【栃木・鹿沼】奥日光の帰りに「鹿沼秋まつり」に行ったら大迫力すぎた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

数分前に奥日光紅葉レポートをあげたのですが、その続きです。【栃木・奥日光】紅葉の名所「竜頭ノ滝」「湯滝」「湯ノ湖」そして「戦場ヶ原展望台」に行ってきた もぜひお読みください。奥日光は今がおすすめです。

 

栃木県鹿沼市「鹿沼秋まつり」

 

国道293号の黒川の橋の上で男体山をバックに記念撮影

 

国指定重要無形民俗文化財そして2016年にはユネスコ無形文化遺産にも登録された「鹿沼秋まつり」へ。「鹿沼秋まつり」こと鹿沼今宮神社祭では、例大祭に行われる華麗な彫刻の山車が巡行します。今年2018年は10月6日(土)・7日(日)の開催でした。

 

今回は少し離れた「花木センター」に駐車、往復100円のシャトルバスで会場近くまで向かいました。「花木センター」は今年7月に「そば天国」というそば祭りで行ったのでなじみがあります。7月7日の記事は こちら です。

「情報センター」というところでシャトルバスを降りて、そこからは徒歩で向かいました。まだ明るく時間があったので、会場近くの「まちの駅 新・鹿沼宿」で休憩することに。9月22日に大越路そばを食べた時ぶりです。詳しくは こちら です。

 

 

ぼくの大好きな交差点が会場の中心地になっていて嬉しかったです。国道を山車が走る光景は圧巻の一言に尽きます。ぼくは何度も徒歩・自転車・車でこのあたりを通っているので、見慣れた景色の中で祭りが行われている非・日常感がありました。

 

 

まちの駅に向かう途中に少し寄り道して「今宮神社」へ。境内もお祭りモードでした。お参りをしていて、もう何年も前ですがここに来たことがあるような気がしました。境内は広く落ち着いた雰囲気で、木々は色づき始めていていいところでした。そして裏道を通ってまちの駅へ。

 

 

まちの駅の駐車場がフードコーナーになっていて、知っているお店がたくさんありました。とりあえずビールを一杯、そしてあの「おおつか」のテントで牛串を買いました。ぼくが行ったのは宇都宮の下栗のお店ですが、鹿沼にもお店があるみたいです。

 

 

そして上都賀庁舎の近くにある「鶏正」のテントでは「軍鶏ラーメン」を買いました。今年2月9日にお店で白河ラーメンを食べたのですが、なかなかおいしかったです。個人的には宇都宮のみうらよりおすすめです。詳しくは こちら です。

 

 

そんなこんなで少しずつ盛り上がってきました。あちらこちらからお囃子(はやし)が聴こえてきて、しかも酔っていたのでいい気分でした。初めて来たので詳しいことはわかりませんが、しばらくしたら一度静かになって挨拶がありました。そして花火が上がりました。

 

 

きっと今年最後の打ち上げ花火です。

 

 

これで終わってしまったのかと思いましたが、本当の祭りはこれからでした。目の前の山車についていったら、市役所前交差点(国道121・352号と国道293号の交差点)に着きました。しばらく待っていると、目玉である「ぶっつけ」が始まりました。

 

 

この「ぶっつけ」には2つの意味があるそうです。ひとつが交差点などで彫刻屋台が向かい合って、お囃子を激しく演奏しあって調子を狂わせずに演奏するのを競うこと。もうひとつが9月上旬に行われる仮屋台の奉納行事のことです。

向かい合ってお囃子を演奏する「ぶっつけ」には流れがあって、その流れがマイクで説明されました。まずはお客さんを囲むようにぶっつけをして、一度ばらけて今度はお客さんは外から見るという形でした。説明がわかりやすくてよかったです。

 

 

最初のぶっつけの時に中心から見たのですが、フェス会場のように激しくてびっくりしました。何度か押しつぶされそうになりました。フェス会場で前の方に行っておしくらまんじゅうされたのが懐かしいです。祭りではお囃子に合わせてモッシュのような感じになっていました。

そしてアンコールを経て、ここでのぶっつけは幕を閉じたように見えました。朝早くから出かけていたので、そろそろ帰ることにしました。シャトルバス乗降場に向かう途中、交差点で屋台が集まって歌声が聴こえてきました。

 

 

情報センターに着いたらバスが数台待機していて、すぐに乗り込むことができて快適でした。20分間隔で運行されていて、花木センター最終は21:50というすばらしいバスでした。しかもよく見る乗合バスではなく高速バスのような広々としたバスでした。これで往復100円です。

物心ついてから初めて行ったのですが、思っていた以上の大迫力で度肝を抜かれました。会場へのシャトルバスは快適で、まちの駅には屋台が並んでいて休憩スペースもあって、個人的には夏フェスに来たような気分になりました。

 

ユネスコに登録されるのも納得です。お祭りが好きな方、お囃子が好きな方、屋台が好きな方、ぜひ行ってみてください。その熱気に感動して、気づいたら夢中になってお祭りを楽しんでしまうと思います。ぼくは今年楽しかったので来年も行く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.