【茨城・県西】常総市の「一言主神社」でお参りをして、古河市の「ネーブルパーク」でコイ釣りをしてきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日は茨城県下妻市・常総市・古河市に行ってきました。雨の予報で心配でしたが、少し通り雨があったもののほとんど晴れていてよかったです。

 

茨城県下妻市「道の駅 しもつま」

 

 

茨城県に行く時はここに寄って、まぐろ丼食べるのが定番になりつつあります。今日もオープンの少し前に着いたので、階段を上がって展望台から筑波山を見てからレストランへ。

 

まぐろ丼 1,080円(税込)・唐揚げ 100円(税込)

 

何度も紹介していますが、何度でも紹介します。ここのまぐろ丼は最高です。リーズナブルながら、今日も大きなまぐろが5枚も乗っていました。酢飯との相性は抜群で、添えられた錦糸玉子がその味を一層引き立てています。

 

道の駅 しもつまについて

 

所在地 : 茨城県下妻市数須140

営業時間 : 店舗によって異なる

 

茨城県常総市「一言主神社」

 

そのまま国道294号を南下して常総市へ、初の「一言主神社」へ向かいました。大和の葛城山から一言主神を迎え祀ったのが始まりといわれています。

さっきの道の駅の近くに看板があって「一言主神社 18km」と書いてありましたが、ナビを入れたら28kmありました。かなり南まで下ってきて、千葉県野田市がもうすぐそこでした。

 

 

駐車場がたくさんありました。毎年9月に行われる「からくり綱火」には多くの人が足を運ぶようです。

 

 

神社を見て「水戸の常磐神社に似ているな〜」と思いました。御祭神の一言主大神は、一言だけの願いも聞き逃さず応えてくれるそうなのでしっかりお願いしておきました。

 

 

境内に猫がいたので、少しコミュニケーションをとってみました。道のど真ん中で眠っていて、触ってもまったく動じないマイペースな猫でした。

 

 

かわいい。

 

一言主神社について

 

所在地 : 茨城県常総市大塚戸町875

 

茨城県古河市「ネーブルパーク」

 

 

国道354号で坂東市・境町を経由して古河市へ。「ネーブルパーク」という公園に初めて行ってきました。釣り堀・アスレチック・地下迷路・研修センターなど何でもあるとても広い公園です。

 

 

少し雨が降ってきたので雨宿りして、雨が上がったところで第1駐車場横の釣り堀へ向かいました。1日500円でコイ釣りを楽しむことができます。ぼくがよく行く釣り堀は30分700円なのでその安さに衝撃を受けました。

お金を払って釣り竿・えさ・網を借りて、好きな場所で釣りを始めることができます。そこそこ人がいたのですが、池がとても広いので落ち着いて釣ることができました。

 

 

あそこは狭くて釣りづらいのですが、ここは広くてたくさんコイがいていい釣り堀だと感じました。しかも1日で500円ということで、イスとかパラソルを持ち込んで釣りをしている人もちらほら。

えさを投げるとすぐに集まってくるほど空腹だったようで、糸を垂らしたらすぐに突かれました。最初にかかった時はいつものように水上にあげてしまって、糸が切れて針も持っていかれてしまいました。お店の方に言ったら、20円で新しい釣り糸をつけてくれました。

 

掲示板には糸が切れた時以外にもえさの追加などにかかる値段が書いてあって、長い時間釣りを楽しむ感じの釣り堀だと思いました。水際は風が吹いていて涼しく、つい夢中になって2時間くらい釣りをしました。

最初は調子がよかったのですが、コイの偏差値が上がったのか少しずつ釣れなくなってきました。何度か突かれてそれから大きく沈むのですが、タイミングが違うのかうまく釣り上げることができませんでした。たかがコイ釣り、されどコイ釣り。修行は続きます。

 

 

少し休憩して、道路を渡って「大地の広場」などがある方へ行きました。「湧く池」「キスゲ園」「ほたるの里」など自然を堪能できるエリアです。キスゲが1本だけ咲いていました。

 

ネーブルパークについて

 

所在地 : 茨城県古河市大字駒羽根620

 

まとめ

 

 

今日はおよそ14,000歩でした。なかなか歩いた方だと思います。思いつきで出かけたのですが、まぐろ丼・神社・コイ釣りとかなり充実した休日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.