新4号国道実地調査


スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、たかはん ( @tkhnjp ) です。

先日、用事で小山市まで新4号国道を走りました。新4号国道は宇都宮市~越谷市を結ぶバイパスです。栃木街道・鹿沼街道に続き、新4号国道も全区間走ってみたくなりました。自転車では不可能に近いので、同居人を誘って自動車で行うことにしました。渋々付き合ってくれるかと思いきや、ノリノリで参加してくれました。それではいきましょう。

 

 

まずは栃木県宇都宮市、平出工業団地交差点へ。ここから80km離れた越谷市を目指します。体調は良好、運転は2人体制です。

 

 

平出工業団地交差点を右折し、国道4号から新4号国道へ。直進すると那須塩原・福島へ。左折すると一周して戻ってくることができます。環状線だからですが、北を向いているのに春日部・小山といった南の地名が出てくるのは変な感じがします。

 

 

平出交差点で県道64号、通称・鬼怒通りと交差。LRT関連の工事があちこちで行われています。新4号国道に乗ってから水戸街道までは平面交差が多く、信号で止まることが多いです。

 

 

石井交差点(国道123号と交差)、下栗交差点(県道46号と交差)を通過し、国道121号(宇都宮環状線)と交差する瑞穂野南交差点まで来ました。

 

 

北関東自動車道・宇都宮上三川ICを通過。

 

 

日産の巨大な工場を横目に見ながら、国道352号と交差する上三川交差点まで来ました。朝夕はこのあたり渋滞することが多い気がします。

 

 

道の駅しもつけがある薬師寺交差点まで来ました。結城・小山に自転車で行った時、自動車で県南に行く時、必ずといっていいほど利用します。

 

 

茨城県結城市に入りました。県道264号と交差する小田林(北)交差点の少し手前で茨城県に入ります。と思いきやすぐ栃木県に戻り、再び茨城県に入るのはしばらく後になります。ずいぶん昔ですが、自転車でここまで来て国道4号で宇都宮に帰ったのが懐かしいです。

 

 

国道50号と交差する小田林(西)交差点まで来ました。上三川を抜けると少し交通量が減りますが、このあたりでまた車通りが増えます。

 

 

国道354号と交差する塚崎交差点まで来ました。国道354号は自転車で加須市・板倉町の方に行った時に走りました。

 

 

首都圏中央連絡自動車道・五霞ICの横にある道の駅ごかまで来ました。茨城県には古河市と五霞町があり、両市町とも新4号国道沿いに道の駅があり、しかも表記が平仮名なので非常に紛らわしいです。

 

 

埼玉県幸手市に入りました。幸手といえば権現堂の桜です。今年も見ることができませんでした。

 

 

埼玉県春日部市に入りました。春日部といえばなんといってもクレヨンしんちゃんです。我が家では夕食の時は必ずクレヨンしんちゃんを観ます。そして、ここ庄和IC交差点で国道16号と交差します。非常に大きな交差点でした。

北関東にいるとなじみがありませんが、国道16号は神奈川県横浜市を起点・終点とする首都圏を環状に結ぶ道路です。東京都福生市の横田基地付近で走ったことがあります。国道16号は完全な環状になっており、一部海の上を走る区間もあるようです。いつか一周したいです。

 

 

埼玉県越谷市に入りました。宇都宮市から2時間半かかりました。新4号国道ももうすぐ終わりです。

 

 

東武線でいうとせんげん台駅付近です。案内板の上野・草加・八潮の文字が東京に近づいてきたことを感じさせます。

 

 

ゴールが見えてきました。宇都宮市側は国道4号と交差する形なのですが、越谷市側は合流・分岐という形のようです。東京方面へは新4号国道が本線側で、国道4号が側道から合流するという形でした。

 

 

新4号国道と国道4号が交差する下間久里交差点(立体)の上を通過しました。ここからは国道4号となります。新4号国道が終わり、宇都宮市からの80kmの長旅が終わりました。

 

感想 : 越谷は意外と遠い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です