【福島・白河】白河ラーメンの名店「とら食堂」で食べて、白河・那須の小峰城・南湖神社・南ヶ丘牧場などに行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

先日3月17日(日)は、福島県白河市・栃木県那須町に行ってきました。春が近づいてきて、この日が今シーズン初の白河・那須でした。また免許を取って“自分の運転で白河に行く”を目標にしていたので、ぼくにとっては大きな意味のあるドライブでした。

 

 

東北自動車道で一気に福島方面へ。宇都宮JCTを通過したら片側二車線になって、景色も田舎になってきたので北関東道を走っているような気分になりました。ただ交通量が全然違います。那須ICを通過して那須高原SAで休憩。栃木・福島県境から5kmくらいの場所にあります。

 

 

那須町から西郷村を経由して白河市に入りました。ナビでは白河ICを案内されたのですが、お店までの距離が近そうな白河中央SICで降りました。SICにしても質素なつくりです。バーがあればいい、それ以外は何もいらない。

今まで那須・白河というと遠いイメージがあったのですが、前橋から下道で帰ってきたのを考えると白河に行くのは”近所のコンビニに行く”ような感じ。高崎・前橋そして富岡・安中の方がはるかに遠い気がします。

 

 

白河中央SICから国道294号で白河市街地へ。いつも烏山ー真岡ー下妻でお世話になっている国道294号を白河で走るのは感慨深いです。ここを右に行くと福島県の会津地方に行くことができるそう。夏になったら猪苗代湖に行く予定。

 

福島県白河市「とら食堂」

 

 

国道294号から県道11号に乗って、この日のメインである白河ラーメン店「とら食堂」へ。これで人生3回目です。前回の去年4月に行った時は、出発が遅かったので食べるのに2時間くらい待ちました。今回はオープン20分前の10:40に到着。

名前を書いて車で待つことに。お店の前はだいたい埋まっていましたが、近くに臨時駐車場があるそう。前回は待ちが長かったので、近くの神社で桜を見て待ちました。この日は20分前に着いて順番は35番目、2枚目12:00〜の最初の方で実際にお店に入ったのも同じくらいでした。

 

 

福島県といえば三大ラーメン(札幌/喜多方/博多)のひとつである喜多方ラーメンがありますが、最近は白河ラーメンが喜多方に追いつけ追い越せの勢いで盛り上がっています。その白河ラーメンの発祥といわれているのがこちら。いつも大混雑ですが、並んででも食べたい一杯です。

 

焼豚麺 950円(税込)

 

メニューは「手打中華そば」「焼豚麺」「ワンタン麺」「焼豚ワンタン麺」「つけ麺」などがあります。前回は白河ということでワンタン麺を食べたのですが、この日はチャーシューが気になったので焼豚(チャーシュー)麺にしました。

とら食堂のスープはとても醤油が強く、白河ラーメンを食べているという気持ちにさせられます。スープと麺そして具材が重なり合って、食べていて感動さえおぼえるほどのおいしさ。これこそが、元祖・白河ラーメンです。

 

 

ごちそうさまでした。

 

とら食堂について

 

所在地 : 福島県白河市双石滝ノ尻1

営業時間 : 11:00ー14:00 16:00〜18:00 / 月曜定休

 

福島県白河市「小峰城」

 

 

満腹になったところで、とら食堂からも近く白河市街地にある「小峰城」へ。左にあるのが東北本線・白河駅です。また遠くには栃木県とは格の違う立派な山々があるのですが、この日は雲に覆われていてよく見えませんでした。無念…

 

 

小峰城には寛政の改革でおなじみの松平定信公などが居住、しかし1868年の戊辰戦争・白河口の戦いで落城してしまいました。そして1991年に三重櫓が、1994年には前御門が江戸時代の絵図に基づいて復元されました。

 

 

2011年の東日本大震災で白河市は震度6強に見舞われて、本丸南側の石垣が45mにわたって崩れてしまいました。またそれ以外の複数の石垣も崩れましたが、修復が行われていて三重櫓・前御門の見学はできるようになっています。

また桜の名所としても有名で、お城の周りにはたくさんの桜の木がありました。開花は4月10日くらいらしいので、桜が咲いたらまた白河ラーメンを食べて、小峰城などたくさんの桜の名所を見てまわりたいと思います。

 

小峰城について

 

所在地 : 福島県白河市郭内

 

福島県白河市「南湖神社」

 

 

南湖公園の中に鎮座する「南湖神社」へ。御祭神として松平定信公を祀っています。御神木である楽翁桜の開花に合わせて、毎月4月〜5月には「楽翁桜祭」が開催されるそう。神社参道にはしだれ桜があって、この桜は松平定信公が南湖をつくられた時に植えたといわれています。

“楽翁桜”は松平定信公の雅号から取られていて、昔から白河の人たちを魅了してきたそう。確かに参道のしだれ桜の木は立派で、もう少しで地面に触れそうなほど垂れ下がっていました。桜の時期にまた来たいです。期間中には春の限定御朱印があるそう。

 

 

境内にはかわいい梅が咲いていました。

 

南湖神社について

 

所在地 : 福島県白河市菅生舘2

 

栃木県那須町「南ヶ丘牧場」

 

 

白河市街地から30分くらいで栃木県那須町に入りました。同じ栃木県ですが県央からはかなり距離があって、水戸の方が距離的にも気持ち的にもかなり近く感じます。でも高崎・前橋は少し遠くて、那須もそんな感じ(適当)

 

 

那須塩原まで13km。那須塩原には竜化の滝・乙女の滝・もみじ谷大吊橋などの“自然”があって、那須には那須ハイランド・那須どうぶつ王国・那須りんどう湖などの“観光地”があります。那須塩原の方が年齢層が高い気がします。

 

 

国道4号から県道21号に乗って「南ヶ丘牧場」へ。乗馬・釣り堀・パターゴルフなどで遊んだり、ソフトクリーム・ジンギスカンなどを食べたりできる牧場です。那須町には多くの観光スポットがありますが、ここ南ヶ丘牧場が最近かなり話題になっています。

 

 

すぐそこには那須連山。あいにくの曇り空、途中少し雪が降ってきました。晴れていれば絶景だったと思います。乗馬体験は1回750円で、暖かくて天気のいい日にやってみたいと思いました。あとアーチェリーも気になります。

公式サイトには「初代牧場長の“我が家を訪れる人から入場料をいただくことはできない”との考えから入場料はいただいておりません。」という言葉があって、とても感銘を受けました。そして酪農家・動物の世話に休みはないので営業も年中無休だそう。

 

南ヶ丘牧場について

 

所在地 : 栃木県那須郡那須町湯本579

営業時間 : 8:00〜17:30

 

帰りみち

 

 

帰りに県道17号(那須街道)沿いの「道の駅 那須高原友愛の森」へ。前回来た時はここの「なすとらん」で、2,500円もする那須和牛ステーキ丼を食べました。この日は夕方だったので閉まっていましたが、今度来た時は地元の野菜で作ったカレーを食べてみたいです。

 

 

お向かいには「那須ラスクテラス」というお店が。道路を渡ろうとしたら”信号のない横断歩道”で、すぐ目の前なのに渡るのにとても時間がかかりました。バスがパッシングしてくれて、どうにか渡ることができました。さすが一時停止率0.9%の栃木県。バスありがとう。

那須×ラスクといえばNASUのラスク屋さんですが、こちらの那須ラスクテラスはまた別のお店のようです。ラスクのお店だけにラスクがたくさんあって、日光のおかき工房のように試食ができるものもありました。おみやげに2種類のラスクを買いました。

 

まとめ

 

いよいよ春になろうとしています。冬は水戸・鹿島・佐野などに行くことが多かったのですが、ようやく日光・塩原・那須そして遠く会津若松・喜多方に行くことができます。第一の目標である白河ラーメンを達成したので、次は福島県猪苗代町の野口英世記念館が目標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.