【茨城・千葉】牛久の牛久大仏・成田の成田山新勝寺・水戸の千波湖に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

平成最後の桜を見るなら今週末ということで、今日は気合を入れて花見をしてきました。茨城県牛久市の牛久大仏、千葉県成田市の成田山新勝寺、茨城県水戸市の偕楽園と、東の方で気になっていた場所に行ってきました。

 

 

国道294号で茨城県に入って、そのまま下妻市の「道の駅 しもつま」へ。休憩をしてそのまま南下して常総ICから圏央道(首都圏中央連絡自動車道)に乗りました。友部JCTを経由するよりも、途中まで一般道で行った方が精神的にも楽です。

 

 

つくばJCTを通過して牛久阿見ICで降りました。普段は次の阿見東ICで降りるのですが、今日はうっかり牛久阿見で降りてしまったので大仏までくねくね道でした。距離は同じくらいでも阿見東からの方が走りやすいです。

 

茨城県牛久市「牛久大仏」

 

 

混雑していると思ったのですが、普段より少し人が多いくらいでした。最初に入り口にある「利根」というレストランで食事をしました。ここの650円のラーメンが昔懐かしい味でおいしいです。胃袋が満たされたところで、拝観券(外だけの)を買っていざご対面。

 

 

おひさしぶりです。こちらの「牛久大仏」は、高さ120mのブロンズ製立像でギネスにも登録されています。世の中にはいろいろ巨大なものがありますが、牛久大仏もなかなかの巨大さです。かなり下がらないと写真に入りきりません。

 

 

牛久大仏は四季折々の花が咲くことでも有名で、今の時期は桜そして芝桜・ネモフィラなどが咲いています。芝桜というと市貝を想像しますが、桜と芝桜が並んで咲いているのもいいものです。

 

 

牛久大仏でも見ごたえがありますが、そこに桜が咲いているとさらに絶景になります。牛久大仏が桜の名所なのは聞いていましが、まさかこんなにたくさん咲いているとは思いませんでした。迷ったら牛久大仏に行けば間違いありません。

 

 

こちらがネモフィラです。いつも写真はiPhone Xで撮っているのですが、上のネモフィラの写真はネモフィラらしい青がうまく表現できていてチョベリグです。改めてiPhone Xのカメラで十分すぎると思いました。

 

 

牛久大仏の裏手の方では、小動物公園から広場にかけて桜が並木になっていました。三春滝桜のようにぽつんと咲いているのもいいですが、やはりこのように歩道の両側に並木になっているのは美しいです。しかも並木がずっと続いている。

 

牛久大仏について

 

所在地 : 茨城県牛久市久野町2083

 

千葉県成田市「成田山新勝寺」

 

 

牛久から土浦か霞ヶ浦を挟んで反対の行方(なめがた)に行く予定でしたが、せっかく牛久に来たなら千葉県に向かうしかないということでこちら。千葉県を代表する観光スポット「成田山新勝寺」へ。毎度のことですが、今日も近くのイオン付近は道路が混雑していました。

 

 

成田山公園に行く予定でしたが、駐車場がよくわからないので成田山新勝寺の方に来ました。お参りをして公園に入ったのですが、どこに桜が咲いているのかわからず、歩いているうちに平和の大塔にたどり着きました。

 

 

成田山は驚くほど広いのですが、ぼくはこの平和の大塔が好きなのでこれだけ見れば満足です。たくさん歩こうと思ったのですが、どうにもこうにも暑いのでお店に囲まれた広場のベンチでのんびり過ごしました。これもまた一興。

 

成田山新勝寺について

 

所在地 : 千葉県成田市成田1

 

茨城県水戸市「千波湖」

 

 

牛久・成田からの水戸というのがどうかしていますが、千波湖はぼくの大好きな場所で桜の名所でもあるので行かないわけにはいきません。成田山から千波湖まで100km、家から行くよりもはるかに遠かったです。それでも行きたかった。

稲敷ICから圏央道・常磐道・北関東道を経由して、水戸南ICから千波湖へ向かいました。駐車場が大混雑だと思いましたが、めちゃくちゃ遠いあさっての方の駐車場に入ったらどうにかなりました。そして目の前に見えたのが上の写真です。

 

 

日没が近く薄暗かったのですが、それでも“千波湖の桜”の雰囲気は感じることができました。湖畔に桜が咲いているというのは、栃木県ではなかなか見ることができないと思います。いつもより多くの人でにぎわっていました。

 

 

地上から見て太陽が沈みそうなので、湖畔の喫茶店の屋上へ。入り口の横に階段があって屋上に登ることができます。太陽は沈むところで、沈む瞬間を見ようと思ったら気づいた時には沈んでいました。太陽は意外と素早いです。このあたりでやっと涼しくなってきました。

 

 

桜と一緒に白鳥・黒鳥・カモを見ました。黒鳥の羽毛はほとんど黒ですが、一部白い部分もあります。黒鳥から白い羽が見えた時の違和感がすごい。ここの白鳥は優雅でおとなしく、黒鳥は元気があって血の気が多い気がします。

およそ750本の桜が千波湖を囲んでいて、桜まつり期間中には夜のライトアップも行われています。水戸駅からも歩いて行ける、車でも徒歩でもアクセス良好のいい花見スポットです。白鳥×桜もかなりレアなのではないでしょうか。

 

千波湖について

 

所在地 : 茨城県水戸市千波町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.