県道4号宇都宮鹿沼線 実地調査 +α

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日はお天気が大変によく、最高のサイクリング日和でした。ラーメンよりそばの気分だったので、とりあえず「まちの駅 新・鹿沼宿」を目的地にして家を出発しました。結果的には、県道4号の全線を走り、また+αで少しその先にも行ってきました。それでは、ご紹介します。

 

快 晴

 

国道123号(水戸街道)・県道1号を経由し、宇都宮線をくぐって西側へ。雲ひとつない青空で、ただ走っているだけでもいい気分になりました。川を渡って左に炒飯が大人気の「岩手屋」があるのですが、昼過ぎということもあってお店の前にたくさんの人が並んでいました。岩手屋の炒飯は何度食べでも感動する。

 

県立博物館東交差点

 

目の前に私立高校がある大きな交差点で、県道2号(宇都宮栃木線)と交差しました。以前、県道2号も全線を走りました。詳しいことは 県道2号宇都宮栃木線 実地調査 をお読みください。この時点では県道4号は関係なく、そばを食べるのが目的だったのでこのまま直進しました。

 

鹿沼街道入口交差点

 

しばらく走ると、県道3号宇都宮亀和田栃木線と交差しました。ここで宇都宮環状線の外側に出ます。標識にも縮こまった感じで「宮環」の文字がありました。鹿沼街道入口は立体交差点で、南西側の角にはパンが人気の「ペニーレイン」というお店があります。今日も混雑している様子でした。

 

東北自動車道

 

宇都宮共和大を過ぎると、東北自動車道と交差します。

 

鹿沼市・宇都宮市境

 

それからしばらくして、宇都宮市を出て鹿沼市に入りました。このあたりは細くクネクネしているので特に宇都宮市側の標識はかなり見えづらくなっています。

 

千渡交差点

 

鹿沼市に入ってしばらく走ると、千渡交差点で県道268号(鹿沼環状線)と交差しました。このまま直進しても同じなのですが、せっかくなので右折し鹿沼環状線に乗って県道4号を走り続けることにしました。

 

 

右折した次の交差点で、県道4号は鹿沼環状線とわかれます。交差点には新しめのケーズデンキがあります。またこの交差点を東に行くと、麺’sたぐちという人気のラーメン店があります。去年9月に食べたのですが、噂通り入り口が変でした。味はおいしかったです。詳しくは こちら に書いてあります。

 

日光連山

 

上野町交差点を過ぎると、そこそこ急で長い下り坂が待っています。国道121号とか国道293号が少し離れて並行していますが、どこも同じように川に向かって下り坂担っていた気がします。途中、向こうに日光連山が見えました。宇都宮から見えるよりだいぶ大きいです。雲がかかっていたのが残念…

 

石橋町交差点

 

ほどなくして、県道4号の終点である石橋町交差点に着きました。秋の祭りではここを中心にして盛り上がっていた記憶があります。このまま直進すると、県道14号鹿沼日光線として小来川(おころがわ)方面へ向かいます。小来川村はかつて上都賀郡でしたが、1954年に日光町に編入されています。

 

まちの駅 新・鹿沼宿

 

石橋町交差点のすぐ近くに「まちの駅 新・鹿沼宿」があります。休日なので人が多く、駐車場では地元のおじさんが交通整備らしきことをしていました。かぬまブランドなどを取り扱う物産館、軽食を楽しめるお店、そして鹿沼そばの「大越路」などがあります。街の案内もありました。

 

鹿沼そば 大越路

 

こちらの大越路では、地元で採れた新鮮なそば粉を石臼でその日の分だけ挽いているそう。新鮮な山菜とともに、名物「にらそば」などを味わうことができます。

 

ざるそば 700円(税込)

 

にらそばは前回食べたので、今回は普通のざるそばにしました。本当は天ざるにしたかったのですが、天ぷらそばという温かいそばしかなさげだったので今回はそばだけに。お店の前の券売機で食券を買うのですが、買ったと同時に厨房に注文が届くので座って待っていればいいハイテク具合に少しびっくり。

 

東武日光線

 

そばを食べるという目的は達成しましたが、まだ時間があったので県道14号でもう少し西に行ってみることに。石橋町交差点からすぐで東武日光線と交差します。近くには栃木県上都賀庁舎、そして白河系の人気店「鶏正」があります。以前夜に自転車で来たら、営業が昼だけだったという悲しい思い出があります。やはりお店の営業時間は事前に調べるべき。

 

 

県道14号(古峯原宮通り)で、大阪屋というお店のある交差点で左折し新鹿沼駅の裏側へ。近くには、夜景スポットとして人気の「富士山公園」があります。一度行ったことがあるのですが、けっこう遠くまで見ることができました。そして写真奥のセブンイレブンのある交差点で右折しました。このまま直進すると国道293号に戻ります。

 

 

右折した先には、なかなかの上り坂が待ち受けていました。行かねばならぬ。車通りもそんなにないので、自分のペースでよいしょよいしょと坂を上りました。人生で最も辛かったトンネルは、県道22号(新里街道)猪倉トンネル入り口(今市側)です。暗かったし、いつまでも坂が終わらないしもう一生家に帰れないかと思いました。

 

 

クネクネ。

 

 

峠越え的なことをして、あっち側の世界に入りました。昭和にタイムスリップしたかのような景色が広がっています。とってものどか。下日向交差点を直進したら、県道337号(下日向粟野線)という道路になりました。

 

 

鹿沼市野尻というエリアに入ると、道路沿いに野尻直売所というお店がありました。お店の壁に「まちの駅」のステッカーが貼ってあって驚きました。また、となりには小洒落たカフェのようなお店もありました。

 

 

牛さんのいる小屋の横を通過し、さらにもう少し西へ。このあたり猛烈に牛さんの香りがしました。

 

 

坂を上って下ると、鹿沼運動公園がありました。看板にはおしゃれなフォントで「キョウトクベリースタジアム」の文字が。野球場では子どもたちが元気に野球をしていました。このまま県道337号を進むと、宇都宮に着く前に日が暮れてしまうので帰路につくことにしました。

 

 

行きと完全に同じルートで帰るのですが、走る方向が違うと景色が違って見えておもしろいです。

 

 

帰りも、県道337号を経由して新鹿沼へ向かいました。新鹿沼まで一部歩道がない区間もありましたが、ほとんどが歩道(超ガタガタ)があって安心して走ることができました。

 

 

途中、神社がありました。

 

下日向交差点

 

下日向交差点で県道337号とお別れです。調べたら、この交差点が県道337号の起点でした。右に行くと粟野、左に行くと古峰原だそう。ぼくは直進して峠を越えて鹿沼市街地へ戻ります。

 

 

帰りにクネクネ道を走ります。昼間は暖かかったのですが、夕方になってきて、また山がちな道ということで少し肌寒く感じました。

 

 

セブンイレブンの交差点を左折し、しばらく走って突き当たりを右折して県道14号まで戻ってきました。

 

 

県道14号鹿沼日光線。夕暮れが近づき、東の空もほんのり赤くなってきました。

 

県道4号終点・石橋町交差点

 

石橋町交差点まで戻ってきました。ここから県道4号で宇都宮に帰ります。行きの道中で県道4号を調べたら起点が宇都宮市睦町となっていたので、博物館東から一部県道2号と重複しているのかと思っていました。しかし記事を書きながらもう一度読んだら、宇都宮市睦町(県立博物館東交差点)と書いてあり、行きも全線を走っていたことが判明。

 

 

黒川を渡りました。向こうに福田屋の大きな看板が見えます。

 

 

上野町交差点を通過しました。鹿沼駅周辺の散歩の時に、よくここを通っていたので懐かしいです。

 

 

JR日光線をくぐって、ケーズデンキの交差点へ向かいます。途中分岐があって、どっちに行っても県道4号になっていました。分岐を右に行くと狭い道なので、おそらく右が旧道で直進がバイパス的な道路なのだと思います。

 

 

鹿沼環状線と交差しました。右折して少しだけ鹿沼環状線を走ります。

 

 

千渡交差点を右折し、環状線とわかれて宇都宮方面へ。

 

 

鹿沼の運動公園から1時間で宇都宮市に戻ってきました。

 

 

私立高校の野球場あたりで、本格的に夕暮れが始まってきました。本当に天気がいい時は、写真のように東の空もグラデーションになります。

 

 

ゴールまでもう少し。

 

 

振り返ると西の空が赤くなっていました。

 

鹿沼街道入口交差点

 

ついに宇都宮環状線まで戻ってきました。交差点のすぐ先が分岐になっていて、地図で調べると左の旧道も鹿沼街道と表示されます。調べたら睦町交差点〜鹿沼街道入口交差点の旧道区間は、2010年に県道の指定を解除され市道となっているようです。

 

 

ゴールはすぐそこ。

 

県道4号起点・県立博物館東交差点

 

終点からちょうど1時間で起点にたどり着きました。

 

睦町交差点(旧道側)

 

まだ起点を勘違いしていたので、県立博物館東交差点から県道2号を北に走って次にある睦町交差点まで行きました。そばを食べる、県道4号を走る、という2つを達成しましたが、ちょうど夕焼けがきれいな時間なのでユニオン通り・オリオン通りを経由して栃木県庁に行くことに。

 

栃木県庁

 

栃木県庁。15階が展望ロビーになっています。

 

 

日の入りは間に合いませんでしたが、日が落ちてから真っ暗になるまでの空の変化を見ることができました。冬はあまり花が咲きませんが、空が真っ青で空気が澄んで遠くまで見るのでサイクリングするのにいい季節だと思っています。

 

 

無事帰宅。思いつきで出発しましたが、いろいろあっていい思い出になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です