#おうちで過ごそう


スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

時代は Stay Home ですが、家にいることが多いのでそれほど変化はありません。最近では、外出はコンビニ(コーヒー)とスーパー(食材)くらいです。元から人混みが得意ではないので、ささっと行ってささっと買ってささっと帰る日々が続いています。

自分が症状が出ていないとしても、実際は感染していて、それを他人に移してその人が重症化する可能性もある。退屈だとしてもできる限り家にいることが大切なのではないかと思います。そういうわけで、今年は観梅も花見も満足にすることができませんでした。これは仕方のないことです。

 

 

先月3月20日(金)、Amazonでスイッチライトとあつまれどうぶつの森(以下、あつ森)が届きました。この「どうぶつの森」というのは、任天堂が開発・発売しているゲームです。どうぶつたちが暮らす村にプレイヤーが移り込み、住人たちとの交流などを通してほのぼのとした生活を送ることができます。(Wikipediaより)

どうぶつの森(NINTENDO64)、どうぶつの森+/e+(ゲームキューブ)、おいでよ どうぶつの森(DS)、街へいこうよ どうぶつの森(Wii)、とびだせ どうぶつの森(3DS)、そしてこのあつまれ どうぶつの森(Switch)。特にDSのおいでよ版は、2012年時点で526万本という大ヒットになりました。

 

 

上の写真は、ぼくの島「しあわせ島」のメインストリートです。飛行場から案内所まで一直線に続く二車線道路です。どうぶつの森にはマイデザインというものがあって、16×16マス(256マス)に自由にお絵描きができて、それを洋服にしたり地面に敷いたりできます。

ぼくが夢中になったのは2005年発売のDS版”おいでよ”ですが、当時小学生だった時も仕立て屋で夢中になってマイデザインをしていました。15年経ってもやることは変わらない。そして最後にプレイしたのがおいでよなので、約15年ぶりのどう森復帰ということになります。

 

 

普通はお花を描いたりするのでしょうが、ぼくは道路が好きなのでマイデザインで道路を作りました。一口に道路といっても、対面通行、片側二車線、右折レーン、左折レーン、交差点、横断道路など多くの素材が必要になります。一日かけて一気に描きあげました。ぼくはこういう地味な作業をまったく苦に感じない。

 

 

段々とどう森プレイヤーにしか伝わらない話になってきましたが、今作あつ森では島クリエイターとして河川工事や崖工事をすることができるのです。おいでよの時にここの崖がこうだったらな、とか、ここは川がこう流れたらな、とか思っていたのですが、まさか工事ができるようになってしまうとは。

上はぼくの自慢の博物館前です。崖工事をしてから、河川工事で二段滝を作りました。そしてその両脇に石の階段を作れば、きっとフータさんも満足してくれるでしょう。手前に咲いているのはバラで、どう森ではお花もかなり重要なポジションにいます。

 

滝の中に咲いているのは、中心が交配でできたピンクのキクで、両脇がスズランです。スズランは星5の島にしか咲かないのですが、外に魚を置きまくることでようやく島の評価星5にたどり着きました。星5にすると金のジョウロのレシピがもらえて、黒バラ同士の交配で金のバラを咲かせることができます。

酔いがまわってきたのでドロンします。最近記事の更新が滞っていましたが、話すことは山ほどあるのであつ森と同時進行で記事更新もしていきたいと思います。はやく新型ウィルスが収束して、楽しく外出できる日が来ることをただただ願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

‘97 理系学生 / 料理研究家(自称) / TAKALOG 運営 / ふたり暮らし / 趣味は自転車 / ラーメンが好き / お肉は低温でじっくり焼く派 / 写真はiPhone Xで撮影