BBQ in the Social Distance


スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

送り盆の日に同居人Aさんの故郷(県内)に行ったのですが、当初は手持ち花火の予定だったものの前日になってBBQをすることとなりました。今までBBQとは縁のない人生を送ってきましたが、Aさんの意向もありBBQセットを購入して不定期でBBQを開催することが決定いたしました。

 

 

まったく何もないので、一から道具を準備しました。国道4号沿いの「ホームセンター 山新」へ。バーベキューコンロと、火おこしの壺、木炭、あとはトングやチャッカマンや軍手などの小物を用意しました。事前会議では2万円は超えないだろうと話しましたが、山新は安く買えるので小物たちも合わせて1万円でおさまりました。

5人で6-7人用を買ったのですが、実際狭すぎるとも広すぎるとも感じませんでした。ただ網だけとか鉄板だけにしかできないので、網と鉄板を同時に使う方法を考え中です。このバーベキューコンロは3,000円でしたが、いろんなお店を見た感じかなり安い方ではないかと思います。

 

 

野菜と海鮮はスーパーで買い、メインのお肉はタキザワハム直営の「レッケルバルト栃木本店」へ。お肉の量り売りだけでなく、お弁当やお惣菜、サラダなどの販売もしています。1人あたり300gといわれますが、5人で1.2kgのお肉を買いました。1.2kgのうち200gは、前日光和牛の100g1,100円するものです。

 

 

次に、コンロなどの準備にかかりました。脚を繋げてネジを回して完成。ここまで暗くなる前に済ませ、陽が落ちてきたころに火おこし作業に入りました。火おこし機を網に乗せて、新聞紙や着火剤や炭を入れて、脇からチャッカマンで火をつけました。火が盛り上がってきたら、アチアチの炭を火おこし機からコンロに移動させ、それをうちわで仰ぎました。

 

 

乾杯をし、まずは野菜から。玉ねぎ、ナス、にんじん、パプリカなどを焼きました。

 

 

コンロを囲んでわいわいやりました。

 

 

スペースを分けて、前日光和牛が登場しました。

 

 

厚みがあるのですが、柔らかく食べやすくて感動。

 

 

火を見ると安心しますが、その理由は遺伝子レベルの話であるといわれています。原始時代に火を使うようになる前は、いつ獣に襲われるかわからず交代で見張りをしながらいつも恐怖に怯えていた。しかし、火を使えるようになり、明かりを灯せるようになり、食べものに火を通せるようになり、そして獣から身を守ることができるようになりました。

 

 

もともと花火があったのに、客人も花火を持ってきたため大量の花火を抱えることとなりました。そんななか遅めの雷様が近づいて、暗闇が一瞬夕方のように明るくなることが増え、お肉を食べるのと同時に花火もバチバチやりました。ここでも、買っておいたチャッカマンが大活躍です。

その後もアヒージョ(食材をオリーブオイルとニンニクで煮込む料理)などをやったようですが、ぼくはもう涼しい家の中のソファで寝転がっていました。イカなどの海鮮系は苦手で、お肉をたらふく食べたので満足です。宴はしばらく続いたようですが、ぼくは23時には寝てしまいました。普段は涼しい家の中で呑んでいますが、暑い外で呑むのは全然違う。そして、気づいたら朝でした。

 

 

目が覚めたら朝の5時でした。しばらくするとセミの声が聞こえ始めました。5時はまだ鳴いていなくて、6時くらいに一斉に鳴き始めたと思います。普段住んでいる場所ではたまにアブラゼミ(ジージー)の声が聴こえる程度ですが、ここでは元気なミンミンゼミ(ミーンミーン)の声が聴こえて”非日常”を感じました。一番好きなセミはクマゼミです。

ミンミンゼミは林の方に行かないといないと思っていましたが、田舎だと家の隣が林だったりして家の中でも声を聴くことができるようです。セミ捕りはある程度の経験があり、壬生のわんぱく公園ではニイニイゼミを捕まえまくりました。クマゼミは関西に多く関東は少ないのですが、小さい時に出かけた林でクマゼミの凛々しい声を聴いた記憶があります。

 

同居人Aさんをセミ捕りに誘ったら1人で行ってこいと言われました。

 

 

次の日の夕方に、コンロや網の掃除をしました。激落ちスポンジを大量消費して、こびり付いた汚れを落としていきました。初めて手にした時のあの輝きは、もうすでに失われてしまったのです。コンロの汚れをこするのと一緒に、台所で網を洗剤とタワシでゴシゴシ洗いました。

 

〜 BBQ in the Social Distance 完 〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

‘97 理系学生 / 料理研究家(自称) / TAKALOG 運営 / ふたり暮らし / 趣味は自転車 / ラーメンが好き / お肉は低温でじっくり焼く派 / 写真はiPhone Xで撮影