【栃木・県央】那須烏山市の「山あげ祭」と、野木町の「ひまわりフェスティバル」と小山市の「田んぼアート」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日は待ちに待った那須烏山市の「山あげ祭」に行って、それから野木町の「ひまわりフェスティバル」と小山市の「田んぼアート」に行ってきました。

今日は住所番地がよくわからない場所に行ったので、節末の場所は大まかな場所になります。実際に行く時はウェブ検索してよく調べてから行くようにしてください、広い田んぼの中で迷いたくなかったら。

 

栃木県那須烏山市「山あげ祭」

 

 

去年初めて見たのですが、あまりの迫力に驚いてのめり込むように見た記憶があります。それから1年が経ち、今年も「山あげ祭」を見に行くことができました。

竹の枠に特産の和紙を張って、そこに絵を描いた「はかり山」を持ち上げることから「山あげ祭」と呼ばれています。「烏山の山あげ行事」として、重要無形民俗文化財に指定されています。また2014年には、ユネスコの無形文化遺産にも登録されました。

 

去年は「戻り橋」という演目で、渡辺綱と小百合(実際は鬼が化けたもの)とのやりとりがとても印象的でした。また最後に山が上がる光景は圧巻でした。今年は「将門」という演目で、そのシンボルともいえる”ガマ”が登場するなど、去年とは違うストーリーで新鮮な気持ちで見ることができました。

舞台の前には“特別席”が用意されていて、500円で席を取って座ってのんびりと見ることができます。今日は台風の影響からか座席数は少なめでしたが、真剣に見入っている人がたくさんいました。

 

山あげ祭について

 

開催場所 : 栃木県那須烏山市街地・市役所付近

開催期間 : 2018年は7月27日(金)〜29日(日)の3日間

 

栃木県小山市「道の駅 思川」

 

野木町の「ひまわりフェスティバル」に向かう途中、小山市の「道の駅 思川」に寄りました。最後に行った時の記憶がないので、実質初めて行ったという感じです。国道50号沿いとアクセスは抜群。

どこで何を食べようか迷いましたが、見て歩いた結果「小山食堂 さくら」にしました。

 

 

メニューは和洋中いろいろあって、家族連れの方とかでもそれぞれが自分の好きなものを食べることができそうです。ぼくはチャーシューメンにしようと思ったのですが、店内のメニューを見たらま・ぐ・ろがあったので秒で変更しました。

 

まぐろ角切り定食

 

先日茨城県下妻市の「道の駅 しもつま」で食べたまぐろ丼がめちゃくちゃおいしかったのですが、ここのまぐろもそれと甲乙つけがたいおいしさでした。海なし県でこんなにおいしいまぐろが出てくるなんて…

 

関連記事 : 【茨城・つくば】宇宙を感じたくなったので、「つくばエキスポセンター」と「産総研つくばセンター」に行ってきた

 

店内は広く席数は多く、ゆったりと食事を楽しむことができました。「道の駅 思川」にはいくつかレストランがありますが、迷ったらここ「小山食堂 さくら」がおすすめです。

あと全体的にボリュームが多めなので、よく考えてメニューを決めるようにしてください。ノリと勢いで餃子定食を頼むと巨大餃子がたくさん出てきて胃がパンクするみたいです。ただすっごく餃子のいいにおいがしました。

 

道の駅 思川について

 

所在地 : 栃木県小山市下国府塚25-1

営業時間 : 9:00〜19:00

 

栃木県野木町「ひまわりフェスティバル」

 

続きまして、台風の影響で今日は中止となってしまった「ひまわりフェスティバル」の会場に向かいました。国道4号から野木第二中学校の方に入るとたくさんのひまわりが見えてきます。あと少し下ったら茨城県、野木町は本当に県境です。

 

 

台風の影響で中止となりましたが、ぼくが行った時にはいい天気でした。これはもったいない… 個性派台風なので仕方ありません…

 

今までいくつかのひまわり祭りに行ってきましたが、ここはかなりレベルの高い会場だと感じました。まず見晴らし台の場所が絶妙です。空をバックにたくさんのひまわりを正面から撮ることができました。

少しずつひまわりが人の顔に見えてきて、全校集会で話をしている校長先生のような気分になりました。

 

ひまわりフェスティバルについて

 

開催場所 : 栃木県野木町・野木第二中学校付近

開催期間 : 2018年は7月27日(金)〜29日(日)

 

栃木県小山市「田んぼアート」

 

野木町に別れを告げて、小山市に入り話題沸騰中の「田んぼアート」に向かいました。4つの会場あるのですが1つは以前行ったので、残りの3つの会場を順番に見てまわりました。

「田んぼアート」とは田んぼをキャンパスに見立てて、異なる色の稲を使って巨大な絵を作り出すという芸術作品です。1993年に青森県田舎館村で村起こしとして役場裏手の田んぼで始められたことがルーツだそうです。

 

渡良瀬遊水地付近

 

ハローのキティさんです。めちゃくちゃクオリティが高い…

 

間々田小学校付近

 

こちらは「弱虫ペダル」という漫画だそうです。まだ読んだことがないのですがかなりの名作なので死ぬまでには読みたい…

 

 

次の会場に向かう途中、国道50号で茨城県結城市に入りました。ちなみにJR水戸線(小山ー友部)で栃木県内なのは小山駅だけです。だから”水戸”線なのです…

 

小山東部工業団地付近

 

田んぼアートはどこから見てもいいというわけではなく、ある一点から見ると何かの絵に見えるというものです。各会場には「撮影スポット」などとして、最もきれいに見える場所に立て札がありました。

違う角度から見てもまるで何の絵かわからないのですが、その場所に行くと突然その絵が見えるようになります。この感動はなかなかのものなので、機会があれば一度行ってみてください。きっと田んぼが好きになるはずです。

 

まとめ

 

今日は栃木県内を縦横無尽に動きまわるドライブとなりました。台風の影響で天気が心配でしたが、時々降られたもののほとんど晴れていてよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です