【レビュー】明星「白河らーめん とら食堂」を食べてみた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

最近どうにも時間がなく、やっとじっくり書く時間ができました。先日コンビニで、白河ラーメンの王者である「とら食堂」のカップ麺を見かけたのでご紹介します。

 

明星「白河らーめん とら食堂」

 

 

ラーメン好きなら一度は「とら食堂」を聞いたことがあるのではないでしょうか。福島県のご当地ラーメンといえば喜多方ラーメン・白河ラーメンですが、この「とら食堂」は白河ラーメンの発祥といわれています。

ぼくも今年2018年4月9日に東北道で「とら食堂」に行ったのですが、かなり混雑していて2時間くらい待った記憶があります。詳しくは こちら です。白河市内にはたくさん白河ラーメン店がありますが、やはりそのトップは「とら食堂」だと思います。

 

 

数日前にコンビニで「とら食堂」のカップ麺を発見、これは買わないわけにはいきません。そしてタイミングを見計らって食べることにしました。

 

 

中身は一般的なカップ麺と同じです。かやくがあって、粉末スープと液体スープ。かやくを入れて5分待ちます。

 

 

5分したら粉末スープ・液体スープを投入。完成しました。ビジュアルはやはりカップ麺らしいです。でもワンタンが乗っているので白河ラーメンらしさを感じます。詳しい歴史はわかりませんが、白河ラーメンといえばワンタンです。

 

食べてみたところ、麺が白河ラーメンに似ていました。同じような感じで森田屋などの佐野系のカップ麺もあるのですが、佐野系と比べてやはり白河ラーメンのアイデンティティである「もちもち感」を強く感じることができました。

本物の白河ラーメンとは距離がありますが、白河ラーメンはどんなものなのかを感じるのにはいいカップ麺だと思います。ぼくもこれを食べてまた福島県白河市に行きたくなりました。東北道で1時間ちょっとなので、また「とら食堂」そして他の人気店でも白河ラーメンを食べてみたいです。

 

とら食堂について

 

所在地 : 福島県白河市双石滝ノ尻1

営業時間 : 11:00〜14:30 16:00〜18:00 / 月曜定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です