【茨城・ひたちなか】ネモフィラの名所「ひたち海浜公園」に行ってきた

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

先日4月23日(火)は、茨城県ひたちなか市の「ひたち海浜公園」に行ってきました。この日の午後は何もなかったので、岩曽でラーメンを食べてそれから買いものをしました。午後2時くらいにド×キで「ネモフィラ行きたいね〜」と話しながら来週の天気を見たらまさかの雨…

行くなら今日しかないということで、急いで買いものを終えてそのまま宇都宮上三川ICからひたちなかに向かいました。こういうフットワークの軽さが人生には大切。閉園2時間前に上三川から高速に乗って、少なくとも1時間はかかるのでネモフィラを見られるのは1時間もない。

 

 

横風にたくさん煽られたものの、交通量はかなり少なく順調に友部JCTを通過。北関東道・東水戸道路(国道6号バイパス)を経由してひたちなか料金所を通過。常陸那珂有料道路のひたち海浜公園ICで降りる予定でしたが、海側の海浜口駐車場を目指して常陸那珂港ICまで行きました。

最寄りICはひたち海浜公園ICですが、公式サイトでも混雑時は常陸那珂港ICを使うことを推奨しています。ひたちなかICーひたち海浜公園ICは普通車100円均一、その先のひたち海浜公園ICー常陸那珂港ICは無料区間となっています。

 

 

海浜口駐車場から近いと思ったのですが、西駐車場から歩いた時とあまり変わりませんでした。翼のゲート付近にはチューリップがあるため、そちらも見るなら西駐車場の方がおすすめです。海浜口駐車場からしばらく歩いて「みはらしの丘」に着きました。

 

 

今年の見ごろ予想は4月24日なので、この日はもう見ごろといっていいと思います。でも先日4月20日に行った時とあまり咲き具合は変わりませんでした。「みはらしの丘」一面に、なんと450万本のネモフィラが咲いています。450万本もあるのか…

 

 

上から見るとこんな感じ。下から見上げる写真が多いですが、丘の上からネモフィラと青空を撮るのもなかなかのものです。平日の夕方ですがそこそこ人がいました。遠くに見える観覧車は、公園内プレジャーガーデンのものです。観覧車から見るのもいいかも。

 

 

ひたち海浜公園から下道で帰ることに。前回は前橋(始点)から国道50号で宇都宮に帰ったのですが、この日は水戸(終点)から国道50号で宇都宮に帰るというわけです。順調に水戸市街地に着くと思いきや、ひたちなか市内の渋滞にはまって水戸まで1時間以上かかりました。

国道6号を経由して国道50号バイパスへ。ここからはいつものように帰るだけです。水戸・笠間はスイスイでした。笠間で交代しつつ県道41号の益子経由で帰ってきました。いつものコース。結局ひたちなかから3時間もかかってしまいました。

 

 

真岡を抜けて県道46号から新408号国道(鬼怒テクノ通り)に乗りました。ずっと立体で80km/h制限の区間もあり、クネクネの旧道とは大違いです。一瞬で国道123号まで来ました。というわけで弾丸ネモフィラ旅行これにて終了。

 

ひたち海浜公園について

 

所在地 : 茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4

開園時間 : 季節によって変動

入園料 : 大人 450円 / シルバー 210円 / 中学生以下 無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.