【栃木・奥日光】美しい紅葉を求めて、奥日光の「竜頭ノ滝」「湯滝」「湯ノ湖」そして「半月山展望台」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

先週に続いて今週も日光市の奥日光エリアを散策してきました。先週は6:30出発だったのですが、今日は5:40出発でした。おかげでスムーズに奥日光まで行くことができました。今週の方が紅葉していたのですが、天気が悪い予報だったせいか先週より人が少なかった気がします。

 

関連記事 : 【栃木・奥日光】紅葉の名所「竜頭ノ滝」「湯滝」「湯ノ湖」そして「戦場ヶ原展望台」に行ってきた

 

 

日光宇都宮道路に乗って一気に終点・清滝ICへ。まだ早い時間だったので日光道はかなり空いていましたが、清滝ICより先の国道120号は少し混雑しているように感じました。でも紅葉シーズンとしてはかなりのスムーズさでした。

 

栃木県日光市「竜頭ノ滝」

 

 

中禅寺湖を通過して、まずは「竜頭ノ滝」へ。まだ7:30より前でしたが観瀑台近くの駐車場は満車、先週に続いて今週も臨時駐車場に置きました。臨時駐車場から滝までは少し歩くのですが、その道も紅葉していて美しいので楽しいと思います。

 

 

こちらが今日10月14日の竜頭ノ滝です。7日前に見たばかりなのですが、7日前とは全然違う風景になっていました。男体山の噴火でできた溶岩の上を210mに渡って流れ落ちるこの滝は、普段見てもいい景色なのですが今の時期はより美しくなります。

 

10月7日撮影

 

先週もきれいでしたが、今日と比べるとまだ黄・赤が薄かった気がします。下野新聞にも載ったように、今が見ごろです。

 

 

今朝の日光市は雨の予報でしたが、雨は降らず時より晴れ間が見えました。

 

 

今日も「男体山」は美しかったです。国道120号沿いの木々も色づいていて「これぞ奥日光」という感じの風景でした。こちらの男体山は栃木県を代表する山で標高は2486m。男体山の麓にある滝・湖・湿原は男体山の噴火活動によりできたものです。

山自体が信仰の対象となっていて、山頂には日光二荒山神社の奥宮があります。二荒山(ふたらさん)とも呼ばれていて「ふたら」とは観音浄土の補陀洛(ふだらく)からきているといわれています。春〜夏の期間は中宮祠などから登ることができます。

 

竜頭ノ滝について

 

所在地 : 栃木県日光市中宮祠

 

栃木県日光市「湯滝」

 

 

竜頭ノ滝から国道120号で戦場ヶ原を抜けて「湯滝」へ。湯ノ湖の南端にある、高さ70m長さ110mの滝です。滝つぼの近くに観瀑台があって、そこから迫力ある湯滝の姿を見ることができます。前回は駐車場待ちをしたのですが、今日はすぐに駐車場に入ることができました。

 

10月7日撮影

 

こちらも先週より色濃くなっていました。湯滝に着いたら曇ってきて、しかも今日は水しぶきがすごかったのですがそれでも紅葉が美しかったです。

 

 

「湯滝」の横には「湯川歩道」という400mの階段があって、ここを登ると上の「湯ノ湖」に行くことができます。「湯滝」に行ったらぜひこの階段を登って上の「湯ノ湖」まで行ってみてください。階段が急なのでいい運動になると思います、転ばないようにご注意ください…

 

湯滝について

 

所在地 : 栃木県日光市湯元

 

栃木県日光市「湯ノ湖」

 

 

湯川歩道で湯ノ湖へ。先週は台風のような荒れ具合でしたが、今日は今まで見たことがないほど落ち着いていました。こちら湯ノ湖は三岳の噴火で湯川がせきとめられてできた湖です。紅葉の名所として有名ですが、マス釣りの名所でもあり解禁期間には釣り人がたくさんいます。

 

 

湯滝側の橋の上から撮ると、ガイドブックなどで見るアングルに近づけることができます。あいにくの曇り空でしたが、波が穏やかだったので水面に紅葉が映っている様子を撮影できました。「竜頭ノ滝」「湯滝」どちらも甲乙つけがたい美しさです。

 

湯ノ湖について

 

所在地 : 栃木県日光市湯元

 

栃木県日光市「三本松茶屋」

 

月見うどん 600円(税込)

 

「湯ノ湖」から国道120号を下って、竜頭ノ滝と湯滝の中間くらいにある「三本松茶屋」へ。先週ここの「竜胆」というお店で食べたラーメンがおいしかったので今日も食べようと思ったのですが、今日はもうラーメンが終わっていたので「月見うどん」にしました。

 

ソフトクリーム 300円(税込)

 

それから三本松茶屋の方でソフトクリームを食べました。男体山を見ながら食べるソフトクリームは最高です。ぜひ奥日光に行ったら、ここ三本松茶屋に寄ってソフトクリームを食べてみてください。ワッフルコーンもあります。

 

 

「竜胆」の玄関にはレトロな公衆電話がありました。

 

三本松茶屋について

 

所在地 : 栃木県日光市中宮祠2493

営業時間 : 7:00〜19:00

 

栃木県日光市「半月山展望台」

 

 

一度「中禅寺湖」の入り口にある大きな鳥居まで戻って、そこから右折して「中禅寺湖スカイライン」に乗りました。その「中禅寺湖スカイライン」の突き当たりに「半月山駐車場」があります。無料の広い駐車場です。

ここ「半月山駐車場」もいい景色なのですが、今日はここから歩いて登って「半月山展望台」まで行きました。男体山をバックに中禅寺湖を一望、また紅葉の時期には絶景が広がるというすばらしい場所です。ぼくは初めて登りました。

 

 

駐車場から展望台までの山道は、湯滝〜湯ノ湖の階段とは比べものにならないほど険しいものでした(個人の見解)。駐車場でさえ高い場所にあるのに、そこから山を登ったので目の前には上の写真のような世界が広がっていてとても怖かったです。

 

 

展望台までは600mでしたが、途中まったく標識がなく先が見えなかったためぼくは遠く感じました。個人的には命をかけて登ったのですが、残念ながら男体山はほとんど隠れていました。半月山展望台はあまり広くなく、紅葉シーズンには満員電車みたいな人口密度になりそうです。

 

 

展望台にはこのような標識があるので、それを参考に美しい風景を楽しむことができました。ここから何と竜頭ノ滝、そして戦場ヶ原とその先の湯滝まで見えてしまうのです。ずーっと向こうですが斜めに走る滝が見えて嬉しかったです。

 

 

そして中禅寺湖といえば、やはりこのでっぱり「八丁出島」です。いいタイミングで遊覧船が通ったのですが、曇っていたので遊覧船があまりきれいに写りませんでした。天気がいい日は本当に絶景らしいので、また機会があれば心の準備を整えて登ってみたいと思います。

途中の「中禅寺湖スカイライン」は以前は有料だったそうですが、今は無料で通ることができます。ただ注意点がひとつあって、中禅寺湖スカイラインを通行できるのは8:30〜17:00という点です。スカイラインの入り口にはゲートがあって、夕方から朝までは入ることができません。

 

半月山展望台について

 

所在地 : 栃木県日光市中宮祠 / 駐車場から徒歩30分

 

栃木県日光市「中禅寺・立木観音」

 

 

「中禅寺」は784年に日光開山の祖「勝道上人」によって建立されたお寺で、世界遺産「輪王寺」の別院となっています。 国重要文化財にもなっている「十一面千手観世音菩薩」は、勝道上人が中禅寺湖上に千手観音様をご覧になってその姿を桂の立木に彫ったといわれています。

 

 

その「十一面千手観世音菩薩」はご本堂の中に鎮座しています。外にあるベンチで少し待って、数人集まったところでお坊さんとともに中に入って説明を受けました。内部の写真撮影は禁止となっているのでご注意ください。

 

 

ご本堂から階段を登って「五大堂」に移動。不動明王、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王の五大明王が安置された場所だそうです。五大堂の天井には「大雲龍」という龍の絵が描かれていました。東照宮に似ている気がしたのですがどうやら同じ龍のようです。

 

中禅寺について

 

所在地 : 栃木県日光市中宮祠2578

 

栃木県鹿沼市「BARRACK D.M 竹末」

 

 

日光宇都宮道路・国道121号を経由して、栃木県鹿沼市の鹿沼環状線沿い「BARRACK D.M 竹末」へ。鹿沼エリアでは「麺’s たぐち」についで第2位となっています(2018年10月現在)。鹿沼エリアは最近かなりのラーメン激戦区になっています。

 

関連記事 : 【栃木・鹿沼】人気店「麺’s たぐち」で鶏骨ラーメンを食べて、粟野のヒガンバナ群生地に行ってきた

 

鶏中華 800円(税込)・焼豚チャーハン 250円(税込)

 

栃木県内に数店舗、そして東京にも店舗を構える大人気の竹末グループ、こちら鹿沼市の「BARRACK D.M 竹末」もオープンしてすぐに話題になりました。竹末グループで最も新しいお店のはずです。夜の部が始まってすぐに行ったのでまだ混雑していませんでした。

今回も基本の「鶏中華」そして「本日のチャーハン(焼豚チャーハン)」を食べました。今週末はどちらもラーメン・チャーハンを食べてしまいました… それ以外にもそばを食べたりうどんを食べたり、最近より一層麺類が多くなってきました。

 

BARRACK D.M 竹末について

 

所在地 : 栃木県鹿沼市西茂呂3–58-4

営業時間 : 11:30〜15:00 17:00〜21:00 / 木曜定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です