【茨城・大洗】那珂湊でまぐろ丼を味わって、水族館で魚たちを見て帰りに千波湖に寄ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

突然ですが、最近の我が家ではオセロが大流行しています。ルールはシンプルですが、とても奥の深いゲームだと思います。夜だったのでウィスキーをコーラで割った特製コークハイを飲みながらやりました。

 

 

夢中になって、結局4回戦までやってしまいました… ぼくは将棋をやっていたのですが、オセロにも将棋と同じような楽しさを感じます。相手がどこに置くかを予想してその先の展開を考える。こういう戦略ゲームが大好きです。

 

北関東自動車道

 

フットワークの軽いぼく(ら)は、思いつきで茨城県大洗町に行くことに。東京スカイツリーに行った時の反省を活かして、朝しっかり起きて早めに出発しました。

 

 

新4号国道を経由して、上三川宇都宮ICから北関東自動車道へ。夏休み中ですが平日なのでスイスイでした。唯一の休憩所である笠間SAで休憩をして、一気にひたちなかICへ。

 

 

友部JCT・茨城町JCTを通過、だんだん海が近づいてきました。

 

 

ひたちなかICに着きました、宇都宮からおよそ90分。最近はずっと下道だったので北関東道のスピード感に驚きました。

 

茨城県ひたちなか市「那珂湊 海鮮丸」

 

次の水族館とどちらを先にするか迷ったのですが、こちらのお店の混雑を予想して先に食事をすることに。平日ですが市場はとてもにぎわっていて、飲食店は並んでいるお店もありました。

 

 

こちらが「那珂湊 おさかな市場」です。茨城県でも代表的な観光スポットです。ぼくは海なし県・栃木県の住人なのでこういう場所が大好きです。

今年の梅の時期に行った「東光庵」というお店に行こうと思っていたのですが、行ってみたらお店が閉まっていたのですぐ左にあるおととしの梅に時期に行った「那珂湊 海鮮丸」へ。並んでいたのですがすぐに入ることができました。

 

 

たくさんメニューがあるのですが、やはりぼくが愛してやまないまぐろの丼にしました。カウンターに並んで座ったので、お店の人たちが料理をしているのを見ながらいただきました。茨城といえば海、海といえばまぐろ。

 

那珂湊おさかな市場について

 

所在地 : 茨城県ひたちなか市湊本町19-8

営業時間 : 店舗によって異なる

 

茨城県大洗町「アクアワールド茨城県大洗水族館」

 

那珂川の近くの海岸にあって、淡水魚・海水魚合わせて580種類もの生きものを見ることができます。またイルカショー・ペンギンショーも大人気です。

いつ行っても混雑しています。無料の駐車場がめちゃくちゃ広くてびっくりしました。駐車場のすぐ横は海なので、海沿いを歩いて水族館へ向かうのがおすすめです。

 

 

ここにも“恋人の聖地”が。スマホのインカメで写真を撮っていたら、いきなりおじさんに「どれ写真撮ってやっから」と言われて、スマホを渡したらおじさんの奥さんらしき方にスマホが行き渡って、結局その方に写真を撮っていただきました。

 

 

そんなこんなで入館。さすが海の水族館です。どこぞの水遊園とは全然違った雰囲気でした。

 

 

大好きなペンギンさんが。地上と地下からその優雅な動きを見ることができました。こちらは「フンボルトペンギン」で、暖かく乾燥した地域に生息しています。そのイメージと違って寒さに弱いそう。

陸地ではのんびり歩いていましたが、一方の水中では見失うほどのスピードで泳いでいました。我が家にいるペンギン(のぬいぐるみ)よりもたくましい表情をしていました。

 

 

大人気のカピバラさんもいました。

 

 

チンアナゴ

ああチンアナゴ

チンアナゴ

 

アクアワールド茨城県大洗水族館について

 

所在地 : 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3

営業時間 : 9:00〜17:00 / 無休

 

茨城県大洗町「大洗磯前神社」

 

さっきの「おさかな市場」「大洗水族館」からすぐ近くにある「大洗磯前(いそさき)神社」へ。海沿いの道路から急坂を上った先に神社があります。いつもより空いていました。

 

 

神社と海が階段で繋がっているという個性的な神社です。「ガールズパンツァー」という女の子が戦車で戦うアニメの聖地的な場所になっています。アニメのキャラクラーが描かれた絵馬がたくさんありました。

 

 

境内は工事中で物々しい雰囲気でした。お参りをして、長い急な階段を降りて道路を渡っていざ太平洋へ。

 

 

今日の太平洋は、「海よ〜 おれの海よ〜」と歌い出したくなるような勇ましい海でした。突然の強い波で服がびしょ濡れになる人を何人か見かけました。

海に行く格好なら大丈夫ですが、普段の服装の人は注意してください。強い波が足元にきた瞬間にジャンプして回避すれば最高にクールです。ぼくは次は海に行く格好で行こうと思います。

 

 

大洗海岸の磯部には「神磯の鳥居」という鳥居があります。鳥居の先に朝陽が見えるという絶景スポットとなっています。また大己貴命(おおなむちのみこと)が降り立った地としてとても神聖な場所とされています。

また鳥居の近くで水しぶきが上がる風景は圧巻の一言で、この日も多くのカメラマンがその瞬間を待っていました。今日は海が荒れていたおかげでいい水しぶきを捉えることができました。

 

大洗磯前神社について

 

所在地 : 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890

 

茨城県水戸市「千波湖」

 

最後の目的地、茨城県水戸市の「千波湖」へ。先ほどの神社からの距離はおよそ15kmで、帰りにちょっと寄っていくのにもおすすめです。でもぼくは、ここをメインの目的地にしてもいいと思っています。

 

 

やってしまった。露出を合わせようとして、かわりにピントがぼけました。

 

 

どんどん進んで市街地へ。ここから国道50号経由で群馬県前橋市まで繋がっているよう、さすがは“元祖・北関東道”です。

 

 

ここ千波湖は、梅の名所・偕楽園のすぐ下にある湖です。とても自然が豊かなところで、多くの人に愛されています。湖では白鳥・黒鳥・カモ・ハト・コイなどが暮らしていて、彼らの優雅な生活を間近で楽しむことができます。

 

 

手を振ったら彼らから近づいてきてくれました。ここの生きものたちは警戒心がまったくありません。動画を撮っていたら、どんどん近づいてきてスマホを食べられそうになりました。

 

 

平和な世界。

 

 

水戸光圀像の横にあるカフェ「好文cafe」で休憩。かなり空いていて静かでした。ぼくはコーヒーと白鳥シューをいただきました。ガラス張りになっているので、千波湖・水戸市街地を見ながらティータイムを楽しむことができます。ランチもおすすめ。

 

 

手こぎボートに乗ろうと思って歩いていたら、散歩中の白鳥(ビッグサイズ)とすれ違いました。このように遊歩道にも生きものがいるので、歩み寄って写真を撮ることができます。

 

千波湖について

 

所在地 : 茨城県水戸市千波町

 

宇都宮までの道のり

 

 

帰りは国道50号を経由して、水戸南ICから北関東自動車道へ。水戸市街地と国道50号がそこそこ混雑していたので、北関東道に乗るまで少し時間がかかりました。

 

 

茨城町JCTを通過、標識の北関東道に”宇都宮”の文字があるのが嬉しいです。東関東道は茨城空港に繋がっているそう、そういえば今日は何度も飛行機を見かけました。

 

 

友部JCTを通過、西に走っていたので夕焼けがきれいでした。栃木県の日光道を走った時と同じく、何度もフロントガラスに虫が衝突してきました。おかげでどんどん視界が悪くなっていきました。

 

 

水戸ー宇都宮の唯一の休憩所である笠間SAへ。道の駅と違って夜遅くまでフードコートがやっていました。すばらしい。そば・うどんのお店だったのできつねそばにしました。おいしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です