【レビュー】レイアウトのiPhone Xケース「バンパー+背面パネル」は本当におすすめ

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

ついに出会うことができました、理想のiPhone Xケースに。ぼくはiPhoneやMacBookの保護にちょっとしたこだわりがあって、特にiPhoneは何個も何個もケースを試してきました。

最近は奮発してApple純正ケースを買って一旦は落ち着いたのですが、底部分が保護されていないことと、ぼくが革製品の経年劣化を楽しむタイプの人間ではないことが関係して、ケース探しの旅をしていました。

ある時「iPhone 7時代に使っていたケースは最高だったな」と思い出して、iPhone X用も発売されていないか探したらすぐに見つかったのでそのまま買いました。それがこれから紹介する、レイアウトのiPhone Xケース「バンパー+背面パネル」です。

 

レイアウト「バンパー+背面パネル」

 

 

アルミバンパー・背面パネルがセットになっている製品です。一緒に使うのはもちろんのこと、アルミバンパーのみの使用も可能です。アルミバンパーは2層構造になっていて、内側は衝撃に強いTPU素材に、外側は高級感のあるアルミニウム素材になっています。

だから見た目を美しくしつつ、しっかり保護性能も兼ね備えられています。また着脱にネジが必要ないのも高ポイントです。背面パネルは硬度2Hと頑丈で、派手に落とさない限りそれほど傷がつかないと思います。

 

使ってみた感想

 

 

正面から見ると、あまりケースをつけている感じがしません。

 

 

横から見るとこんな感じ。見てください、ケースをしているのにこの薄さです。iPhone 7の時にも感動しましたが、iPhone Xにつけてまた感動してしまいました。すばらしい!

ぼくが買った家電量販店では、フチの色がシルバー・青・赤の3種類ありました。Amazonで見たらもっとたくさん色があったので、フチを自分の好きな色にできると思います。これはテンションが上がる。

 

 

アルミバンパーは液晶画面のフチまで保護する形なので、使用中の保護フィルムによっては干渉が起きる可能性もあります。そこだけは注意が必要です。ぼくは画面のフチまで保護フィルムを使っているのですが、幸いにもケースとの干渉は起きませんでした。

 

 

背面パネルをつけた背面はこんな感じ。めちゃくちゃかっこいいです。完全にこのケースに惚れました。iPhone Xのカメラはかなり突起しているのですが、そのカメラが傷つかないようにケースが設計されているのも高評価です。

上の写真では光が飛んでしまっていますが、実際にはりんごマークとかiPhonenの文字とかがしっかり透けて見えます。

 

これだけしっかり作られたケースながら、価格はそれほど高くはありません。なるべく本来の姿で楽しみたい同士のみなさん、このケースは本当におすすめです。一度使ってみてください。きっともうこのケースしか使えなくなるはずです。

レイ・アウト iPhone X用 アルミバンパー 背面パネル(クリア)/レッド RT-P16AB/RM

新品価格
¥1,782から
(2018/6/10 21:11時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です