宇都宮環状道路 実地調査

 

はじめに

 

目的

実際に自分の足で走ることによって、宇都宮環状道路に対しての理解を深める。

 

概要

自転車を使用して、宇都宮環状道路の全線を走る。環状道路のため、スタート・ゴールの地点はどこでもよい。

 

宇都宮環状道路の基本データ

宇都宮環状道路 ( Utsunomiya Ring Road ) は、栃木県宇都宮市の外縁部を一周する環状道路である。愛称は宮環。英語表記はUtsunomiya Ring Roadである。他にも宇都宮環状線と呼ばれることもある。

中心部の増大した交通量を分散するために計画された道路である。市の外縁部としては、日本初の本格的な環状道路である。1971年より整備が開始され、25年後の1996年に全線が開通した。

 

総延長は34.4kmで、東京・山手線とほぼ同じである。全区間が4車線化されており、市街地の渋滞の緩和、市街地の通過時間の短縮といった効果が現れた。しかし、郊外の交通量の増加に伴い宇都宮環状道路でも渋滞が頻繁に発生するようになっている。

構成路線は、新4号国道、国道119号、県道3号宇都宮亀和田栃木線、国道121号の4つである。

 

実地調査

 

写真1 : 石井交差点の標識

 

写真1は、石井交差点の標識である。今回は国道123号から石井交差点で右折し、宇都宮環状道路に乗った。国道123号は栃木県宇都宮市と茨城県水戸市を結ぶ一般国道である。

 

写真2 : 新4号国道の標識

 

写真2は、新4号国道の標識である。とても大きなバイパスであるが、しっかりと歩道が整備されている。車道と歩道の間に草木がある区間もあり、歩行者・自転車も安心して移動することができる。

 

写真3 : 下栗交差点の標識

 

写真3は、下栗交差点の標識である。ここで県道46号宇都宮真岡線と交差する。県道46号は宇都宮市と真岡市を結ぶ県道である。

 

写真4 : 100kmポスト

 

写真4は、100kmポストである。国道4号(旧道)よりも北に位置している。

 

写真5 : 砂田高架橋の標識

 

写真5は、砂田高架橋の標識である。ここで国道121号と交差する。国道121号は山形県米沢市と栃木県益子町を結ぶ国道である。宇都宮環状道路は、この砂田高架橋を右折し国道121号に乗る。環状道路となっているが、ここは完全に直角である。

 

写真6 : 砂田町交差点の標識

 

写真6は、砂田町交差点の標識である。ここで県道320号と交差する。県道320号二宮宇都宮線は、真岡市と宇都宮市を結ぶ県道である。沿線には宇都宮インターパークがある。道幅の狭い区間が多く、歩道がないところもある。

 

写真7 : 東横田町交差点の標識

 

写真7は、東横田町交差点の標識である。ここで県道35号宇都宮結城線と交差する。県道35号は宇都宮市と茨城県結城市を結ぶ県道である。新4号国道とほぼ並行して走っている。茨城県区間は1kmにも満たない。栃木県では上三川街道と呼ばれることが多い。

 

写真8 : 宮の内アンダーの標識

 

写真8は、宮の内アンダーの標識である。ここで国道4号の下をくぐる。国道4号は東京都中央区から、栃木県宇都宮市、福島県福島市、宮城県仙台市、岩手県盛岡市を経て、青森県青森市へ至る関東・東北の大動脈である。実延長は854.9kmと日本一長い国道である。

江戸時代の五街道のひとつである日光街道や奥州街道を踏襲する形となっており、東北自動車道や東北新幹線・東北本線と並行している。埼玉県越谷市から栃木県宇都宮市では、国道4号の東側で並行する新4号国道がありバイパス整備が進められている。

 

写真9 : 麺伝ともの手打中華

 

写真9は、麺伝ともの手打中華である。兵庫塚街道沿いにある麺伝ともでは、青竹手打ちの自家製麺を使った佐野ラーメンを堪能できる。基本の手打中華は650円とリーズナブルながら食べ応えがあり、休日の今日も家族連れなどでにぎわっていた。夜の部限定の炒飯もおすすめである。

 

写真10 : 総合グランドの新スタジアム

 

写真10は、総合グランドの新スタジアムである。2020年東京五輪の事前キャンプ地、2022年の国体などで使われる。

 

写真11 : さつきロード入口

 

写真11は、さつきロード入口である。さつきロード(宇都宮鹿沼道路)は、鹿沼市と宇都宮市を結ぶ1.6kmの有料道路である。国道121号の一部であり、現在は2車線だが将来は4車線化される計画である。

 

写真12 : 下砥上アンダーの標識

 

写真12は、下砥上アンダーの標識である。県道155号羽生田鶴田線と交差する。アンダー内も歩道が整備されており安全に走行できた。

 

写真13 : 宮環鶴田陸橋交差点の標識

 

写真13は、宮環鶴田陸橋交差点の標識である。ここで県道6号(鹿沼インター通り)と立体交差する。県道6号宇都宮楡木線は、宇都宮市と鹿沼市を結ぶ県道である。宇都宮ICに比べて宇都宮市街地へのアクセスが良好で、沿線には鹿沼工業団地や鹿沼流通センターがあり重要度が道路である。

 

写真14 : 鹿沼街道入口交差点

 

写真14は、鹿沼街道入口交差点である。宮環雨情陸橋があり県道4号宇都宮鹿沼線と立体交差する。県道4号は宇都宮市と鹿沼市を結ぶ県道である。両市を東西に最短で結ぶ道路だが、交通量が多く頻繁に渋滞が発生している。

宮環雨情陸橋という橋名は小学生からの募集で決められたもので、雨情は野口雨情が晩年に過ごした旧居が近くにあることが由来している。

 

写真15 : 駒生町交差点の標識

 

写真15は、駒生町交差点の標識である。宮環駒生陸橋2001があり、県道70号宇都宮今市線と立体交差する。県道70号は宇都宮市と日光市を結ぶ県道であり、市街地と大谷観音を結ぶことから大谷街道と呼ばれることもある。

 

写真16 : 細谷町交差点の標識

 

写真16は、細谷町交差点の標識である。平面の交差点であり、県道22号大沢宇都宮線と交差する。県道22号は日光市と宇都宮市を結ぶ県道である。全線が国道119号(日光街道)と並行しており、宇都宮ー今市間の抜け道として知られている。宇都宮市内では新里街道と呼ばれることが多い。

 

写真17 : 宮環上戸祭町交差点の標識

 

写真17は、宮環上戸祭町交差点の標識である。宮環上戸祭ミレニアムアンダーがあり、国道119号が下を交差している。国道119号は日光市と宇都宮市を結ぶ国道である。日光ー宇都宮間を日光街道に沿って結んでおり、今市、大沢、徳次郎などのかつての宿場町を残す地域を経由する。

 

写真18 : 上戸祭IC立体(仮称)の標識

 

写真18は、上戸祭IC立体(仮称)の標識である。左に分岐すると国道119号(宇都宮北道路)となる。宇都宮北道路は宇都宮環状道路と東北自動車道・日光宇都宮道路宇都宮ICを結ぶ4.9kmのバイパスである。地域高規格道路であり、歩行者・自転車などは通行が禁止されている。

宇都宮北道路は2005年に60km/hから80km/に引き上げられた。これは有料道路以外の道路としては全国的にもめずらしい。交通渋滞が慢性化していた国道119号の渋滞緩和、観光地である日光・鬼怒川へのアクセス道路として重要な路線である。計画では有料道路だったが、住民の猛烈な反対で一般道路として整備された。

とても大きな交差点であるが、しっかりと歩道が整備されており安全に通行できる。分岐する道路のさらに左側を通る大きく迂回する形となっている。

 

写真19 : 長岡百穴古墳

 

写真19は、長岡百穴古墳である。壁にたくさんの穴があいている不思議な場所である。百穴というと埼玉県の吉見百穴が有名だが、ここ宇都宮市の長岡百穴もそこそこ知られている。

 

写真20 : 関堀町交差点の標識

 

写真20は、関堀町交差点の標識である。宮環・関堀陸橋2008があり、県道63号藤原宇都宮線と立体交差する。県道63号は日光市藤原と宇都宮市を結ぶ県道である。

 

写真21 : 下川俣町交差点の標識

 

写真21は、下川俣町交差点の標識である。下川俣立体があり、県道125号氏家宇都宮線と立体交差する。県道125号はさくら市氏家と宇都宮市を結ぶ県道である。氏家で国道4号(旧道)とわかれ、河内地区中心部(白沢)を経由して宇都宮市街地に至る。白沢街道と呼ばれることが多い。

宇都宮環状道路の南側を走っていた時は晴れ間もあったが、北側に入ってからはどんどん雲行きが怪しくなってきた。そして豊郷付近を走行中に小雨が降ってきた。

 

写真22 : 平出工業団地交差点の標識

 

写真22は、平出工業団地交差点の標識である。御幸ヶ原立体があり、国道4号と立体交差する。また、ここは路線延長80kmの新4号国道の終点でもある。非常に大きな交差点であり、歩行者は歩道橋で一周することができる。歩道橋を通る予定だったが、道なりに走っていたら国道4号をくぐっていた。

新4号国道は越谷市と宇都宮市を結ぶ大規模なバイパスである。1992年に全線が開通した。越谷春日部バイパス、春日部古河バイパス、古河小山バイパス、小山石橋バイパス、石橋宇都宮バイパスの5つがひとつの路線となっている。

 

写真23 : 雨宿りをした道路

 

写真23は、雨宿りをした道路である。15分程度雨に降られながら走ったが、雨足は強くなるばかりで雷も鳴り始めたため一時的に新4号国道の下の道路に入った。雷がバンバン鳴っており、時より近くに起きて地響きのようなものも感じた。一時的に避難する場所があり本当に助かった。40分程度ここにいた。

 

写真24 : 寺内付近で見た虹

 

写真24は、寺内付近で見た虹である。西を見ると大きな虹がかかっており、雨に降られながら感動で声を上げてしまった。走っていたら虹はすぐに消えてしまった。

 

写真25 : 平出交差点の標識

 

写真25は、平出交差点の標識である。とちの実橋があり、県道64号宇都宮向田線と立体交差する。県道64号は宇都宮市と那須烏山市を結ぶ県道である。宇都宮市街地から新幹線・宇都宮線をくぐって宇都宮駅東口に合流する。この区間は鬼怒通りと呼ばれている。鬼怒川を超えてから北東に向かい、頻繁に市区町村が変わる。

 

写真26 : 平出交差点歩道通行止の標識

 

写真26は、平出交差点歩道通行止の標識である。令和3年9月まで、このあたりの歩道(管理用道路)が通行止となっている。スタート・ゴール地点の石井交差点まで残りわずか1kmだが、その間を通行できないため宇都宮環状道路を一周することができなかった。

 

結論

 

途中でラーメンを食べたり、どしゃ降りに遭ったり、雷雨から避難したり、ゴール直前で通行止に遭ったり、非常に味わい深いサイクリングとなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です