってきました。ピンときた方もいるかもしれません。そう、今日はひさしぶりに「渡良瀬遊水地」に行ってきました。

 

栃木県栃木市「大平山」

 

まず最初に栃木街道で栃木市に入って「大平山」に行きました。

 

 

何度かツイートしていましたが、最近のぼくはどうしても紫陽花が見たかったのです。大平山には「あじさい坂」なるものがあって、紫陽花の名所となっているので行ってみました。

 

 

坂の入り口に着きました。ここから階段を1,000段ほど登ると頂上の「太平山神社」まで行くことができます。いったん1,000段という数字を忘れて登ることにしました。

 

 

まだ少し時期が早いのですが、ところによっては紫陽花が咲いていました。やはり美しい…

 

 

いろいろな色が混じっている紫陽花もありました。

 

 

1,000段を登りきって「太平山神社」に着きました。ぼくは最近毎週末のように山道を歩いていて、「戦場ヶ原」「湯の湖」などで山道とか急階段に慣れているので大丈夫でしたが、普段あまり運動をしない方にとってはちょっと大変な階段だと思いました。

この神社には何度も行っているのですが下から登ったのは初めてだったので、「ここに繋がるのか!」というちょっとした感動もありました。

 

 

今日の栃木市内の景色です。最後にここに来たのはかなり前なので、今日はかなり霞んでいるように見えました。でも案内の看板を参考に、「栃木駅」「栃木のイオン」などを見ることができました。タイミングが合うと両毛線・東武日光線が走っているのを見ることもできます。

 

 

動いて暑くなった体を冷やそうとかき氷を食べました。300円でこのクオリティ、びっくり。いい景色を見ながら食べるふわふわのかき氷は最高でした。

 

 

1,000段登ったので、1,000段下らなければなりません。個人的には階段は下の方が大変だと思っています。勢いがよすぎるとどんどんスピードがついて最終的に派手に転ぶと思うので注意が必要です。

 

 

帰り道で、これでもかというほど形の整った紫陽花がありました。こういうもので出会えるのも、散歩の楽しみであります。1,000段を下りきって車に戻り、栃木市でぼくが大好きなラーメン店「麺堂 HOME」に向かいました。

 

栃木県栃木市「麺堂 HOME」

 

 

栃木駅からすぐの場所にある人気のラーメン店です。11:30オープンで10分前に着いたのですが、並んでいたら次々と人が増えていきました、さすが人気店。

 

味玉しょうゆ味 800円(税込)

 

ぼくはあっさり系が好きなのでいつもここではしょうゆ系を食べています。今回は「味玉しょうゆ味」にしました。知っている味なのですが何度食べてもおいしい…

今回も完飲完食しました、ごちそうさまでした。そういえばメニューを見たら冷たいラーメンもありました。これからの季節いいかもしれません。満腹になったところで、ついにメインの「渡良瀬遊水地」に向かいました。

 

麺堂 HOMEについて

 

所在地 : 栃木県栃木市片柳町1-2-38

営業時間 : 11:30〜14:30 17:30〜20:00 / 木曜定休

 

栃木県・群馬県・埼玉県・茨城県「渡良瀬遊水地」

 

「渡良瀬遊水地」は足尾鉱毒事件による鉱毒を沈殿させて無毒化することを目的に作られた遊水地です。

「足尾銅山鉱毒事件」は19世紀後半に栃木県と群馬県の渡良瀬川付近で発生した日本で初めての公害事件です。栃木県の政治家であった田中正造が中心となって国に問題提起したことは有名です。

 

遊水地の領域は栃木県・群馬県・埼玉県・茨城県の4県にまたがっています。その大半が栃木県栃木市で、残りが栃木県小山市、栃木県野木町、群馬県板倉町、埼玉県加須市、茨城県古河市にあります。

渡良瀬遊水地の西側の「道の駅 きたかわべ」の近くに「3県境」なるものがあると聞きつけて行ってみました。

 

 

上の写真に写っているのが「道の駅 きたかわべ」です。ここから歩いてすぐの場所に例の「3県境」があるそうです。道の駅に案内があったので、それを見ながら歩いたら次々と看板が現れたので迷うことなく着きました。

それではご覧ください。これが噂の「3県境」です…

 

 

この手作り感満載の県境、こういうのぼくは大好きです。土曜午後ということもあってかそこそこの人がこれを観察していました。

 

 

それから道の駅で自転車を借りてサイクリングをすることにしました。名前と住所を書いて申し込めば、4時間400円で自転車を借りることができます。ママチャリだけではなく自転車好きが好きそうな自転車もありました。

まず、「谷中村合同慰霊碑」方面に向かいました。道の駅からはおよそ2.5kmくらいだと思います。車道がとても狭いのですがサイクリングロードがあるので安全で快適です、しかも景色がいい。

道の駅の近くに埼玉県・栃木県と栃木県・群馬県の県境があるのですが、ここでぼくは「茨城県もすぐ近くなのでは…」思って、感覚で茨城県を目指しました。

 

 

合同慰霊碑から南に走って道の駅を通過してさらに南下していたら、「あ!」となりました。この交差点から先、2月に小山→古河→加須→板倉→宇都宮のサイクリングをした時に板倉から古河に戻る時に通ったルートだったのです。

 

関連記事 : 【茨城・埼玉・群馬】栃木県小山市から茨城県古河市と埼玉県加須市と群馬県板倉町に行って栃木県宇都宮市まで帰ってきた

 

懐かしさで涙が出そうになりながら、ひたすら茨城県を目指しました。

 

 

気づいたら埼玉県・茨城県の県境にいました。下を流れているのは渡良瀬川です。道の駅も遊水池も見えなくなって少し不安になりましたが、そのまま橋を渡って茨城県古河市に入りました。

 

 

加須市から古河市に入ったばかりの場所なのですが、一度通った道なのでここからなら地図なしで家に帰ることができます。が、今回は自転車をレンタルしているので渋々道の駅に戻ることにしました。

 

 

遊水池なのですが、めちゃくちゃ広いです。ここを走っていて、まるで海の近くを走っているような気分になりました。気分爽快。

 

渡良瀬遊水地について

 

所在地 : 栃木県栃木市藤岡町藤岡(など)

 

栃木県壬生町「道の駅 みぶ」

 

 

帰りに北関東道の壬生SAこと「道の駅 みぶ」に寄りました。目的は「Mib-Town」というお店の苺を味わうことです。このアイスキャンディ、350円くらいしたのですがめちゃくちゃ濃厚でびっくりしました。繁盛するのも納得です…

 

道の駅 みぶについて

 

所在地 : 栃木県下都賀郡壬生町国谷1870-2

営業時間 : 8:00〜20:00

 

栃木県壬生町「わんぱく公園」

 

 

先ほどの「道の駅 みぶ」に隣接している巨大な公園「わんぱく公園」へ。花がたくさんあるので紫陽花もあるのではと思って行ったら、紫陽花よりも強烈な花がありました。それが上の写真に写っている紫色の花です。

名前は「アリウム・ギガンチウム」だそうです。まるで金属元素のような響きです。名前を忘れてしまった時は「紫 ボール 花」とGoogle検索すれば一瞬でわかるのでいつでも忘れて大丈夫です。

 

 

少しですが紫陽花もありました、でもこの場所では紫色のボールのような花の方がインパクトが強かったです。

 

わんぱく公園について

 

所在地 : 栃木県下都賀郡壬生町国谷2273

開園時間 : 8:30〜17:30

 

まとめ

 

そういうわけで、今日は栃木県から群馬県と埼玉県と茨城県に行ってきました。自分でも今日どこで何をしたのかよくわかりません。でも楽しかったのでOK(牧場)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です