【栃木・県北】秋の鬼怒川に行ってきた


スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

 

 

宇都宮から新里街道、国道119号、国道121号、日塩有料道路を経由して五十里ダムへ。鬼怒川の支流である男鹿川に、昭和31年当時最も高いダムとして作られました。ダムにより形成された湖は五十里湖と名付けられ、日光国立公園に指定されています。行くのは2年ぶり。ふらっと行ったのですが、鬼怒川のこの辺は今が見頃のようです。

 

2018年10月28日

 

2年前と同じようにきれいです。

 

 

しばらく工事をしていたようですが、先日行ったら工事中ではなくダムの上?の道を歩けるようになっていました。

 

 

この日はもともと天気が悪い予報でしたが、鬼怒川に行ってみたらいい天気でした。雲もありましたが、風が強いのか雲の流れがとても早く、青空と曇り空が入れ替わるような空でした。このような状況ですからお出かけ自体本当にひさしぶりでした。以前は頻繁に来ていましたが、自然を見るのがひさしぶりでキョロキョロしてしまいました。

 

 

湯西川温泉の入口にある「道の駅 湯西川」へ。野岩鉄道・湯西川温泉駅のとなりにある道の駅です。食堂でもりそば(700)円を食べました。よく出かけていた時はよくそばを食べていたのですが、最近は市内でもそばを食べることがなくひさしぶりにコンビニ飯以外のそばを食べました。おいしかったです。

 

 

駅や食堂があるだけでなく、源泉掛け流しの温泉や岩盤浴、外には足湯まであります。このあたりの紅葉もきれいでした。

 

 

川治ダムを経由して、霧降高原の大笹牧場へ。余談ですが、市内の商業施設ベルモールでは大笹牧場のソフトクリームを食べることができます。大笹牧場!と大々的に宣伝されています。大笹牧場にはたくさんの牛さんがいるのですが、風の噂によるとどこかに帰ってしまったようです。ヤギさんはいました。

出店で牛串を食べました。四百いくらだったと思います。目の前で仕上げに焼いてくれました。塩胡椒の味付けが見事です。この時にはもう曇り空で、日光市街を眺めることはできませんでしたが、広大な大地を見ながら牛串をいただき、牧場に来た気分を味わうことができました。本当にひさしぶりのお出かけで、いい気分転換になりました。ありがとうございます。

 

ーーー

 

 

話は変わりますが、ベルモールのステーキ宮で食事をしました。去年か今年に入ってからか、となりのラーメン店が潰れてステーキ宮が拡大する工事を行っていました。リニューアル前は何度か行ったのですが、リニューアルしてからは初めて行きました。サラダバーやスープバーが以前より充実したようです。

創業以来のステーキ180gと、サラダバーでのサラダやスープ、ライスをたらふく食べました。ハンバーグは家でもそれっぽいものを作れますが、ステーキはやはり家で作るのは難しいところで、お店で食べるのが格別であります。

 

そういえば 引越しをした のですが、前の家はシャワーのみでしたが新居には浴槽があるので、秋ということもありお風呂に入ることが多いです。我が家には後から入った人が掃除する的な暗黙のルールがあり、今日はぼくが後だったのでお風呂に入ってそのまま掃除をして出ました。念入りに掃除をして乾燥もかけているので、汚れがこびりつく心配はなさそうです。

ただのお湯に浸かるのでは味気ないので、入浴剤を入れてみました。四大温泉みたいなものを買ったので、最初の入浴剤はくじ引きで別府になりました。他には登別、草津、有馬などがあります。それぞれに色や香りがあるようで、お風呂に入るのが楽しくなりました。しかし、入浴剤ではなく、いつかは本場のお風呂に入ってみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

‘97 理系学生 / 料理研究家(自称) / TAKALOG 運営 / ふたり暮らし / 趣味は自転車 / ラーメンが好き / お肉は低温でじっくり焼く派 / 写真はiPhone Xで撮影