【栃木・茨城】益子町の「ひまわり祭り」に行って、そばを食べてカモを見てつくば市の「筑波山」に行って男体山頂からの絶景を見てきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

みなさん今日もおつかれさまでした。昨日今日ととても涼しくて過ごしやすかったです。昨日はおなじみ栃木県日光市の「中禅寺湖」に行ったのですが、今日は栃木県益子町・茨城県桜川市に寄って、茨城県つくば市の「筑波山」まで行ってきました。

 

栃木県益子町「ひまわり祭り」

 

去年行った時にそのスケールの大きさに感動して、絶対に来年も行こうと思っていたのですが今日ついに行くことができました。およそ10ヘクタールのひまわり畑です。

今年は8月11日(土)〜19日(日)ということで、祭りも終盤にさしかかっていてこうべが垂れているひまわりが多くありました。でも小さめのひまわりは元気そうで、もうしばらくは楽しむことができそうです。

 

 

ひまわり畑の中央から真岡方面を見た風景です。ひまわりは太陽を向きがちなので南か西を向くと正面から見ることができます。ひまわり畑のすぐ西に小さな山が連なっているので青空・山・ひまわりといい感じになりました。

 

 

ひまわりにもいろいろ種類があるので、違いを探して見るのも楽しいと思います。中央の物見櫓には「ひまわりサミット」というのぼり旗が立っていました。

「野木町・益子町・上三川町のひまわりを楽しもう!」みたいな感じだと思います。栃木県にはたくさんひまわりの名所があって嬉しいです。夏といえばひまわり。

 

どこのひまわりもきれいなので、タイミングが合えば行ってみてください。ここ益子町のひまわり畑のすぐ近くには「道の駅 ましこ」があるので、ここに来たら道の駅に寄ってみるのもおすすめです。

 

ひまわり祭りについて

 

所在地 : 栃木県芳賀郡益子町上山地区

 

栃木県益子町「萩そば」

 

宇都宮市の情報誌「もんみや」に新店として載っていたので行ってみることに。ぼくの大好きな国道123号の少し南にありました。そしてひまわり畑のすぐ近くでした。

 

 

今年2018年5月にオープンしたばかりの新店ということで、店内はとても新しくきれいで居心地のいい空間でした。何にするか迷ったのですが、もんみやに載っていた「天せいろ」にしました。

 

天せいろ 1,100円(税込)

 

こちらが「天せいろ」です。まさかの1,100円(税込)です。しかも…

 

 

食後にはおいしいコーヒーとデザートが。そばを頼めばこちらは無料です。そういうわけでびっくりするほどお得なメニューでした。いろいろなそば店に行きましたが、これほどまでのてんこ盛りメニューは見たことがありません。

味の方も申し分なく、胃袋も満たされたので大満足です。広々とした空間におしゃれな装飾がされていて、精神的にも満たされる幸せなお店でした。

 

ここはお店と厨房が離れているのですが、幸運なことにご主人と話す機会がありました。お店のこととか料理へのこだわりを聞かせていただきました。情熱を持ってお店を営んでいる、笑顔が素敵な方でした。

 

萩そばについて

 

所在地 : 栃木県芳賀郡益子町七井2382

営業時間 : 11:30〜14:30 / 月水金曜定休

 

茨城県桜川市「雨引観音」

 

益子町に別れを告げて、県道を走って茨城県桜川市へ。ぼくが個人的に大好きな場所である「雨引観音」へ向かいました。河津桜を見に行ったり、紫陽花を見に行ったり、今年に入って何度も訪れている場所です。

2018年3月18日の記事は こちら です。4月15日の記事は こちら です。 6月9日の記事は こちら です。

 

 

「西の富士 東の筑波」で有名な筑波山がもうすぐそこに見えました。この時点ではまだ、数時間後に男体山頂に立っているなんて思いもしませんでした。

「雨引観音」は茨城県を代表するスポットで、吉日大安には多くの人が訪れます。前回行った時は大安でめちゃくちゃ混んでいました。今日はこれといって何もなかったので、かなり空いていて快適でした。

 

 

お参りをしたり景色を見たりする人が多いと思いますが、ぼくの場合はここでカモをじっと見つめることが多いです。ここには生きものがたくさんいて、カモだけでなく孔雀とかアヒルもいます。

 

 

ひさしぶりなのでみなさんに挨拶しました。ぼくは彼らが大好きです。

 

雨引観音について

 

所在地 : 茨城県桜川市本木1

 

茨城県つくば市「筑波山」

 

笠間方面に向かう予定でしたが、暑くなってきたので急遽予定を変更して筑波山に登ることに。急遽で筑波山に登るというこのフットワークの軽さ…

筑波山は標高877mとそれほど高くはないのですが、特徴のある形と目立ち具合で茨城県のシンボルのひとつとなっています。男体山・女体山の2つの峰を持っていて、古くから信仰の山として人々に愛されてきました。

 

前回ここに来たのは今年2018年1月21日なので、およそ7ヶ月ぶりの筑波山でした。前回は女体山側の山頂に行って、コマ展望台まで歩いてケーブルカーで筑波山神社まで行きました。詳しくは こちら です。

平成のうちに両方の山頂へ行こうという思いから、今日は筑波山神社からケーブルカーで上って、コマ展望台から歩いて男体山側の山頂へ行きました。

 

 

筑波山はいろいろなルートのいろいろな楽しみ方があるので何度行っても飽きることがありません。今回は筑波山神社の近くのパーキングに置いて、神社でお参りしてケーブルカーに乗りました。筑波山神社から少し階段を上ると「宮脇駅」というケーブルカーの駅があります。

 

 

ケーブルカーは往復大人1,050円でした。神社から歩いて男体山頂を目指すと2.4kmあるのですが、ケーブルカーを使えばそれが300mになるので十分に使う価値はあると思います。

 

 

所要時間は8分で、20分おきに運行されています。基本は単線なのですが、途中で複線になる区間があってそこで交換が行われます。ぼくのような田舎っぺには見慣れた風景ですが、都会の方には線路が1本しかないというのは見慣れない光景かもしれません。

そんなこんなで終点「筑波山頂駅」に着いたので、気を引き締めて山頂へ歩き始めました。

 

 

途中にはこんな感じのかなり険しい道もあって、女体山側よりもハードルが高めな印象。遠くがよく見えてしまうので高所恐怖症の方もご注意ください。かなり足がすくみます。

 

 

しばらく歩いて、ついに「男体山頂」へ着きました。女体山側よりもハードだったので達成感マシマシ。たったの300mですが、かなりハードでメンタルを消耗しました。

筑波山の標高は877mで男体山頂は標高871m、女体山頂の方が6mほど高いことをここで初めて知りました。宇都宮から見るとどっちがどっちなのかよくわかりません。

 

 

男体山頂からの景色です。こんなに遠くからでも東京スカイツリーとビル群が見えました。さすがトーキョーシティ。ふもとの方は田んぼが多く、この時期はなかなかきれい。

満足したので山道を下ってコマ展望台に戻りました。螺旋階段を登るとデッキに出ることができるのですが、今日のこのタイミングに限ってはこちらの方が見晴らしがよかったです。

 

 

土浦方面の景色です。遠くには日本第2位の面積を誇る湖「霞ヶ浦」が見えました。「霞ヶ浦」も茨城県を代表する観光スポットでおすすめです。

 

筑波山について

 

所在地 : 茨城県つくば市らへん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.