【レビュー】新しくなったセブンの「ワシワシ食べる 豚ラーメン」を食べてみた


スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

 

 

皆さん。セブンイレブンで販売されている「豚ラーメン」という商品をご存知でしょうか。二郎系の雰囲気から、ジェネリック二郎ともいわれています。何度かリニューアルされているのですが、また先月末に新しくなったようなので食べてみることに。

旧・豚ラーメンと比較して、麺の量はそのまま(200g)ですが、具材が増量して全体のボリュームが上がっています。そのせいか、値段も550円から594円に値上がりしました。お店で手に取った時、前よりもずっしりと重さを感じました。家に帰ってレンチン。

 

 

500Wで7分30秒も温めるのですが、温めている時からニンニクの香りが漂ってきました。フタを開けてみると、ガツンとニンニク臭を感じます。食べる前に外観だけ見ても、もやしが増えて、チャーシューも厚くなったような気がします。これなら600円しても仕方ないと思える。

 

 

さっきの写真の右側にあるもの、拡大してみるとこんな感じ。これが、アブラニンニク玉という物体のようです。電子レンジで温めると、アブラは溶け出していなくなりニンニクだけが残ります。ひっくり返して麺具材スープを混ぜる、いわゆる”天地返し”をしていただきます。

 

 

チャーシューが厚くなり、食べてみるとトロトロで中まで味が染み込んでいました。この商品の監修は「中華蕎麦 とみ田」で、千葉県松戸市にあるつけ麺の名店です。濃厚な魚介豚骨のつけ麺が人気だそう。JR松戸駅の近くなので、いつか電車で行ってみたい。

 

 

以前より”縮れ感”が増して、二郎系の特徴であるゴワゴワ感も増えたと思います。スープと混ぜながらすすると、まるで二郎系のラーメンを食べているような気分になることができます。夜中にいきなり二郎系を食べたくなった時、このワシワシ食べる 豚ラーメンが特効薬になること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

‘97 理系学生 / 料理研究家(自称) / TAKALOG 運営 / ふたり暮らし / 趣味は自転車 / ラーメンが好き / お肉は低温でじっくり焼く派 / 写真はiPhone Xで撮影