【茨城・鹿嶋】世界最大の青銅製立像「牛久大仏」を見て、ずっと行きたかった「鹿島神宮」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日は茨城県の牛久・鹿嶋の方に行ってきました。いつもは水戸・大洗に行くことが多いのですが、せっかく天気がいいのではるばる牛久・鹿嶋エリアへ。ずっと今日が晴天の予報でしたが、本当にいい天気で最高のドライブ日和。今日は合わせて300kmくらい走りました。

 

 

初めてのトンネル…

 

 

最初の目的地は「牛久大仏」です。東北道の久喜白岡JCT経由か北関東道の友部JCT経由か迷ったのですが、Googleさんもナビさんも友部JCT経由だったので北関東道で向かいました。今日はほとんどぼくが運転だったので、iPhone Xを渡して助手席から写真を撮ってもらいました。

 

 

友部JCTを通過しました。いつもはこのまま北関東道でひたちなか方面に進むのですが、今日は牛久・鹿嶋に向かうので常磐道・東京方面に進みました。冬の空はとても青くて、”The ドライブ”という感じで楽しかったです。常磐道は東北道にそっくりでした。

 

 

つくばJCT!

 

 

つくばJCTから圏央道に入りました。圏央道こと首都圏中央連絡自動車道は、久喜白岡JCTより東側は片側一車線の区間が多く、高速道路なのですが一般道路を走っているような感じでした。それでも圏央道に乗る価値はあったと思います。

 

茨城県牛久市「牛久大仏」

 

 

最高。もはや言葉は必要ない。

 

 

圏央道の阿見東IC付近を走っていると、右手に巨大な大仏が見えるはずです。それが牛久大仏。高速から見ても本当に大きいです。高さはまさかの120m、阿弥陀如来の十二の光明からきているそう。青銅製立像としては世界最大でギネスにも登録されています。

 

 

牛久大仏の手前には立派な池があります。以前はコイしかいなかったと思うのですが、今日行ったらカモがたくさんいました。100円でお食事を差し上げることができます。思っていた以上にカモが元気でびっくりしました。

 

そして大仏の裏から胎内へ。不思議なエレベーターで上がっていきます。うまく言葉にできないのですが、エレベーターもフロアも不思議な空気が漂っていて異世界にワープしてきたような感覚になります。あとハスの香りがすばらしいです。

まずは牛久大仏の歴史を見て、さらにエレベーターで上って展望台に行きます。展望台からは東西南北すべて見ることができて、筑波山・東京スカイツリーそして条件がいいと富士山まで見えるそうです。今日はかすかに東京スカイツリーが見えました。

 

 

こちらは3階の「蓮華蔵世界」です。実際に見てみると「oh…」という声が漏れてしまうほど引き込まれてしまいます。そして下のフロア(2階)では、写経の体験ができるスペースがあります。前回来た時は写経をして足が猛烈にしびれました。

 

 

帰り道の途中で外に出ることができます。こうして上から見てみると、道がよく整備されていることが改めてわかります。少し雲が出てしまったのですが、雲がなければかなり遠くまで見えると思います。東京スカイツリーも見えるかもしれません。

 

 

牛久大仏の裏には、うさぎ・やぎ・ひつじなどがいるエリアがあります。日光の某所で革靴をかじられた件ですが、ここでにんじんを通して少し分かり合えた気がします。小走りしている姿は本当にかわいらしいです。

 

 

メェ〜 メェ〜

 

 

少しだけ梅が咲いていました。牛久大仏の周りでは四季折々の花が咲くので、季節が変わるごとに足を運ぶのも楽しいと思います。上の写真は適当に撮ったのですが、大仏と梅が一緒に写っているというのはなかなか風情があります。いとをかし。

 

 

牛久大仏について

 

所在地 : 茨城県牛久市久野町2083

営業時間 : 9:30〜16:30 / 季節によって変動あり

拝観料 : セット券は大人800円 子ども 400円

 

茨城県鹿嶋市「鹿島神宮」

 

 

牛久大仏から50km、ひたすら走り続けてようやく着きました。以前からずっと行ってみたかったのですが、今日こうして足を運ぶことができて本当に嬉しかったです。茨城県といえば鹿島神宮、といっても過言ではないくらいメジャーなスポットだと思います。

 

 

特に下調べもなく、気の向くままに散歩してまわりました。上に写っているのが、日本三大楼門のひとつといわれているみたいです。確かに立派でした。また参道がとても整っていて、歩いているだけでパワーをいただける気がしました。

 

 

こちらが国歌でもおなじみの「さざれ石」だそう。不思議なオーラを放っていそうな感じがしました。さざれ石のすぐ右には鹿たちがいて、夕方で寒くなってきたせいかほとんど動いていませんでした。ひさしぶりに鹿を見ました。

 

 

こちらは「御手洗の池」です。こんなに透き通っている池は初めて見ました。池ではコイと金魚が泳いでいて、すぐ横には水汲み場がありました。煮沸(しゃふつ)消毒すれば飲むことができるそうです。近くのお店ではその湧き水を使ったコーヒーなどを味わうことができます。

 

鹿島神宮について

 

所在地 : 茨城県鹿嶋市宮中3206-1

 

茨城県潮来市「道の駅 いたこ」

 

 

潮来と書いて「いたこ」と読みます。その語感が好きでわざわざ牛久方面に戻ってこの道の駅へ。東関東道の終点・潮来ICからすぐとアクセス抜群です。広い敷地内には直売所・休憩所、そしてグランドゴルフまでありました。

 

道の駅 いたこについて

 

所在地 : 茨城県潮来市前川1326-1

営業時間 : 9:00〜19:00

 

茨城県鉾田市「鹿島灘海浜公園」

 

 

最後に国道51号沿いの「鹿島灘海浜公園」へ。先ほどの道の駅から25kmありました。駐車場に着いたらちょうど日没で、猛ダッシュで丘の上に行ったのですが間に合いませんでした… このあたり野広なので夕陽がきれいだと思います。平日なのでほとんど人がいませんでした。

 

 

こちらの公園では鹿島灘(太平洋)を見ることができます。このあたりの国道51号はずっと海沿いを走るのですが、どういうわけかほとんど海が見えませんでした。公園の丘の上で初めてしっかり海を見ました。冬の海も美しいです。

 

鹿島灘海浜公園について

 

所在地 : 茨城県鉾田市大竹390

 

まとめ

 

 

鉾田からの帰りはひたすら国道51号を北上して、気づいたら水戸市に入っていました。いつの間にか見慣れた道を走っていて、県外なのに少し安心してしまいました。そして水戸大洗ICから乗って、無事に宇都宮まで帰ってきました。

 

 

走った距離は250km、歩いた距離は7.8kmとすばらしい休日になりました。今日は初めて行く場所が多く、季節が変わったらまた訪れたいと思いました。それにしても、初めて走る道・初めて行く場所は新鮮で楽しいものです。

 

 

今日のひとこと : 鹿嶋は近くはないがそんなに遠くもない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です