引越し早々、キッチンから水漏れ


スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

今日は大変でした。昼間に洗い物をしていたら、キッチンの床に敷いたマットがびしょ濡れだったのです。しかし、服はまったく濡れていない。おかしい。よく見てみると、床とキッチンの壁?の隙間から水が漏れていました。これは大変。

最初は洗い物で水が跳ねたのだと思ったのですが、通常の洗い物で跳ね落ちるような水量ではありません。しかも、水滴を拭き取っても、その後すぐに水が湧き出てきます。この時点で、普通ではなく水漏れが起きていると思いました。

 

シンク下のパイプを見てみたのですが、パイプはまったくもって問題がありません。素人に分かる問題ではないことが分かりました。

 

建物を管理している会社を経由して、水道周りの世話をしてくれる業者に連絡しました。人が来てくれるのは明日か明後日だろうと思っていたら、連絡したその日の夜に来てくれることになりました。迅速な対応に感謝です。

19時過ぎに水回りに詳しい業者の方が来てくれて、早速上がってもらって見てもらいました。蛇口が寿命だったようです。いろいろ道具を持ってきてくれたようで、すぐさま作業に取り掛かってくれました。その間、ぼくらは同じ空間で、インスタをみたり雑誌を読んだりしていました。

 

1時間くらいすると作業が終わったようで、作業の内容などを説明してくれました。やはり、キッチンの蛇口が古かったのが原因だったようです。一番心配なのが下の階への水漏れですが、その方によるとその心配はないそうです。安心しました。

うちに来てくれた方が本当に良い方で、安心して作業をお願いすることができました。

 

 

引越して2週間もしないのに水漏れが起きるというとんだ災難でしたが、管理会社や水回り業者の方たちの迅速な対応により、問題が発覚したその日のうちに解決することができました。おかげで蛇口も新品になり、浄水・原水の切替や水の流れが劇的に改善されました。

同じ市内の引越しでしたが、新居の水が圧倒的にまずかったのです。ぼくは朝起きて必ずコーヒーを飲むのですが、古い家で水道水を使っていたので新居でも水道水を使って淹れてみました。そしたら、圧倒的にまずかったのです。というか、淹れている最中の香りがおかしかった。

 

“例のウィルス”で味覚が狂うと聞いていたので猛烈に焦ったのですが、薬局で水を買って淹れてみたら普通の味だったので、ぼくの味覚が狂ったのではなく単純に水道水がまずかっただけでした。安心しました。

契約時に浄水器の営業をされたのですが、カートリッジが届いて使ってみたら水道水がそこそこの味になりました。これなら薬局で2リッターの水を買わなくて大丈夫そうです。わざわざ水を買うのは本当に面倒くさい。

 

それにしても、新居に住んでからまだ10日前後なのに水漏れとは本当に驚きました。しかし、無料で新しい蛇口に交換できたのは幸運だったのかもしれません。洗面器の方の蛇口も調子が良くないので、寿命が来たら交換してもらおうと思います。

 

ーーー

 

古い家の明け渡しが迫っているので、今日は古い家の方に掃除に行きました。住み始めたころはいわゆるミニマリストだったので、本当に必要最低限のものしかありませんでした。しかし、徐々にライフスタイルが変わりものが増えていきました。

目に見える場所は清潔にしているつもりでしたが、ベットの下とかは掃除をしなかったので、5年分の汚れが堆積していました。思えば古い家にはたくさんの思い出があり、良い思い出も悪い思い出もたくさんです。荷物を整理して真っさらになると、初めて内見に来た時や、この家での生活をスタートした時のことを思い出しました。懐かしくて涙が出そうです。

 

今日は掃除でひさしぶりに古い家に行ったのですが、部屋が狭すぎるとか、洗い場が狭すぎるとか、本当によくこのへやで生活していたと思います。しかし、狭いからこその良さもあったと思います。

それにしても掃除が大変で、今日も2人で2時間くらい激しく掃除をしたのですが、こびりついた汚れが全然落ちなくて嫌になりました。明け渡しの日が来るまで、出来る限りで掃除をしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

‘97 理系学生 / 料理研究家(自称) / TAKALOG 運営 / ふたり暮らし / 趣味は自転車 / ラーメンが好き / お肉は低温でじっくり焼く派 / 写真はiPhone Xで撮影