サイクリング日和


スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

先日、平松本町のジョリーパスタというお店へ行きました。パスタ専門店で、県内には宇都宮平松本町店と真岡店の2店舗があるようです。川田入口や平出工業団地を結ぶ産業道路沿い、平成通りより少し北側にあります。産業道路完成で目の前の通りは一気に車通りが増えました。

ウーバーイーツで何度が呼ばれたのですが、産業道路開通以前は久部街道などの狭い通りをクネクネして行かなければならず、時間がかかってしまうので一度も依頼を受け付けたことはありませんでした。ということで、配達も食べに行くのも初めてです。

 

 

パスタ専門店というだけあって、スペチアーレ、トマトソース、クリームソース、ミートソース、ペペロンチーノ、和風と非常に多くのメニューがあります。また、手作りのピッツァや、サラダ、チャウダー、リゾットなどサイドメニューも充実しています。

 

 

店員さんを呼ぶのではなく、このような小さなタブレットで番号を打って注文するようです。いっちょうみたい。お会計も伝票をもらうのではなく、番号が書いてある札をレジに持っていき会計をするようです。

 

ごろごろ牛肉の本格ボロネーゼ 890円(プラス税)

 

牛肉を粗挽きにして、トマトや赤ワインの濃厚ソースで煮込んだそうです。家でもよくパスタ麺を買って青の洞窟で食べるのですが、家で食べるのとはちょっと違うような、あんま変わんないような味がしました。上に乗っている牛肉が、獣感が強く好みが分かれるところだと思いました。ぼくは嫌いではありません。

 

ーーー

 

 

とある日、兵庫塚の麺伝ともへ。国道4号から環状線でファミリーランド方面へ走ったのですが、ファミリーランドの横に見たことがない競技場のような建物が見えました。もしかしたら、あれがニュースとかでたまに見る新しい競技場かもしれません。

平日の14時に行ったのですが、店内はけっこうお客さんがいました。いつも基本メニューの手打中華を食べるのですが、お腹が空いているような気がしたので大盛りにしてみました。ともは普通でも麺量が多い(気がする)ので、大盛りにしたらパンパンになりました。が、しっかり汁まで飲み干しました。

 

 

そのまま国道121号を真岡方面に走ってインターパーク界隈へ。思えば自転車で来るのはひさしぶりです。距離は7kmくらいあったのですが、歩行者や自転車は非常に少ないのでスイスイでした。ただ、車通りは多いので交差点を渡る時とかは注意しなければなりません。気を抜くとすぐに轢かれると思います。

まずインターパークを通過してジョイフル本田まで行き、市街地に戻るように福田屋、スタジアム、ビレッジと見てまわりました。平日の夕方で人が少なくてよかったです。福田屋のレストラン街に、喜多方ラーメンのお店がオープンしていました。

 

ーーー

 

 

洗濯物を干すために窓を開けていたのですが、ふと時計を見たら湿度が下がっていました。以前の家では50%を切ることはほぼなかったので、こんなに下がるものなのかと感心してしまいました。洗濯物にとってはいいですが人間にとっては悪いので、窓をしめて湿度を上げる作戦に出ました。

最近薄々気づいていたのですが、以前の家は日当たりと風通しが本当に悪かったようです。本来、春や秋は湿度が低いはずですが、そんな時でも60%以上をキープ、洗濯物を干すと70%付近をうろうろしていました。冬はもっと乾燥するはずですが、調子がいい時は80%を超える日もありました。

 

それが、引っ越した途端に、太陽光がガンガン入り込み、風がビュンビュン吹き抜けていくのです。

 

加湿器というのは幻の存在だと思っていたのですが、この調子だと冬になったら加湿器というものが必要になりそうです。今までいかに湿度を下げるかに夢中になっていたので、まさか湿気を保つことに気を配るようになるとは思いもしませんでした。

服にカビが大繁殖したなど湿気について苦い経験があるからか、湿度については研究テーマにしたほど関心があります。また何かあったらここでお話ししたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

‘97 理系学生 / 料理研究家(自称) / TAKALOG 運営 / ふたり暮らし / 趣味は自転車 / ラーメンが好き / お肉は低温でじっくり焼く派 / 写真はiPhone Xで撮影