【栃木・宇都宮】東武の近くの「元町家」でラーメンを食べて、シャツを買ってお参りして「三芳」であんみつを味わってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日はずっと雨だと思っていたのですが、意外といい天気だったので東武宇都宮あたりを散策してきました。何も食べていなかったので、まず大通りにある家系ラーメン店「元町家」へ。

 

栃木県宇都宮市「元町家」

 

 

宇都宮エリアにはかなり家系ラーメン店がありますが、ぼくはここがそのトップだと思っています。今日は土曜ということで、13:00くらいに行ったのですが並んでいました。

ぼくは高校生の時からここでラーメンを食べていました。以前は家系とかジパングとかが大好きだったのですが、最近は加齢の影響であっさり系が好きになりつつあります。

 

最近はあまり行っていなかったのですが、今日は家系の気分だったので迷うことなくここへ。食券を買って下野新聞を手に取ってしばらくしたらカウンターに通されました。

 

ラーメン 680円(税込) / 大盛り 150円(税込)

 

ここのラーメンは本物の家系です。そもそも「家系ラーメンとは何か」ですが、横浜家系といわれるように神奈川県横浜市の「吉村家」から始まったラーメンです。「東京の醤油と九州の豚骨を混ぜてみた」結果として家系ラーメンは誕生しました。

 

家系ラーメンの定義としては、

・ 濃厚豚骨醤油のスープ

・ 中太のストレート麺

・ トッピングはのりとチャーシューとネギとほうれん草

です。コンビニで売っている家系ラーメンにも同じようなことが書いてあるはずです。

 

ここ「元町家」のラーメンはその家系ラーメンの定義を見事に具現化しています。スープは乳化系の豚骨醤油、麺は酒井製麺のものを使用しているそうです。券売機に書いてありました。そして大きな海苔が3枚ほど乗っています。

ぼくは以前よく横浜で家系を食べていましたが、ここ「元町家」のラーメンは本場・横浜に引けを取らないレベルの高い家系ラーメンだと思います。宇都宮で家系が食べたくなったら、ぜひ東武宇都宮の近くの「元町家」へ行ってみてください。

 

元町家について

 

所在地 : 栃木県宇都宮市池上町4-6 浜吉ビル1F

営業時間 : 11:00〜15:00 17:30〜22:00 / 水曜定休

 

満腹になったところで宇都宮二荒山神社に行こうと思ったのですが、神社に向かう途中でめちゃくちゃ気になるお店を発見してしまいました。ということで突撃。

 

栃木県宇都宮市「TOCHIGI MARKET」

 

 

お店の名前が「TOCHIGI MARKET」です。その名の通り店内は地元愛あふれる空間でした。せっかくですので、ぼくが買ったシャツをお見せしたいと思います。

 

 

まずは「国道4号」です。東京ー青森を南北に貫く、東日本の大動脈です。これ系のシャツは色が青のみでした。なぜか。勝手な推測ですが、きっと国道の標識が青だからだと思います。

 

 

続いて「国道123号」です。宇都宮に住んでいるぼくとしてはやはり4の次は123です。「ワンツースリー」の愛称で親しまれている国道123号は、栃木県宇都宮市と茨城県水戸市を結ぶ北関東を代表する幹線道路です。

国道のシャツはあと50と293があったのですが、今回はなじみの深い4と123を選びました。

 

 

そして「GYOZA」です。初めてみたキャラクターなのですが、文字のフォントがかわいいのと音楽にノッている感じが最高なので買ってみました。

 

 

買ったシャツは、このようなロゴ入りの封筒みたいなものに入れてくれました。封筒というかあれ、お米を入れるアレです。結びくちの紐のほどき方がわからなくて少し苦戦しました。

しばらくして気づいたのですが、ロゴの真ん中にあるのは栃木県だと思います。点が打ってあるのはきっと宇都宮市。こんなにイカしたロゴは初めて見ました。お店の雰囲気も対応もすばらしかったので、また今度行ってみたいと思います。

 

レジ横にはモニターがあって、バンドのMVが流れていていい感じでした。またレジもiPadで時代の最先端という感じ。こじんまりとした空間ながら洗練された美しいお店でした。お店のTwitterをフォローしたら返していただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。

 

TOCHIGI MARKETについて

 

所在地 : 栃木県宇都宮市馬場通り2-3-2

営業時間 : 12:00〜19:00

 

栃木県宇都宮市「三芳」

 

 

二荒山神社でお参りをして、駐車場側から坂道を下って神社横の老舗の甘味処「三芳(みよし)」へ。佇まいを見てわかる通り、かなり歴史のあるお店です。タウン誌「もんみや」にここのかき氷が載っていたので行ってみました。

 

 

玄関がすごいオーラを放っていました。高級料亭に来てしまったかのようです。初めてなのでドアを開けるのは緊張しましたが、開けてみたら昭和を感じる懐かしい空間がq広がっていました。

 

クリームあんみつ 480円(税込)

 

かき氷を食べるつもりで行ったのに、気づいたら目の前にはクリームあんみつが。今日は涼しかったので、また暑い日に行ってかき氷を食べようと思います。

 

あまーーーーーい!

 

スピードワゴン井戸田も驚く甘さでした。個人的にはバナ〜ナがおいしかったです。おしるこ・ぜんざい・あんみつ・みつあめ・ところ天などメニューが豊富で、うどんと冬期は雑炊まであるので軽食を楽しむのもおすすめです。

余談になりますが、お会計の時にぼくのフォーマルである「阿夫利」のシャツについて突っ込んでいただきました。このシャツを着ていると行く先々で声をかけられてコミュニケーションが生まれます。こういうのもファッションが担う役割だと思います。

 

三芳について

 

所在地 : 栃木県宇都宮市馬場通り1-1-20

営業時間 : 火〜金 11:30〜18:00 土日祝 11:30〜17:00 / 月曜定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です