【近況】除湿機、冷やし中華、口内炎、足のかゆみ


スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

おひさしぶりでございます。このような状況ですから、できる限り外出をしない生活をしています。もっとも外出の自粛の話が出る前からそれほど外出というのはなく、コンビニでコーヒーを買ったりスーパーで食材を買ったりという程度でした。特に変わったことはありませんが、年を取ったらこれを読んで当時を懐かしむためにもメモを書きます。

 

1. 除湿機

 

 

我が家はカビ系の生きものに大人気のようで、去年秋からこの春にかけてカビが大量発生していました。これはいけない思い、去年4,000円程度の小さな除湿機を買ったのですが、きちんと除湿されていたかは疑問が残るところです。これから梅雨の時期に入るので、中古でパナソニック製の除湿機(14,000円)を買いました。目的は、カビを徹底的に排除すること。

こちらは2015年製で、もう生産は終了しています。デシカント方式で、50Hzでの除湿能力は5.4L/日です。以前の除湿機の性能は0.5L/日〜1L/日程度だったと思うので、3,000円〜4,000円程度のおしゃれな除湿機と、1万円程度の除湿機ではこんなに除湿能力が違うのかと驚きました。やはりきちんと除湿をするにはこういう除湿機が必要だったのです。

 

除湿機にはおもに2つの方式があります。

1 コンプレッサ方式

空気を冷却することで発生する結露を利用します。湿った空気を冷やして水に変えることで除湿をします。気温が高い方が除湿能力が高いので、夏に向いています。本体が重いのと、運動大きいのが難点です。

2 デシカント方式

水の吸着/放出に優れた乾燥剤が入っており、ヒータの熱で乾燥した空気を出すことで除湿をします。気温が低くても除湿能力が高いので冬に向いています。コンパクトで運転音が静かですが、消費電力が大きくヒータを使用するため室温が上がるのが難点です。

 

そういうわけで、季節によって適した除湿の方式があります。我が家では夏は冷房を使って湿度が下がるので除湿機は不要です。除湿機が必要なのは秋から今の気温がそれほど高くない時期なので、デシカント方式が適していると思います。

数日使ってみましたが、しっかり除湿されていると思います。雨が降ってじめじめ+洗濯物を干してある日でも、不快に感じない湿度を保つことができました。天気のいい日の昼は窓を開けるのがいいですが、気温が下がる夜とか雨の日は除湿機の力で心地いい温湿度で過ごすことができます。気温は22〜25度で湿度が50〜60%くらいが理想でしょう。

 

2. 冷やし中華

 

 

暑くなってきたので、夏の風物詩・冷やし中華を作るようになりました。我が家は以前は夕食の9割はぼくが作っていたのですが、少し問題が発生して話し合いの結果ぼくと同居人Aの比率が4:3になりました。ぼくの担当は日/火/木/土となっています。その日は確認なしにぼくの好きなものを作ることができます。

それ以外の日はナスやジャガイモなど、お口に合わないものが登場することもありますが、そういうものが出てきたら自分の手で排除するというのが我が家のルールです。ナスやジャガイモに罪はない。尊重はするが、食べることはしない。ふにゃふにゃと柔らかい食感に何かを感じる方は意外と多いのではないでしょうか。

 

作るのが面倒という先入観がありましたが、実際にはそんなことはありませんでした。本当は卵を焼いて錦糸卵を作るのでしょうが、洗いものや卵を用意する手間を考えて90円の厚焼き卵を代用しています。ですから、お湯を沸かしている間に錦糸卵・ハム・キュウリを細かく切って、お湯が沸いたら麺を茹でるだけで完成します。

麺とスープで200円、錦糸卵が90円、ハムが100円、キュウリが30円/本なので、1人あたり200円程度で冷やし中華を食べることができます。お店で食べると700円とか800円するでしょうから、それを考えると家で冷やし中華を作るのはとても有意義なことです。これからキュウリが旬のようなので、余ったキュウリでおつまみを作るのもいい。

 

3. 口内炎

 

数日前に下唇の奥の方が切れているような気がして、痛みを感じていたらその夜に上唇の奥の方に同じく切れているような痛みを感じました。そうかと思ったら、次の日の朝に舌の右にもずっしりとした痛みをわずかに感じて、食べるのはもちろんつらい、話すのもつらい、座っているだけでつらい日が2日くらいありました。これにより、なるべく口を動かさずに生活する技術を身につけました。

原因はよくわかりませんが、栄養が多そうなメニューに変更し睡眠を多く取ることで回復中。あまり口内炎ができることはないのですが、それができるたびに、食べることがいかにすばらしいことかを感じます。同時に複数箇所が痛む時、食事を楽しく幸せなことだとはまったく思いませんでした。昨日に冷やし中華はえらくしみましたが、もう2日くらいすればきれいさっぱり治る気でいます。

 

4. 足のかゆみ

 

引き続き体のことなのですが、やはりこの時期になると足の指先がかゆくなる。同居人Aの足指と見比べましたが、どうもぼくの足は隣同士の指がぴったりとくっついている構造です。ですから、人よりも足の指の間が蒸れやすく、何らかの問題が発生しやすいのではないかと思います。

最近は治ってきましたが、1週間前くらいは猛烈にかゆく、夜ベッドに入ってもかゆみで睡眠が妨げられるほどでした。足のかゆみに効く塗り薬を使っても特に変化せず、虫刺されや湿疹そして皮膚炎に効くスースーする薬を少し塗ることでしのいでいました。そうすると、数日で赤い湿疹のようなものも引いてかゆみも治りました。

 

水虫という場合も考えたのですが、Webで調べた水虫とは明らかに状態が違いました。あそこまでまずい状態ではなく、ちょっと赤いポツポツがある程度です。でも猛烈にかゆかった。幸いにして今は靴下を履く時間がないので、足指に湿気をためないことときれいに洗うことを意識しています。おかげか最近はかゆみを感じません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

‘97 理系学生 / 料理研究家(自称) / TAKALOG 運営 / ふたり暮らし / 趣味は自転車 / ラーメンが好き / お肉は低温でじっくり焼く派 / 写真はiPhone Xで撮影