【茨城・大子】竹末道の駅本陣でラーメンを食べて、大子町のパワースポット「月待の滝」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

昨日は茨城県下妻市・常総市・古河市に行ったのですが、今日は同じ茨城県でも北の方の大子町に行ってきました。まずは国道4号・293号を経由して、お昼を食べるために「道の駅 きつれがわ」へ。

 

 

このあたりは、以前クロスバイクでさくら市の北の矢板市に行った時に通ったのでとても思い入れがあります。今日もあの日の記憶がよみがえって来ました。詳しくは こちら です。

 

道の駅 きつれがわ

 

 

日本三大美肌の温泉があるめずらしい道の駅です。去年2017年4月に「大正ロマン・モダン」をコンセプトにリニューアルしてから、これまで以上に多くの人が足を運ぶようになりました。

農産品・特産品の直売所はもちろんのこと、レストランとカフェ、そして温泉まであるというかなり充実した道の駅となっています。しかも国道293号沿いという抜群のアクセスのよさもあって、今日もかなり混雑していました。

 

 

目的はそう、ラーメンです。ぼくはキャロルなどの竹末系のラーメンが大好きなのですが、ここの道の駅にもその系列店があります。それが「竹末道の駅本陣」です。

名物は「ごちそう喜連川ラーメン」というヤシオマス・喜連川産の鮎から取ったダシのラーメンなのですが、前回来た時にそれを食べたので今回は無難に醤油ラーメンにしました。

 

関連記事 : 【栃木・宇都宮】あっさりの極み「RAMEN CAROL」に行ってきた

 

所在地 : 栃木県さくら市喜連川4145-10

営業時間 : 店舗によって異なる

 

茨城県大子町「月待の滝」

 

 

国道461号で茨城県大子町に入りました。「道の駅 奥久慈だいご」「袋田の滝」そして「月待の滝」など観光スポットがたくさんあるぼくの中で最近熱いエリアです。

 

関連記事 : 【茨城・県央】高さ120mの「袋田の滝」に行ってバンジーの名所「竜神大吊橋」に行って、水戸市にある「大塚池公園」で白鳥たちを見てきた

 

 

茨城県大子町といえば日本三名瀑に数えられることもある「袋田の滝」ですが、こちらの「月待の滝」もかなりの人気を誇っています。喜連川でラーメンを食べてから行ったのですが、第1駐車場は満車だったので上の第2駐車場を利用しました。

 

 

趣深い看板が。

 

 

道路から急坂を下るとすぐに滝が見えてきました。こちらが「月待の滝」です。滝との距離感はかなり近くて、栃木県でいうと那須塩原市の「乙女の滝」のようでした。

 

 

ここ「月待の滝」の特徴はやはり「滝の裏側に入ることができる」ということです。栃木県日光市にも「裏見の滝」という滝がありますが、今は裏に行くことができません。初めてここで滝の裏側に入りました。

滝の近くには「月待の滝もみじ庵」というレストランがありました。地元の人たちも知らなかったこの滝を、どうにかして見てもらいたいという願いからできたお店だそうです。地下水を使った石臼挽きそば、自家焙煎のコーヒーなどがおすすめです。

 

月待の滝について

 

所在地 : 茨城県久慈郡大子町川山1369-1 / もみじ庵

 

茨城県大子町「永源寺」

 

 

滝から国道461号で少し馬頭方面に戻って「永源寺」というお寺に寄りました。「もみじ寺」とも呼ばれていて、紅葉シーズンには境内を埋め尽くすもみじが美しい風景を見せてくれるそうです。今日は下見で行ったのですが、本当にもみじだらけでした。

 

 

今はシーズンではないのでまったく人がいなくて、入っていいのか心配になるほどでした。しかし検索すると観光地として情報がたくさん出てきます。紅葉の写真がきれいだったので秋が楽しみです。

 

 

国道461号とお寺の間には、茨城・水戸と福島・安積永盛(郡山)を結ぶ水郡線が走っていました。車体がかなりカラフルですが、全線単線・全線非電化というかなりのローカル線です。

 

永源寺について

 

所在地 : 茨城県久慈郡大子町大子1571

 

栃木県壬生町「産直Dining 大森商店」

 

 

最後に最近よく見かける「産直Dining 大森商店」に行きました。西川田の栃木街道沿いにもあるのですが、今回は壬生の方へ。ほぼ県道2号・栃木街道沿いにあります。どちらも栃木街道沿い。

ここは契約農家から仕入れた野菜、地元の農場で育てられた豚など、地元の食材をたくさん使った料理を堪能できるお店です。居酒屋といえば居酒屋なのですが、店内はカフェのようなおしゃれなインテリアでした。

 

 

サラダを頼んだらびっくり。これでスモールサイズです。サラダだけで満腹になりそうだと思いつつ、きゅうり・ポテトなども食べました。そして最後に那須御用卵を使った「本気のT・K・G」という卵かけご飯を食べました。

店内は落ち着いた雰囲気で、席も広くのんびりを食事を楽しむことができました。最初は料理が少し高めだと思いましたが、それぞれのメニューがしっかりしているのでとても満足です。

 

おしゃれな店内で手の込んだ料理を楽しむことができました。時の流れが遅くなったように感じて、気づいたら長居してしまいました。しかし少し外を見るとタイヤ館、すぐ近くにはしまむらとコープがあるという変な感じ。

 

産直Dining 大森商店について

 

所在地 : 栃木県下都賀郡壬生町至宝3-9-5

営業時間 : 17:00〜24:00 / 月曜定休

 

まとめ

 

 

今年に入って何度も大子へ行っているので、家から大子までの道をほとんど覚えてしまいました。栃木県も茨城県も、どちらも自然が豊かでいいところです。

 

 

午前中はかなり天気が悪かったのですが、午後になって回復して晴れ間が広がりました。やはりどこに行くのにも晴れている方がいいものです。最近空を見上げるのが好きで、気づいたらぼーっと空を見上げて雲を追いかけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.