生きるために眠るのか、眠るために生きるのか

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

・生きるために眠る

・眠るために生きる

みなさんはどちらでしょうか… ぼくはどっちでもいいです。どうも最近は眠りづらい日が続いていて… 理由ははっきりしていて、単純に起きる時間が遅いというわけです。どんなに日中の活動の密度が高くても、早くから起きていた人には到底かなわないと思います。ええ。

そういうわけで、眠れぬまま日の出を迎えることも多く。どこか不調があるわけでもなく、ただ起きるのが遅いというだけなので心配はないのですが。やはり遅くまで眠れないというのは相当なストレスで… 「安眠には運動が必要不可欠だろう」という至極当然な考えが浮かんで。

 

試しに炎天下の下を自転車で15kmくらい走ってみたら、時間は遅いもののストンと眠りに落ちることができました。眠りたいのに眠れないのが何よりもつらい。拷問レベルのつらさです。日の出の前に布団に入るのですが、普段はどうも足のあたりがムズムズして落ち着かない。動いていないから当然です。

その先日の例に味をしめて、今日(日付では昨日)は、炎天下の下を3km歩いて自転車で15km走ってみました。気温を調べたら32度もあってびっくり。どうりで汗がとまらないわけだ。そういえば今日は歩いてバスに乗って電車に乗って自転車で走った。やはり人間も動物であり、動くことは必要不可欠だと感じます。

 

 

というわけで今日は14,182歩という結果に。半分が散歩の分で残り半分が自転車だと思います。自転車も含まれるので14,182歩ではありませんが、それはたいして重要ではない。徒歩換算してこれだけ動いたというのが important なわけでございます。No Cycling, No Life.

ぼくは自転車で走るのが大好きで、その理由のひとつが「車道を走るたくさんの車が見られる」という点です。あの車かっこいい!とかあの車ダッサ… とか。免許(AT車に限る)を取って自動車の運転もしましたが、やはり自転車に乗って自分の力で漕いで風を感じることが何にもかえがたい心地よさです。風を感じるのは本当に大切。

 

平成通りの魚べいで寿司を食べようと思ったら、まだ夕方の明るい時間なのに大混雑。そういえば今日は日曜だった。それにしてもこんなに混むのか… 断念して新4号国道の方に進んで、某チェーンのラーメンを食べようと思ったら… お店が変わっている!ひさしぶりの道を走ると、変わっていないようでいろいろと変わっているものです。

仕方がないのでというと失礼ですが、香川生まれのうどんチェーンでうどんを食べました。中にすると少し量が多いので、小にして少して天ぷらを食べるのがぼくの好みです。以前は中は税込で400円だったのに、どうして税抜の390円になってしまったのか… 安くなったようで高くなっている。どうしたものか。

 

そういえば我が家の家事は、できる人がやるというルールになっています。「家事は女がやるもの」なんて考えは古い。あまりに古すぎる。そんなものは平成時代で終わりです。家事も育児も男性が参加して同然であり、ぼくもできる限り積極的に参加したいと考えています。

まだ育児は存在すらしないので、現段階では家事に意識的に取り組んでいます。最近楽しいと思うのが、いかに短時間で洗濯ものを干すか・いかに短時間で食器洗いを済ませるかというあたり。ぼーっとやるのは退屈なので、どこかにおもしろさ・ゲーム性を見出そうとするのが自分らしいと思います。

 

もちろん料理もして、豚肉の生姜焼きとかハンバーグが得意です。スーパーで豚コマを買って、玉ねぎを切って豚肉と一緒に炒める。いかにおいしく作るか。いかに自分らしさを表現するか。料理は遊びではない。何度も作ってきた結果、最近はとてもお肉を柔らかくできるようになりました。

昨日は某書店で立ち読みをしたのですが、ネット記事でも読んだとおり横向きで眠る方が体にはいいそう。理由は胃の入口が左で出口が右だから。重力が影響して消化がよくなるそう。あと仰向けだと舌が重力で下がっていびきの原因になる。なるほどなるほど。世の中にはまだ、自分の知らないことがたくさんある。だから学ぶんだ。

 

どうせ最後は死ぬので、みんな死ぬので、その時に後悔のないように生きたいと最近は思っています。自転車で全力疾走するのもその一環。ぼくとしては一生懸命に走っているのですが、今日なんかは学校帰りらしき女子高生に颯爽と抜かれてしまいました。高校生たちは意外と早い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

'97 / 情報系アーティスト / TAKALOG運営 / Apple製品・ミニマリスト生活・オピニオン記事などを発信中 / お問い合わせはTwitterのDMからお願いします.