インドカレー、環状線からの夕焼け、家で作る油そば


スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

 

 

快適な自宅オフィスからお届けしております。以前の家では座椅子で13インチで作業していましたが、新居では立派なデスクとチェア、そして23インチモニタと無線キーボードというウルトラスーパーいい環境があります。

今日の昼は、以前から気になっていたインドカレーのお店に行きました。ランチタイムが14時までだったのですが、家のことをしていたらギリギリになってしまいました。配達では数え切れないほど行きましたが、お客さんとして行くのは今回が初めてです。

 

 

ランチのセットを頼みました。これより量が多くてカレーが2種類楽しめるものなどもありましたが、食べ切れる自信がなかったのでカレー1種類の控えめな量にしておきました。同居人と一緒に行ったのですが、同居人の方は盛り沢山です。ぼくが頼んだのは税込みで850円くらいです。

席から厨房が見えて、本場の人らしき人がナンを作っていました。目が合ったのですが、こちらにお辞儀をしてくれました。ありがとうございます。インドカレーといえばやはり大きなナンが特徴ですが、出来立てのナンは今までで一番の味でした。

 

スープやサラダも付いてきて、お腹パンパンになりました。”ナン”は”何”枚でもおかわりできるようです。非常にありがたいのですが、ボリュームがあり1枚で満腹になりました。ただ、非常に食感が軽いので、大きさの割にはスイスイと食べることができます。初めて本物のナンを食べました。

 

 

同居人が「インドカレーといえばマンゴーラッシー」と言い張るので、セットに付くドリンクはマンゴーラッシーにしてみました。ヨーグルトと牛乳がベースとなった、インドでよく飲まれているドリンクです。ヨーグルトの味を強く感じました。おいしかったです。

こちらの「タージマハル」は、創業30年、宇都宮で初の本格インド料理店だそう。そのため店内は非常に風情がありますが、きれいにされていて居心地がいいです。席が70席と広く、ゆったりスペースでのんびり食事をすることができました。駅東の東宿郷という場所にあるのですが、駅近ながら駐車場があるのもありがたいです。

 

ーーー

 

郵便局で転居届を出しました。ハンコを忘れて家に戻ろうとしましたが、一応窓口で「なんとかなりませんか…」と切なそうに言ったら、なんとかなりました。あとは、金融機関系の住所を変更すれば大丈夫だそうです。

 

 

宇都宮環状線の北の方に行きました。帰り際の夕焼けが見事でした。このように、美しい景色を美しいと思う気持ちを大切にしたいと思います。新居の家具はおおかた揃ったので、キッチンなどに置くちょっとした収納を買いました。

 

ーーー

 

 

今日の夜は、自宅で油そばを作ることにしました。東京の方にはお店がたくさんあるのですが、栃木県で油そばと検索してもまったく出てきません。探せばあるのでしょうが、もう少し油そばがあってもいいと思います。近くにお店がなさげなので、自分で作ることにしました。とりあえず、極太生麺を茹でました。

 

 

買ったチャーシューを細かく切りました。一枚でドーンとあるより、油そば感があっていいと思います。手前の計量カップにあるのはタレです。オイスターソース、甜麺醤、酢、鶏ガラの素、ごま油など数多くの調味料を混ぜて作りました。

 

 

めちゃくちゃ簡単にできました。これをまじぇまじぇして、一気に食らいつきます。あまり自分の料理に期待していなかったのですが、想像以上においしい油そばができました。これは、ひとえにレシピサイトのおかげです。

2人分を作ったのですが、麺が160円、メンマが100円、ネギが100円、チャーシューが300円といったところ。チャーシューが高すぎる。しかし、チャーシューは必要不可欠。調味料込みで2人で700円くらいだと思います。1人350円なので、値段的にも悪くないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

‘97 理系学生 / 料理研究家(自称) / TAKALOG 運営 / ふたり暮らし / 趣味は自転車 / ラーメンが好き / お肉は低温でじっくり焼く派 / 写真はiPhone Xで撮影