真岡・大前神社、雪と梅のコラボレーション

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日の栃木県宇都宮市の最高気温は1度、まさかの1度でございました。また午前中から断続的に雪が降って、普段とはまったく違う景色になっていました。そんな中ぼくは、100円ショップで買った初心者マークを前後にぺたぺたして街へ飛び出しました。

宇都宮環状線沿いのラーメン店で中華そばを食べて、少し寄り道して宇都宮の道の駅「ろまんちっく村」へ。少し前にも行ったのですが、もう真っ暗でほとんど人がいなかったので改めて行ってみました。コーヒーを飲みながら窓越しに雪を眺める贅沢な時間を過ごしました。

 

そして梅の様子を見ようと栃木県真岡市の「大前神社」に行くことに。カーナビさんの”粋な計らい”で、道の駅から少し北上して新119号国道(宇都宮北道路)から宇都宮環状線に乗るというルートになりました。休日でしたがかなり交通量が少なかったです。

宇都宮環状線から新4号国道・国道123号・国道408号と、広い道そして狭い道いろいろな道路を走りました。そして無事に真岡市街地の「大前神社」に着きました。去年は2月〜3月にかけて何度も自転車で来た思い出深い場所です。

 

 

水戸の偕楽園で梅が咲き始めて、こちらはどうだろうと行ってみたら少し咲いていました。そして今日は幸か不幸か雪が降ったので、雪と梅のコラボレーションを見ることができました。普段は生暖かい風に吹かれてくしゃみを連発しながら見ているので新鮮。

 

 

えびすさまも雪を楽しんでいらっしゃいました。

 

 

梅と一緒に小さなさくらんぼも咲いていました。最近はあまり雪が降らないので、こうして植物に雪が乗っている光景はめずらしいものです。かなり気温が低かったのですが、それよりも雪が気になってそれほど寒さを感じませんでした。

 

 

次に国道352号で鹿沼市・壬生町境あたりにある黒川へ。日光市南部を源流として、壬生町・栃木市境で思川に合流する川です。真岡からすぐそこだと思ったのですが、新4号国道をまたいで国道4号をまたいで県道2号(栃木街道)をまたいでと意外と遠かったです。

黒川にも白鳥が来ていて、あまり人は来ないので”知る人ぞ知るスポット”という感じになっています。写真ではわかりにくいですが、かなり元気に雪が降っていました。自然が豊かな壬生町・黒川で楽しく冬を越してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です