【日記】Uber Eatsで料理を注文してみた


スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

1週間ぶりの更新でございます。

 

 

メロンをいただきました。ぼくはスイカは苦手(水分が多く確実にお腹を壊す)ですが、メロンは味が好きでこの日も食べたのですが、食べた後にスイカと同じようにお腹を壊しました。偶然かと思って次の日も食べたのですが、同じようにお腹を壊しました。味は好きなのでとても悲しい。

 

ーーー

 

 

こちらは大型商業施設「ベルモール」のフードコートにある「豪快豚骨 GOTON」のつけ麺です。つけ麺の麺量が多いのは承知でしたが、それにしてもボリューミーでした。チャーシュー丼も頼んでしまったので、食べ終わるのにかなりの時間を要しました。フードコートのつけ麺と考えればおいしいと思います。

 

ーーー

 

 

とある日、北若松原の国道121号沿いにある「喜多方ラーメン 坂内 宇都宮店」へ。チェーン店のようですが、栃木県にはここ宇都宮店しかないのであまりチェーン店という感じがしません。平日15時まで半ライス無料なのですが、注文したのが14:58で半ライスのサービスを受けることができました。

普通のラーメンは680円(税込)ですが、チャーシューが5枚も乗っており太っ腹です。半ライスには漬物も付いてきて、平日の昼間は680円でお腹いっぱい食べることができます。家からある程度の距離があるのですが、ふと思い立って自転車を走らせてしまいます。休日に駐車場が埋まるのも納得です。

 

ーーー

 

 

こちらは夏野菜(風)カレーです。上に乗っているのは野菜の素揚げで、ぼくの苦手なナスやズッキーニなんかも乗っています。カレーの方はトマト缶、玉ねぎ、ひき肉などで作ったようで、キーマカレー風となっており普段食べているカレーとは違ってこちらも美味でした。

 

ーーー

 

 

今年6月に宇都宮市でもUber Eatsがサービス開始し、配達ばかりしているので注文する側も体験することに。Uber Eatsで注文すると諸々かかり値段が高くなるのですが、初回の1000円オフクーポンを発見したので、1200円のつけ麺を配達料など込み込みで450円あまりで食べることができました。

配達する人がお店で料理を受け取ると、アプリの地図上でドライバーの現在位置をリアルタイムで見ることができます。これがおもしろいという話を聞きましたが、確かに家に向かってくる様子を観察できるのは楽しいです。同居人はピザを注文したようで、クーポンを使っても1000円くらいになったようです。

 

ーーー

 

 

今度は配達する側の話です。今までUber Eatsnの報酬振込に使える口座がなかったので、数字だけどんどん増えていました。先日、重い腰を上げて銀行に行って、振込用の口座を作ることができました(1時間以上かかった)。この前ATMに通帳を突っ込んでみたら、確かにUber Eatsからの振込がありました。

Uber Eats配達は週払いで、毎週月曜4:00に締められて翌日とかに振込があります。ぼくの場合は火曜の午前1時に振込が完了するようなので、例えば17日(月)から23日(日)夜まで働いた分を、25日に受け取ることができるわけです。遅くとも1週間後に受け取ることができる週払いシステムはすばらしい。

 

(扶養の話)

アルバイトの給料は給与収入であるのに対し、Uber Eatsの報酬は事業収入・雑所得という分類になります。ですから、よくいわれる103万の壁とは違うわけです。Uber Eatsの方だと(ぼくの場合)壁が38万円だと思ったら、今年2020年に給与所得控除と基礎控除が改正されて38万円から48万円に変わったようです。詳しくは国税庁のサイトを参照ください。

ということもあり、エクセルで稼いだ額を管理しているのです。2020年のトータルだったり、今月のトータルだったり。ついでも日毎の時給換算もしているのですが、時給が1000円近くなったり、逆に500円を下回ったり、稼働した日の時間や天気によって大きく変動します。

 

ぼくにとって重要なのは時給がうんぬんではなく、好きな時に好きなだけという部分です。これまで「早く帰りたい」とか「今日はやりたくない」と思いながら嫌々稼働したことはありません。早く帰りたいと思ったら終わりにして帰っていいし、今日はやりたくないと思ったらやらなくていいからです。

稼働する日は3時間を目安にしています。それ以上やると自分は疲れを感じ、注意力が散漫になり事故に繋がると考えているからです。安全は何よりも優先されるべきで、少しでも違和感を感じたら家に帰って酒を飲んで寝るようにしています。死んでしまったら元も子もありません。

 

 

今までは稼働を始めたら、とりあえず東武の周辺に向かって、オリオン通りとかでピックできるよう待機していました。しばらくそうしていたのですが、東武までの行き帰りの時間を無駄に感じていました。そして、東武はエリアの中心であり、鶴田に行かされたり戸祭に行かされたりします。

東武から戸祭はチャリだと少し遠く、家と反対のため戸祭から家に帰るのに多くの時間がかかてしまいます(なぜかやたら戸祭行きが多い)。そういったことを避けるために、最初に東武まで行くのをやめて違う場所を陣取って活動したら、これが案外うまくいったので西側を走ることはほとんどなくなりました。

 

いつどれだけ稼働するかではなく、どこで稼働するか、どれを受けてどれを断るか、自分の動きを自分自身で制御できるのも楽しいところです。だから、多く稼げれば自分のおかげ、稼ぎが少なければ自分のせい、というわけです。もちろん運要素もあると思いますが、頭を使って動くことで自分の稼ぎを増やすことができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

‘97 理系学生 / 料理研究家(自称) / TAKALOG 運営 / ふたり暮らし / 趣味は自転車 / ラーメンが好き / お肉は低温でじっくり焼く派 / 写真はiPhone Xで撮影