【栃木・鹿沼】人気店「麺’s たぐち」で鶏骨ラーメンを食べて、粟野のヒガンバナ群生地に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

鳥羽・伊勢旅行を終えて、日常生活に戻りました。1日目の鳥羽エリアの記事は こちら です。2日目の伊勢エリアの記事は こちら です。そして今日は栃木県鹿沼市へ、ラーメン・そばそしてヒガンバナを楽しんできました。

 

栃木県鹿沼市「麺’s たぐち」

 

 

食べログでは鹿沼エリア1位という人気のラーメン店です。栃木県鹿沼市はここ以外にも竹末・匠仁坊など人気店がたくさんあるラーメン激戦区です。匠仁坊に行った時の記事は こちら です。竹末に行った時の記事は こちら です。

「麺’s たぐち」の場所は、鹿沼環状線・千渡交差点の近く。ケーズデンキの北側にお店がありました。最近の鹿沼エリアは新しいお店ができたり、「いちご市」として知られるようになったり、2019年6月にはホテルルートインが開業したりじわじわ盛り上がっています。

 

鶏骨ラーメン 全粒粉麺(細麺) 780円(税込)・餃子3個 190円(税込)

 

初回だったので基本の「鶏骨(けいこつ)ラーメン」にしました。こちらは鶏ガラだけで作ったスープだそうです。また麺を選ぶことができて、普通と全粒粉麺にそれぞれ細麺と太麺、そして竹炭麺の細麺と種類が豊富でした。

今回は全粒粉麺の細麺にしてみました。普通の麺(小麦粉)は、外皮・胚芽を取り除くという過程があるのですが、全粒粉麺はその外皮・胚芽が入っているわけです。栄養に関しては、玄米などと同じく栄養価が高いようです。

 

 

本当に鶏ガラだけなのか、と思うほど濃厚なうまみを感じました。小麦の香りを感じる全粒粉麺は食べやすく、スープとうまく絡んでいました。またデフォルトで煮卵が載っていて、黄身がトロトロで最高でした。

 

麺’s たぐちについて

 

所在地 : 栃木県鹿沼市千渡1268-9

営業時間 : 11:30〜15:00

 

栃木県鹿沼市「まちの駅 新・鹿沼宿」

 

 

東武日光線・新鹿沼駅の近くにある、個人的な観光スポットです。ここでは宇都宮からの国道121号、足利からの国道293号、壬生からの国道352号が少しだけ重複する区間があります。そういうわけで標識が窮屈そうです。

 

 

満腹になったところで、まちの駅 新・鹿沼宿へ。そば店・喫茶コーナー・物産館・屋台村などがあるまちの駅です。今日はここの「大越路」のニラそばを食べるために訪れました。地元産の新鮮なそば粉を、毎朝その日の分だけ挽いているそうです。

 

ニラそば 680円(税込)

 

なぜそばにニラが載っているのか疑問ですが、ここではニラそばがスタンダードのようです。世界遺産のある日光市に隣接する鹿沼市は、関東有数のそばどころとして有名です。また鹿沼市はニラの産地でもあり、どういうわけかこれらを一緒にしてしまったようです。

ニラ単体・そば単体ではおいしく感じたのですが、一緒に食べたら味がわからなくなりました。それぞれ別々に食べるとおいしいのですが、一緒に食べると微妙というのが率直な感想です。同市下永野に本店があるようなので、機会があれば行ってみようと思います。

 

 

さっきよりも満腹になったところで、食後のデザートに横の喫茶コーナーでかき氷を食べました。練乳がけで350円だったのですが、昔ながらの気取らないかき氷でおいしかったです。もうすぐ秋まつりがあるので、その時にもここに寄ってみたいと思います。

 

まちの駅 新・鹿沼宿について

 

所在地 : 栃木県鹿沼市仲町1604-1

営業時間 : 店舗によって異なる

 

栃木県鹿沼市「遊の郷 彼岸花群生地」

 

 

次に「遊の郷 彼岸花群生地」へ。東武日光線・樅山駅からしばらく西へ進んだ田舎の方にありました。自転車で行こうと思っていたのですが、自転車で行かなくてよかったです。あまり行かないエリアなのですが、そこには「日本の原風景」が広がっていました。

 

 

Google Mapにも「彼岸花群生地」と載っていたので有名なのかもしれません。駐車場から粟野川を渡ると目の前に群生地が広がっていました。そこそこ広い群生地で、歩きやすいように遊歩道で囲まれていました。

 

 

ヒガンバナは全草有毒植物で、花・草・球根までも毒を持っています。そしてかなり強力な毒で、球根ひとつで1,500匹のネズミをあの世へ逝かせてしまうそう。そんなヒガンバナは、別名が1,000種類くらいあって「曼珠沙華」「死人花」などが有名です。

 

 

群生地の近くに、“かかし”がたくさん並んでいるところがありました。調べてみたら、毎年9月に「かかし祭り」というのが開催されているようです。最近テレビ・ニュースなどで話題になった方のかかしがたくさんありました。そしてなぜかファミチキ先輩も。

 

 

そういうわけで、今年は群馬県伊勢崎市に続いてここ栃木県鹿沼市でもヒガンバナを見ることができました。今年2月から始まった花をたくさん見る計画がかなり順調に進んでいます。明日はどこへ行こうかな…

 

関連記事 : 【群馬・伊勢崎】「彼岸花の里」で秋の訪れを感じて、帰りに桐生市の「桐生が岡動物園」でペンギンたちを見てきた

 

遊の郷 彼岸花群生地について

 

所在地 : 栃木県鹿沼市中粟野314

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です