【レビュー】東京・渋谷の「野郎ラーメン」がついにカップ麺に!

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

先日あまり行かないミニストップに行ってみたら、ぐぐっと目を引くカップ麺があったのでそのまま買ってしまいました。それがこちら。

 

東京・渋谷の「野郎ラーメン」がカップ麺に

 

 

以前よく東京・神奈川に行っていて、東京でも一大都市である渋谷には何度も足を運んでいました。センター街を歩くと必ず目に入るラーメン店「野郎ラーメン」、ぼくも何度か入ってそのラーメンを味わったことがあります。

 

ラーメンの中には東京・三田に本店を構える「ラーメン二郎」という絶大な人気を誇るラーメンがあって、それに似たスタイルのラーメンを出す「インスパイア系」と呼ばれるラーメン店もかなり盛り上がっています。

栃木県だと直営の「ラーメン二郎 栃木街道店」そして宇都宮市だと二郎系・インスパイア系として「武丸」「じろきん」「豚珍」などなど。小山市の「ハイマウント」、真岡市の「ジラフ」、足利市の「立川マシマシ」にも早く行きたい…

この「野郎ラーメン」もそのインスパイア系に分類され、都内ではかなりの人気を誇っているお店だと捉えています。その野郎ラーメンがついにカップ麺になって登場。これは一度食べてみないと。ということで、かなりお腹を減らした状態でトライすることに。

 

 

お湯を入れる前はこんな感じ。麺の上にもやし・キャベツ・チャーシューが乗っています。このあたりは一般的なカップ麺と変わりないと思います。

 

 

お湯を入れます。写真ではなぜか中がどす黒くなってしまいましたが実際は二郎系ラーメンのスープの色をしています。

 

 

5分待ちます…

 

 

5分経ったのでフタをひっぺがしました。麺が太い、まるで焼きそばのよう。上に乗っている具材の香りがかなり強烈に漂ってきました。

 

 

麺は太めの縮れ麺で、ビジュアルはお店に似ているかな。ただ味はお店のそれではなく、“カップ麺の麺”だと感じました。確かに“野郎ラーメンらしさ”は出ていると思うのですが、パンチが足りない感じがしました。お店のスープをかなりマイルドにした味です。

お店ではいろいろなものがガツンガツンと来るのですが、このカップ麺の方ではそれがなくて「ウケのいいラーメン」になっているような気がします。

 

ただ、二郎系に行ったことないけどちょっと興味ある… みたいな方にはうってつけの商品だと思います。カップ麺になってかなり食べやすくなっているので、これを食べてみていい感じだったらお店に行ってみるのも楽しいと思います。

二郎系はボリュームが多かったりオーダーが難解だったり難しいと思われがちです。実際ぼくも最初はかなり緊張したのですが、カウンターにオーダーの方法が書いてあったり店主の方が教えてくれたりします。

もし興味があったら、一度お店に足を運んで食べてみてください。きっと病みつきになるはずです。

 

 

P.S. 帳尻合わせにちゃんとサラダも食べました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です