【Uber Eats】雨の日の配達をやってみた


スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今までは晴れの日しかやらなかったのですが、昨日の夕方に雨が降ってきたので、雨の日の配達というのを体験してみることに。家を出る時は曇りでしたが、1件目の配達中に少しずつ雨が降ってきました。初配達の前に100円ショップに買いものに行ったのですが、その時に雨がっぱを買っておいて良かったです。110円でもかっぱはかっぱ。

お店や到着先でのかっぱの脱ぎ着はそれほど面倒に感じませんでしたが、やはり雨で視界が悪いのと路面がすべりやすくて気をつかうのが晴れと比べて大変に感じました。特に夜は車などの運転手からも気づかれにくいと思うので、いつも以上に慎重に走りました。事故なく無事に終われました。

 

 

昨日は昼夜とやったのですが、昼はほとんどサイクリングでした。ぼくは目的の半分がサイクリングなので、注文が来なくてただ走っているだけでも十分に楽しいです。以前述べたように歩数1,000歩で4kmくらいなので、昨日は50km走ったと思います。ただ、営業距離はこの半分くらいでしょう。

 

1ヶ月もすれば少しずつ分かってきて、この曜日は注文が少ないだとか、この時間帯は注文が少ないだとかがある程度は把握できるようになりました。あとは、リクエストが来やすいエリアとかも。ぼくの場合は東武〜JRの大通り周辺で待機して、配達が終わったらまた戻るようにしています。

配達した先で新しい注文を受けるのが効率は良いですが、多少の距離と時間がかかっても、中心地に戻ってきた方が注文が来やすいというのが個人的な感覚です。そして、北の方で受けて南の方に届けるというようなロング案件も避けることができます。ショート案件を何件もこなすのが理想的です。

 

 

昨日の最後は、オリオン通りのお店でピックして、中戸祭(競輪場通りより北)でドロップという配達でした。桜2丁目まで行かず清住町通りを経由した方が近いですが、雨の夜に清住町通りを走る勇気はなく遠回りですが安全な道を選びました。こうして走ったルートや、距離・時間を後で見ることができるのはおもしろいです。

 

お店までや配達先までのナビ機能もあるようですが、ぼくはまだ使ったことがありません。今までやたらサイクリングをしてきたので、そこそこ地理が頭に入っています。へたにナビ機能を使ってとんでもない道(狭い、信号が長い、高低差がある)を案内されても困るので、地図でおおよその場所を見たら近くまではオリジナルルートで向かっています。

実際には完全に自由な時間ではありませんが、こうして好きな時間(9-24)に好きなだけ運動ついでに仕事ができるのは本当にすばらしいです。向き不向きがあると思いますが、ぼくにはとても向いていると思います。これからも時間の許す限り、交通ルールに則り安全第一で配達をしていく所存です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

‘97 理系学生 / 料理研究家(自称) / TAKALOG 運営 / ふたり暮らし / 趣味は自転車 / ラーメンが好き / お肉は低温でじっくり焼く派 / 写真はiPhone Xで撮影