【栃木・那須塩原】ハンタマのゆりが見ごろに、7月14日(土)から開催中の「ゆり博 2018」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今年2018年も7月14日(土)にゆりパークが開園、早咲きのゆりが見ごろを迎えています。そういうわけで、週末はハンターマウンテン塩原、通称・ハンタマに行ってきました。

 

 

諸事情で鬼怒川の龍王峡に寄って、そこで流れるままにレストランに入りました。そばが思っていたよりおいしかったです。

 

栃木県那須塩原市「ゆり博 2018」

 

宇都宮ICから東北自動車道ではなく日光宇都宮道路に乗ったり、大沢ICでバーを突破しそうになりつつ、日塩もみじラインで「ゆり博 2018」が開催されているハンターマウンテン塩原に向かいました。

 

 

ここでは「入園券のみ」または「入園券 + 昇りのリフト券」を買って園内に入ります。ほとんどの人が昇りはリフトを使っている気がします。リフトで行くことができるのは園の真ん中くらいまでで、そこからさらに上に行きたい人は歩いていくことができます。

ゆり博の公式サイトではかわいいイラストで開花状況が出されています。この時期はリフトの降り口あたりが見ごろを迎えているようです。またその日の営業案内についての記事などもあるので、行く前にぜひチェックしてみてください。またハンタマ公式のInstagramもあって、めちゃくちゃおしゃれです。

 

 

リフトでどんどん昇っていきます。スキー場なのでリフトです。サンダルで行くと大変なので気をつけてください、去年大変でした。数分で降り口に着きます。

今回はリフトが通るルートの下にもゆりが咲いていて、リフトの上からも色とりどりのゆりを楽しむことができました。そして、リフトを降りて振り返ってみると…

 

 

この景色です。だいたい霧が濃くて何も見えないことが多いのですが、運よく遠くの山々がよく見えました。リフト降り口は写真撮影スポット、自販機、お手洗い、ちょっとしたカフェなど充実しています。

また少し先に進むと、ターザンとたくさんのハンモックが出迎えてくれます。

 

 

ただでさえ涼しい那須塩原でリフトに昇ってさらに涼しい、ここでハンモックに寝転がるととても心が穏やかになります。

 

 

“ゆりパーク”なのでゆりも見ておきました。そういえば駐車場にバナナが落ちていると思ったら黄色いゆりでした。

今年2018年の「ゆり博」は7月14日(土)から8月26日(日)まで開催されています。きれいなゆりが咲いていていて、しかもめちゃくちゃ涼しいので暑い今年の夏にはぴったりの場所です。

 

ハンターマウンテン塩原について

 

所在地 : 栃木県那須塩原市湯本塩原字前黒

開園時間 : 9:00〜16:45

リフト稼働時間 : 9:00〜16:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です