平成最後の夏

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

もうそろそろお盆、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。ぼくは先日ようやく夏休みに入って、平成最後の夏を謳歌する予定です。関東圏の方はご存知かもしれませんが、今週末は栃木県宇都宮市で「2018 うつのみや花火大会」が開催されました。

ぼくは昨日行ったのですが、急に天候が悪化して直前で翌日に延期となりました。宇都宮の花火には毎年およそ40万人が訪れるそうで、関東でも大きめの花火大会となっています。また去年は2万発でしたが今年は3万発ということで、日本第2位の打ち上げ数となったそうです。

 

昨日は16:30くらいにキャノンの駐車場に着いて、シャトルバスで会場に向かいました。キャノンー会場のシャトルバスはとても本数が多く、とても便利で快適でした。

しばらく田んぼ道を歩いて会場へ、その時に雨が降り始めて、みんな空を見上げていました。それほど暗くなかったのですぐに回復すると思ったのですが、雨は強く降り続けて、17:45に延期が発表されました。

 

 

17:25の段階でかなり雨が強く降り続け、芝生が水びたしになっていました。傘を持ってきて本当によかったです。

 

 

延期が発表されて帰り始めた時にはかなりのどしゃ降りで、道が川のようになっていました。足首まで泥水に浸かったのは今回が初めてな気がします。

一斉に帰り始めたのでシャトルバス発着所までの道が渋滞して、ぼくがバスに乗ったのは発表されてから1時間半後でした。日が落ちても強い雨が降り続けて冷たい風も吹いて、本当に大変でした。運営の方々、本当におつかれさまでした。本当に大変な1日でした。

 

車に戻ったら今度は道路が渋滞していて、清原工業団地から国道123号に乗るまでかなり時間がかかりました。「今日という日を無駄にしない」のスローガンのもと、家に帰って浴衣の処理をして、ラーメンを食べに行くことにしました。

 

 

そしてまだ早い時間だったので、ダーツ・ボウリングに行くことに。遊んでいるうちに、わずかですが花火が中止になった悔しさが紛れてきました。

そして今日、せっかくなので個人的に花火大会をすることにしました。最近はコンビニでも花火を売っている(あまり買う人はいない)ので、コンビニで買ってささっと花火をすることに。

 

 

ろうそくを立たせるものがなかったり、途中で少し雨が降ってきたりしましたが、ぼくにとっては数年ぶりの花火を楽しむことができました。

それでもどうしても花火が見たいので、あさって14日(火)に栃木県茂木町のツインリンクもてぎで開催される花火大会に行く予定です。そういうわけなので泥まみれになった浴衣を家で手洗いして、あさってまで乾かしている次第です。

 

そういえば昨日、人生で初めて耳の奥から血を出しました。「涙が出るほど痛い」という言葉がありますが、昨日は本当に涙が出てきました。痛みもなく聴覚に異常もないのですが、外耳炎などの可能性があるため念のため耳鼻科に行く予定です。

そんな感じで、平成最後の夏休みが始まりました。平成最後の夏休み王はぼくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です