【栃木・県央】今年3月にオープンした「中華ソバ 俊麺製麺所」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今年2018年3月にオープンしたばかりの、宇都宮市西川田本町にある「中華ソバ 俊麺製麺所」に行ってきました。

 

栃木県宇都宮市「中華ソバ 俊麺製麺所」

 

 

場所は栃木街道の旧道の方、たいらや(スーパー)の近くにあります。ここには以前「ぼたん 宇都宮本店」がありました。お店はこじんまりですが、駐車場が意外と広かったです。21:00くらいに行ったのですが、店内かなりにぎわっていました。外観も店内もおしゃれな雰囲気。

 

かつて宇都宮市の不動前に「俊麺 なが田」というかなりの人気店があったのですが、そちらが今年2月に閉店してこちらに移転してきたという形のようです。俊麺は宇都宮市内に4店舗を展開しているグループです。

ここ俊麺製麺所。そしてベルモールのフードコートにある豪快豚骨GOTON。宇都宮市陽東地区にある陽東豚骨YOTON。そして鶴田のニトリの近くにある濃厚豚骨NOTONです。4店舗中3店舗が豚骨ラーメンのお店です。

 

 

こちらがメニュー。つけソバが推しらしいのですが、今回は初めてなので基本の「かさね中華ソバ」にしました。那須御用卵を使った半熟味玉をトッピングしました。メニューからも素材へのこだわりがうかがえます。

 

かさね醤油ソバ 半熟味玉のせ 850円(税込)

 

麺が細麺・手打ち麺とあったのでスープとよく絡みそうな細麺にしました。とても美しいビジュアルをしています。スープを一口飲んでみると、徹底的に無駄を排除した気高く気品のある味がしました。生揚げ・再仕込・吟醸の3種ブレンドで「かさね醤油」だそうです。

俊麺“製麺所”なので麺はもちろん自家製麺。とても喉越しのいい麺でした。細麺手打ち麺とありますが、このスープだったら細麺の方がいいと個人的には思います。あと上に乗っている大葉がいいアクセントになっていました。

 

 

焼豚・スープには、宇都宮市古賀志の里にある大柿畜産のブランド豚「みや美豚」が使用されているそう。今回食べた「かさね醤油ソバ」には低温調理のチャーシューが乗っていました。めちゃくちゃ柔らかかったです。

 

 

ごちそうさまでした。比較的遅い時間までやっているので、近くを通った時には寄ってみようと思います。一度も行くことなく「俊麺 なが田」は閉店してしまいましたが、こちら「中華ソバ 俊麺製麺所」で俊麺こだわりのラーメンを味わうことができて嬉しいです。

 

中華ソバ 俊麺製麺所について

 

所在地 : 栃木県宇都宮市西川田本町3-9-8

営業時間 : 11:30〜14:45 17:30〜21:45 / 不定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です