笠間でそばを食べて、大塚池公園・偕楽園に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日は茨城県の笠間・水戸エリアで遊んできました。免許をとって今日で10日ですが、すでに500kmくらい走っています。”教官”に座ってもらって、教習を受けている感覚で安全に走っています。最初のうちにたくさん練習したほうがいいとぼくは考えています。

 

 

県道41号で茨城県桜川市に入って、国道50号で水戸方面に向かいました。笠間市内の国道50号沿いにある「常陸国出雲大社」下にあるレストランでお昼を食べることに。個人的には天ざるそばがおすすめです。おしゃれな店内でおいしいそばをいただきました。

 

 

食後はすぐ上の常陸国出雲大社でお参り。この太いしめ縄が有名らしいです。すぐ横には展望台があって、筑波山・北関東道・国道50号そして運がいいと水戸線の電車を見ることができます。今日は電車は見えませんでした。およそ1時間に1本です。

 

茨城県水戸市 : 大塚池公園

 

常陸国出雲大社からすぐ近くの笠間西ICから、北関東道に乗って水戸を目指しました。それほど距離はないのですが、この区間の国道50号は片側一車線で少し走りづらいので高速だとかなり楽です。友部JCTで常磐道いわき方面に進んで水戸ICで降りました。

 

 

北関東道・水戸ICから国道50号に乗って水戸方面へ。旧道とバイパスが分岐する交差点にある「大塚池公園」に寄りました。交差点からでもたくさん白鳥の姿が見えて最高です。今シーズン行った中で最も多く白鳥がいました。来週は気温が高い予報なので今日が最後だったかも…

 

 

次に国道50号の旧道を大洗方面に走って、日本三名園のひとつ「偕楽園」へ。明日2月16日(土)からは梅まつりが開催されます。明日からは駐車場が有料になるみたい。ラッキー。平日なのでかなりすいていました。

 

 

早咲きの八重寒紅が美しかったです。見ごろは3月に入ってからですが、2月中旬でも咲いているものは咲いています。千波湖側の方が咲いていますが、いつもここに来たら常磐神社まで歩くので今日も冷たい風に吹かれながら散歩しました。

 

 

こちらが「常磐神社」です。木々に囲まれていて、こじんまりとした神社で好きです。手前の方では梅まつりに合わせて屋台の準備がされていました。普段はすいていますが、梅の時期は常磐神社も多くの人でにぎわうと思います。

 

 

今日の水戸は日中でもおよそ4度、どうりで動いていても寒かったわけです。残念ながらずっと厚い雲に覆われていました。どの花もそうですが、梅のような小さい花は特に青空の下で見たいものです。見ごろを迎えたら、しっかりと青空に合わせて足を運ぶ予定です。

 

 

帰りは水戸ICから常磐道・北関東道経由で宇都宮方面へ。途中の笠間SAで休憩をしました。フードコートがあって、ここのうどんがおいしいのでおすすめです。県央からは水戸も前橋も同じくらいの距離なはずですが、行き慣れているせいか水戸はかなりご近所に感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です