【群馬・県央】こんにゃくパークと、梅の名所「箕郷梅林」そして群馬県庁に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

昨日3月12日(火)は、群馬県の県央エリアを散策してきました。まず北関東道で一気に群馬県富岡市まで行って、人気の「こんにゃくパーク」で社会見学をしました。それから高崎市に入って梅の名所「箕郷梅林」へ、最後に前橋市の群馬県庁で夜景を見ました。

 

 

この日も北関東道・太田強戸PAで休憩。去年2018年7月にできたばかりの新しいパーキングです。今回はチャーシュー丼のセットにしました。このラーメンのスープの醤油、地元・群馬県館林市の醤油を使っているそう。チャーシュー丼はごま油がきいていておいしかったです。

 

 

高崎JCT・藤岡JCTを経由して上信越道・富岡ICで降りました。富岡ICのすぐ近くに「こんにゃくパーク」はあります。工場の見学をしてこんにゃく料理を楽しんだり、こんにゃくなどの食材を買ったり外で足湯に入ったりできます。

平日でしたがかなり混雑していて、ほとんどが大学生などの若い人でした。工場見学でこんにゃくについて学んでからバイキングコーナーへ。バイキングコーナーのこんにゃく焼きそばがおすすめです。ぜひ近くの富岡製糸場と一緒に足を運んでみてください。

 

 

こんにゃくパークから25kmくらい走って高崎市の「箕郷梅林(みさとばいりん)」へ。16:30に着いたのですがまだやっていました。平日なので駐車場は無料。ほとんど人がいませんでした。遠くに景色が見えるのが素敵です。

 

 

梅の名所ですが河津桜が満開で、ほとんど河津桜ばかり見ていました。梅の種類はまったくわかりませんが、桜の種類なら少しわかります。特にこの河津桜は去年3月に静岡県河津町まで見に行ったので、街中で見かけるとすぐに「河津桜だ!」とわかります。

 

 

お見事。

 

 

最後に前橋市の「群馬県庁」へ。めちゃくちゃ渋滞していて1時間くらいかかりました。すでに太陽が沈んでしまったので夜景を見ることに。展望ロビーが高いせいか、宇都宮より街が明るい気がします。きっと高さのせい。

 

 

帰りは駒形ICから北関東道に乗る予定でしたが、せっかくの機会なので前橋から宇都宮まで下道で帰ることに。できるだけ国道50号を使って、限界を感じたら並走している北関東道に乗ることにしました。国道50号を77km、新4号国道を30kmくらい走るようです。

 

 

県庁前の国道17号で左折レーンがあってとっさに直進レーンに移動してしまったため、国道50号の始点である本町一丁目を通ることができませんでした。しかし去年5月に前橋駅から始点まで歩いたことがあるので気にせずそのまま走りました。

 

 

最初の方はまったくバイパス感がなくて詰まり気味でしたが、桐生市に近くにつれて少しずつ道路がよくなってきました。おそらく上の日光は、国道122号・足尾経由で日光に行くことができるということだと思います。

 

 

桐生市に入りました。遠くの標識には足利まで17kmとあって、かなり栃木県が近づいてきたようです。このあたりは片側2車線で立体が多くスイスイだった気がします。桐生といえば桐生が岡、つつじの時期に行きたいです。

 

 

足利までもう少し。

 

 

ついに“小山”という文字が。また国道50号の終点・茨城県水戸市までも108kmとなりました。半日あれば国道50号の始点から終点まで走ることも不可能ではなさそう。おそらく6時間あればたどり着くと思います。

 

 

出発して1時間半で栃木県に入りました。国道50号沿いのコンビニで休憩。ドライブ中のコンビニ休憩というのはなかなか風情があります。出発してすぐの前橋・伊勢崎は道路が詰まり気味でしたが、栃木県に入って交通量がかなり少なくなりました。

 

 

小山まで24km、筑西まで42kmと茨城県が近づいてきました。県道11号に乗ったり国道4号に乗ったりもできましたが、片側3車線で信号の少ない新4号国道まで行ってしまうことに。小山駅の近くは少し交通量が増えました。

 

 

新4号国道に乗る小田林(西)の手前で茨城県結城市に入りました。群馬県に行った帰りに茨城県を走るというのは不思議な感じです。小山にはおいしいラーメンがたくさんありますが、もうほとんど閉まっているのでこのまま通過しました。

 

 

ここから新4号国道に。前橋からずっと水戸方面に走っていたのですが、ここでようやく宇都宮方面に方向が変わりました。新4号は片道三車線あるのですが、左車線は立体を上らないので実質は二車線という感じです。

 

 

宇都宮まで26km、那須塩原まで86km。また距離感覚が変わって、那須塩原がもうすぐ近くに思えてきました。小山から宇都宮は近い気がしますが、小山はもう県境なので意外と距離があります。最後は新4号国道から県道46号(平成通り)に乗ってゴールしました。

 

 

長旅を終えてのお肉は最高でした。ここのポテトはカリカリでおいしいのでおすすめです。そしてここで運転手交代。国道50号を走っていて途中に何個もICがありましたが、最後まで下道のみで帰ってきました。目的達成。

新4号国道で宇都宮上三川ICを通過した時は不思議な感覚になりました。ここまで来るのに1時間半も余計にかかったのかと。しかし高速料金が2,000円くらい浮いたはずです。行きは富岡まで3,000円したのですが、帰りは0円。お金を取るか、時間を取るか。悩みどころです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です